AnimationCafe

Cascadeur Early Access - 物理挙動や機械学習をベースとし...

物理挙動をベースとしたキャラクターアニメーション制作ソフトウェア「Cascadeur」の早期アクセスバージョンが公開されました!ライセンス形態や価格の詳細も発表されています。

  • 95
  • 1
  • 1
続きを読む

Custom Motion Blur for UE4 - 静止画でも手軽にモーシ...

Thomas Kole氏による、静止画でも手軽にモーションブラー表現を扱えるUE4アセット「Custom Motion Blur for UE4」がリリースされています。

  • 79
  • 1
  • 0
続きを読む

SweetRoll - 湾曲した半円UVをワンクリックで真っ直ぐにしてくれる無料...

Anti-Deuterium(Kameron Brooks氏)による、湾曲した半円UVをワンクリックで真っ直ぐにしてくれる無料のBlenderアドオン「SweetRoll」がリリースされました。

  • 60
  • 2
  • 1
続きを読む

Frame Ranger 2.0 - フレーム範囲&キーフレーム&マーカー&アク...

BlenderboiによるBlenderのタイムラインやキーフレームの操作を支援するアドオン「Frame Ranger 2.0」がリリースされました!無料版の「Frame Ranger Lite」もありますよ!

  • 17
  • 4
  • 0
続きを読む

ALS V4 Custom video - UE4用のBPで構築された移動制御シ...

みなさーん「Advanced Locomotion System V4 (ALS V4)」触ってますか?アクションゲームを作るベースにこれを採用し改造するのもオススメですよ!という事で今回は、ALSV4をカスタマイズする方法を紹介した動画を集めてみました。

  • 115
  • 1
  • 2
続きを読む

Autodesk® Maya® Indie、Autodesk® 3ds Max® Indie | AREA JAPAN | Autodesk

be! β版 Ver0.9 - ボクセル系3Dモデリングソフト!初心者でも簡単に3Dドット風モデルを制作できるぞ!Win&Mac&Linux

金田アキヒロ氏によるボクセル系3Dモデリングソフト『be! β版 v0.9』


プロモーション

ファイナルファンタジーXVI開発スタッフ募集中


【簡単な使い方】

  1. 16×16ピクセル以下でドット絵を打ち、透過色付きpng形式で保存します。
  2. be!を立ち上げ、Openボタンを押して、「16x16x16.bed」を開きます。
  3. x+、x-、y+、y-、z+、z-ボタンまたはE、W、D、S、C、Xキーを押し、任意の平面でIMPORT.pngボタンまたはCtrl+Iキーを押し、ある程度の厚みを持つまでスライス平面をずらしながらpng画像を読み込みます。
  4. Block OnlyボタンまたはFボタンを押し、色を置いたボクセルだけのビューに切り替え、右クリックで色をスポイトしたり、左クリックで色を変えたり空白にしたりして調整します。
  5. わかりにくいところは各スライスボタンを押し、平面に切り替えてボクセルを配置していきます。
  6. たまに落ちるので、時々SaveボタンまたはCtrl+Sキーを押してセーブしてください。セーブデータはbe!の実行ファイルと同じフォルダにsave.bedとして保存されます。
  7. まだアンドゥ、リドゥ機能は無いので、元に戻したくなったり、be!が落ちたりした場合は、Openボタンを押して、直前まで作業していたsave.bedを読み込んでください。
  8. データが完成したら、EXPORT.wrlボタンを押して、wrlファイルを出力します。be!の実行ファイルと同じフォルダにexport.wrlファイルとして保存されます。
  9. DMM.comの3Dプリントサービスにアップロードすると、石膏フルカラーで出せます。(ただ、今のところ出せるものと出せないものの基準がよくわからないので、うまくいかないかもしれません)
  10. 出力したwrlファイルの確認には、Cortonaなどが便利です。

ダウンロード先はGoogleDocsになっているので、
左上のメニューからファイル>ダウンロードと押すことでダウンロードすることが出来ます。

対応OS:Windows,Mac,Linux
DDWS-info, ボクセル系3Dモデリングソフト be! β版 Ver0.9

3Dプリント用モデル作成にも最適!

ちなみに”ボクセル”とは”ピクセル”の三次元バージョンという感じです。
ボクセル系スカルプトツールでは3D-Coatが有名ですね。
最近では地形作成ツールはボクセルベースのものが増えてきています。

be!は無料で使えるので是非お試しあれ!

金田アキヒロ | Twitter:@aki426
DDWS-info

Screenshot of ddws-info.tumblr.com

PR


関連記事

  1. NVIDIA PhysX 4.0 - Nvidiaの物理エンジン!新バージョンからBSD3ライセンスの下オープンソースに!

    2018-12-04

  2. Appleseed 2.0 - オープンソースの物理ベースレンダラー!新バージョンのベータ版!NPR表現やOSLシェーダーにも対応

    2018-11-08

  3. Amberlight 2 - パーティクル(粒子)制御で美麗イメージを生成するソフトウェアの新バージョン!待望のアニメーション機能搭載!

    2016-03-01

  4. Indigo Renderer 3.6 リリース! - アルファ出力機能強化!CUDA&OpenCL対応の高速GPUレンダラー最新安定版!

    2013-11-20

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!




おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR

中途採用セミナー

Flying Ship Studio


株式会社 Khepris Japan ( ケプリス ジャパン ) Top・レンダーファームのレンタル、レンダリングサービス


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する

アーカイブ

カテゴリ




相互リンク

インディーズゲームを発掘するならここ

おすすめ記事

ページ上部へ戻る