【待望!!】Maya徹底解説(UV編)え、こんな簡単なの!? - HigaCGチ...

3DCGを始めた時に、一番最初にぶつかる壁「UV展開」を、CGモデラー 前東 勇次(Yuji Maehigashi)氏がわか~りやすく解説した動画「【待望!!】Maya徹底解説(UV編)え、こんな簡単なの!?」がHigaCGチャンネルにて公開されました。

  • 22
  • 1
  • 0
続きを読む

UE4 Niagara Dynamic Insects - アンリアルエンジンの...

Monolagによるナイアガラで虫やネズミがワチャワチャするアセット「UE4 Niagara Dynamic Insects」がUE4マーケットプレイスにて販売開始

  • 37
  • 1
  • 0
続きを読む

Meihu - Stylized PBR Character - スタイライズド...

CG&デジタルアート学習オンラインプラットフォーム「YIIHUU.cc」にて、Wiktoria Kubien氏によるスタイライズドキャラクターモデルを制作するチュートリアル「Meihu - Stylized PBR Character」が販売されています。

  • 20
  • 1
  • 1
続きを読む

How to Create Ghibli Clouds in 3D - Blen...

Lightning Boy Studioによる、Blenderを使ったジブリ風のボリューメトリックな雲を制作するチュートリアル映像「How to Create Ghibli Clouds in 3D - Blender」

  • 435
  • 7
  • 2
続きを読む

Free City Park Environment Collection - ...

Epic Games は クリエイティブスタジオの Silver TM と協同で、80万平方メートル規模の広大な都市公園アセット「City Park Environment Collection」を無料提供開始しました!

  • 74
  • 3
  • 2
続きを読む

Substance Painter 2017.1 - 年表記になったAllegorithmicの3Dペイントソフト次期バージョン新機能情報&Live配信動画!

Allegorithmicのテクスチャペイントソフトウェア「Substance Painter」次期バージョン「Substance Painter 2017.1」の新機能紹介LIVE配信が昨夜行われました。Substance SourceとSubstance Painterをより緊密に結びつけるけ、300種類のカスタマイズ可能なアルファとパターンを新しく改良されたフィルタ、新しいフォントなど。ちなみに次回からバージョン表記ではなく、年表記になるみたいです。


PR

Autodesk® Maya® Indie、Autodesk® 3ds Max® Indie | AREA JAPAN | Autodesk


What’s new in Substance Painter 2017.1

新機能

アプリ内からのSUBSTANCE SOURCEへのアクセス
私たちのツールと私たちのコンテンツのワークフローを簡単にするため、SUBSTANCE SOURCEをSubstance Painter UIに直接統合しました。 プロジェクトを終了せずにオンラインライブラリを閲覧し、資料を直接シェルフにダウンロードすることができます。

新しいコンテンツ
4つの新しいフォント(日本語+簡体字、タイプライター、セグメント)
230の新しいアルファ(パターン、ブラシ、指紋スキャンの混合)
50の新しい手続き(中世と現代の服の生地パターン)

セルライトから中世のシンボル、ブラシ、ステイン、スプラッター、幾何学的な形状やバーコードまで、新しい高品質のアルファとプロシージャルが棚上で利用可能になりました。 それらのほとんどは、さらに多くの可能性を解く手順パラメータを備えています。

 

2つの新しい環境マップ(MondarrainとVilla Nova Street)
9個の新しいフィルター(MatFxディテールエッジウェア、クランプ、HBAOなど)

HBAOアンビエントオクルージョン
Substance Designerのお気に入りがSubstance Painterへ、塗装された高さと法線マップの詳細から高品質のアンビエントオクルージョンをすばやく生成できます。

ライブエッジウエア
あなたがあなたのアセットに描いたノーマルマップと高さの詳細にエッジの摩耗を適用できたらと思ったことがありますか? このフィルターはこれを行い、磨耗したエッジがカスタムペイントされた詳細にリアルタイムで適応することを確認します。

グローとドロップシャドウ
共通の要求が最終的に答えられました。 新しいグローフィルタとドロップシャドウフィルタは、あなたが期待するように正確に動作します:)

カラーバランスと補正
これらの2つのフィルタを使用すると、シャドウ、ミッドトーン、ハイライトを個別に制御して、テクスチャの外観を微調整できます。

デフォルトのパノラマ環境マップの改善
Arnold 5の新しいエクスポートプリセット
Shelfへのリソースのインポート 
などなど。
その他詳細な変更内容はチェンジログページへ
Version 2017.1 – Substance Painter – Allegorithmic Documentation

引用元:Substance Painter: Now with Substance Source In-app Access and Plenty of New Content | allegorithmic

関連リンク


PR


関連記事

  1. Blender 2.8 Beta リリース!GUIや操作性の一新!リアルタイムレンダラーEEVEE!大きな更新だらけ!オープンソースの3DCGソフトウェア!

    2018-11-30

  2. Skyshop Image-Based Lighting Tools&Shaders - 美麗リアルタイムビューアーToolbagでお馴染みMarmosetからUnity向けHDR-IBLシェーダー&ツールセットがリリース!

    2013-05-31

  3. Sprite DLight Tutorial 1 - Kickstarterで無事資金調達を成功させた期待の2Dスプライト立体化ツールのチュートリアル映像が公開!

    2015-01-19

  4. ShaderMap 4 - 写真やモデルから各種テクスチャを生成&焼きこみ出来るツール!非商用向け無料版もあるよ!

    2017-10-13

コメントをお待ちしております

COMMENT

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おしらせ

ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR

オンライン相談

Flying Ship Studio





アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事