DXR GPULightmass - Unreal Engine 4.26に搭載...

アンリアルエンジンを使った開発でネックとなるライトビルド…それが大幅改善される日が近い!UE4.26に搭載予定のDXRを使ったGPULightmassのテスト映像がチラホラ公開されております。

  • 40
  • 1
  • 0
続きを読む

Creating a Spider-Man Scene - Blenderで「ス...

Peter France氏による、Blender 2.8を使用し、「スパイダーマン」のウェブ・スイングシーンを作るチュートリアル映像。スパイダーマンのリグ付きモデルデータ&ビルのモデルも無償配布されております。

  • 174
  • 14
  • 1
続きを読む

NVIDIA Texture Tools Exporter 2020.1 - あ...

ゲーム開発などではお馴染みのDDS圧縮、昔はNVIDIAのテクスチャ圧縮ツールを使う事がありましたがPhotoshopプラグインもアップデートされず音沙汰ない状態でしたよね…。そんな中、3月22日に最新版である「NVIDIA Texture Tools Exporter 2020.1」がリリースされました。スタンドアロンアプリケーションとして動作する他、Adobe Photoshopのプラグインとして利用する事も可能です。

  • 63
  • 56
  • 3
続きを読む

Effekseer 1.5 - ノードベースのマテリアルエディタも搭載!オープン...

Effekseer Projectが開発を行っているオープンソースのビジュアルエフェクト作成ソフト「Effekseer」の最新のメジャーリリース版「Effekseer 1.5」がリリース!

  • 25
  • 3
  • 1
続きを読む

Simple Rope Tool - Houdiniで巻き付くロープを作るチュー...

Simon Houdiniによる、Houdiniで巻き付くロープを生成可能なツールを作るチュートリアル映像!

  • 10
  • 16
  • 0
続きを読む

be! β版 Ver0.9 - ボクセル系3Dモデリングソフト!初心者でも簡単に3Dドット風モデルを制作できるぞ!Win&Mac&Linux

金田アキヒロ氏によるボクセル系3Dモデリングソフト『be! β版 v0.9』


PR

Start@Maya〜Maya で 3DCG をはじめよう〜


【簡単な使い方】

  1. 16×16ピクセル以下でドット絵を打ち、透過色付きpng形式で保存します。
  2. be!を立ち上げ、Openボタンを押して、「16x16x16.bed」を開きます。
  3. x+、x-、y+、y-、z+、z-ボタンまたはE、W、D、S、C、Xキーを押し、任意の平面でIMPORT.pngボタンまたはCtrl+Iキーを押し、ある程度の厚みを持つまでスライス平面をずらしながらpng画像を読み込みます。
  4. Block OnlyボタンまたはFボタンを押し、色を置いたボクセルだけのビューに切り替え、右クリックで色をスポイトしたり、左クリックで色を変えたり空白にしたりして調整します。
  5. わかりにくいところは各スライスボタンを押し、平面に切り替えてボクセルを配置していきます。
  6. たまに落ちるので、時々SaveボタンまたはCtrl+Sキーを押してセーブしてください。セーブデータはbe!の実行ファイルと同じフォルダにsave.bedとして保存されます。
  7. まだアンドゥ、リドゥ機能は無いので、元に戻したくなったり、be!が落ちたりした場合は、Openボタンを押して、直前まで作業していたsave.bedを読み込んでください。
  8. データが完成したら、EXPORT.wrlボタンを押して、wrlファイルを出力します。be!の実行ファイルと同じフォルダにexport.wrlファイルとして保存されます。
  9. DMM.comの3Dプリントサービスにアップロードすると、石膏フルカラーで出せます。(ただ、今のところ出せるものと出せないものの基準がよくわからないので、うまくいかないかもしれません)
  10. 出力したwrlファイルの確認には、Cortonaなどが便利です。

ダウンロード先はGoogleDocsになっているので、
左上のメニューからファイル>ダウンロードと押すことでダウンロードすることが出来ます。

対応OS:Windows,Mac,Linux
DDWS-info, ボクセル系3Dモデリングソフト be! β版 Ver0.9

3Dプリント用モデル作成にも最適!

ちなみに”ボクセル”とは”ピクセル”の三次元バージョンという感じです。
ボクセル系スカルプトツールでは3D-Coatが有名ですね。
最近では地形作成ツールはボクセルベースのものが増えてきています。

be!は無料で使えるので是非お試しあれ!

金田アキヒロ | Twitter:@aki426
DDWS-info

Screenshot of ddws-info.tumblr.com

PR


関連記事

  1. Knald 1.1.0 Open Beta - 8k...

    2015-05-19

  2. Mask AI - 機械学習の力で綺麗にマスク作成が...

    2019-11-04

  3. EmuVR - VR空間内でレトロゲームを楽しめるエ...

    2019-10-22

  4. Oculus Medium 2.0 - VR空間内で...

    2018-06-29

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おすすめ商品Pickup

PR


スポンサー

注目の記事

PR

アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事