AnimationCafe

HDRPで実現する高品質ゲームグラフィックス - UnityのHDRPを徹底解説...

UnityのHDRP(High Definition Render Pipeline)を徹底解説したUnite Now講演映像「Achieving high fidelity graphics for games with the HDRP」の日本語吹き替え版がYoutube上で公開されました。そして補足解説する形でUnity Japan大下氏によるライブ配信も行われたそうです。

  • 15
  • 12
  • 0
続きを読む

FMOD Studio Free Indie License - 多くのタイトル...

多くのタイトルで採用されているオーディオソリューション「FMOD Studio」のインディ向けライセンスが、年間収益が$ 200,000米ドル未満の開発者は無料で使用する事が出来るようになったそうです。

  • 43
  • 1
  • 0
続きを読む

bRigNet - 注目のディープラーニングを用いた自動リギング技術!Blend...

ディープラーニングを活用したリギング(スキニング?)技術「RigNet」をpKrime氏がBlender上で動作するアドオンとして公開しました。「RigNet」に関しては過去記事をご確認くださいRigNet: Neural Rigging for Articulated Characters - ディープラーニングでモデルへのリギングを自動で行ってくれる技術!SIGGRAPH 2020 論文

  • 255
  • 9
  • 1
続きを読む

Photo-realistic CG Animal Production Pro...

CG&デジタルアート学習オンラインプラットフォーム「WINGFOX」にて、Naughty DogのキャラクターモデリングアーティストYingkang Luo氏による、フォトリアルな動物CGの制作チュートリアル「Photo-realistic CG Animal Production Process」が販売されています。

  • 50
  • 1
  • 0
続きを読む

Procedural hatching and manga shaders fo...

Kristof Dedene氏がBlender上でプロシージャルなハッチング&漫画シェーダーを構築するチュートリアル動画を公開!そして完成データは無償配布されています。

  • 113
  • 40
  • 0
続きを読む

Maya ライセンス 価格 | サブスク 1ヵ月から | Autodesk 公式

brSmoothWeights - 高速&滑らか動作のMaya用のスキンウェイトスムージングペイントツール!無料公開

brave rabbit StudioによるMaya用のスキンウェイトスムージングツール「brSmoothWeights」が公開されました!


プロモーション

ゲーム転職


brSmoothWeights – Advanced smoothing of skin cluster weights

 

brSmoothWeightsは完全に書き直され、全体を通してより良いパフォーマンスを提供する独自のペイントツールが付属しています。サイズと強さを調整すると、デフォルトのMayaスカルプトツールの動作が反映されます。このツールはマルチスレッド化され、速度が大幅に向上しました。新しい選択モードでは、ツールを切り替えることなく高速な頂点選択を合理化します。これを使用して、スムージングを特定の領域に制限したり、頂点がスムージングされないようにします。追加の価値があるのは、スムージングの深さのオプションです。この機能を使用すると、モデルを回転させることなく、メッシュの前面と背面を滑らかにすることができます。スムージングは​​、オーバーラップジオメトリを持つポーズメッシュにも適用できます。
デフォルトでは、brSmoothWeightsはシェルの境界を越えて滑らかになり、変形時のメッシュの整合性を維持します。この機能は全体的なスムージング性能を少し取り除きますが、通常のメッシュでは目立たないはずです。高解像度のシングルシェルメッシュを使用している場合は、速度を向上させるためにこのオプションを無効にすることも可能です。
さらに、新しいボリュームベースのスムージングでは、いくつかの不連続なシェルをスムージングできますが、デフォルトのスムージングは​​サーフェスベースです。ボリュームスムージングは​​、影響を受けないはずの領域にウェイトを簡単に取り込む可能性があるため、慎重に扱う必要があります。
ブラシの表示はヘルプ情報と同様にカスタマイズ可能です。

brTransferWeightsは、ペイントまたは絶対ウェイトを設定することによって、スキンクラスタウェイトをある影響から別の影響に簡単に転送することを可能にする、スキンウェイト編集用の補完的なツールです。転送の方向はまたすぐに逆にすることができます。デフォルトでは、ソースインフルエンスのウェイトがデスティネーションインフルエンスに追加されますが、以前の値を完全に置き換えることもできます。

brSmoothWeightsおよびbrTransferWeightsはMITライセンスの条項に基づいています

対応Mayaバージョンは2016.5, 2017, 2018で、対応OSは、MacOS X, Windows 64 bit, Linux 64 bit.です。
これは入れておいて損はないでしょう。
是非お試しあれ!

リンク

brave rabbit » brSmoothWeights
brave rabbit
brave rabbit(@brave_rabbit)さん | Twitter


PR


関連記事

  1. PolyQuilt(ポリキルト)1.3 - 直感的な操作のモデリングが可能になる無料アドオン!Blender 2.83LTS対応の最新版が公開!

    2020-06-07

  2. DECALmachine - ペタペタとディテール付きデカールを貼る事が出来るBlenderアドオン!

    2017-05-11

  3. Substance Maya Toolset 0.6 - Mayaから簡単にSubstanceへメッシュをエクスポート&焼きこみ等の処理が出来る公式ツール!

    2015-04-03

  4. SkinWrangler - 『Ryse: Son of Rome』開発でも使用されたMaya用スキンウェイト編集ツールがGitHubで公開!

    2015-04-03

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!




おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR

オンライン説明会

Flying Ship Studio


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する

アーカイブ

カテゴリ




相互リンク

インディーズゲームを発掘するならここ

おすすめ記事