コンセプトアーティストになるために知っておきたいこと - 『The Ultima...

3DTotal本の『The Ultimate Concept Art Career Guide』の日本語版である『コンセプトアーティストになるために知っておきたいこと』が4月下旬にボーンデジタル(3dtotal.jp)から発売されますよ!日本向けに内容も一部追加されているとか。

  • 40
  • 79
  • 0
続きを読む

BNSリグ - バンダイナムコスタジオが「鉄拳」シリーズなどで使用されたリグをベ...

バンダイナムコスタジオは2020年3月31日に「鉄拳」シリーズなどで使用されたリグをベースにした「BNSリグ」の無償配布を開始!

  • 192
  • 206
  • 2
続きを読む

VDRAW 2020 PV - VR機器無しで3Dアバターによる実演配信が可能な...

バーチャル同人作家おぐら氏による PCのマウスやキーボードでのオペレーションを3Dアバター(VRM対応)が動かす風に見せる事が出来る「VDRAW」の最新プロモーション映像が公開されております。

  • 40
  • 1
  • 3
続きを読む

3D Neon Generator - Blenderのプロシージャルノードアド...

Karlis Stigis氏による、Blender 2.8と「Animation Nodes」アドオンを使ったネオン生成機構「Neon Generator」の紹介映像が公開。

  • 118
  • 1
  • 4
続きを読む

Free Stylized Base Mesh and Male Female ...

VeryHotSharkによる、男性と女性のスタイライズドベースメッシュモデル が無償配布されております。

  • 83
  • 2
  • 0
続きを読む

Level 1457 LAST - 2463年!第四氷河期で地下生活を強いられる人類。エネルギー源メンテナンス作業員の最後に見たものとは!学生作Sci-Fi系ショートフィルム!

ヨーロッパ・ビルバオDigiPen Institute of Technologyの学生
Xabier Urrutia氏作のショートフィルム
Level 1457 LAST


PR

Start@Maya〜Maya で 3DCG をはじめよう〜


冒頭に表示される概要の日本語訳(Google翻訳)
2463年
人類があるため第四氷河期の約400年のために表面レベルの下で生活している、彼らの主なエネルギー源は、表面におけるコアおよび太陽エネルギーから熱です
表面へのアクセスが完全に禁止されており、唯一の認定個人は最後のレベルに向かうエレベーターに達することができる:1457年、太陽エネルギーは「ペルセポネ太陽エネルギーのメンテナンス」からハードワーカーによって維持されている

最後がちょっと切ない・・
にしてもライティング&シェーディングが綺麗ですねぇ!

この作品はBlue Plum Animation Festival 2014で
Best of Student Award 2014を受賞しています。

「Level 1457 LAST」のモデルも確認出来るXabier Urrutia氏のデモリールもどうぞ

Digipen公式による作者へのインタビューページ
Graduate Animator Discusses Student Film — DigiPen News 

DigiPen Europe-Bilbao: A Leader in Game Development Education : Home 

Screenshot of www.digipen.es

PR


関連記事

  1. IRONMAN vs OPTIMUS PRIME -...

    2016-05-04

  2. GOLDING ゴールディン 第1章~透明人間の殺戮...

    2013-09-02

  3. SONDER Official Trailer - ...

    2018-07-09

  4. Cookiewatch | Overwatch - ...

    2018-12-19

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おすすめ商品Pickup

PR


スポンサー

注目の記事

PR

アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事

ページ上部へ戻る