AnimationCafe

Substance Alchemist 2020.3 - AI活用アトラスフィル...

Adobeのテクスチャリングソフト「Substance Alchemist」のバージョン2020.2(2.3.0)がリリースされました。

  • 12
  • 1
  • 0
続きを読む

Asset Creation Toolset 3 - アセット制作で役立つ機能を...

Ivan Vostrikov氏による、アセット制作で役立つ機能を多数搭載したツールセット「Asset Creation Toolset 3」のご紹介。無料です!

  • 11
  • 1
  • 0
続きを読む

WebPShop v0.3 - WebP(Googleが開発した軽量画像フォーマ...

最近やたらと多いWebP、サイトの軽量化システムが勝手にこのフォーマットにする事が多いんですよね。良いんですが手軽に扱えないのが難点。そんな時は、WebP公式のPhotoshopで読み込むためのプラグイン「WebPShop」を使いましょう。

  • 6
  • 7
  • 0
続きを読む

ゲームエンジンアーキテクチャ 第3版 - 好評のゲームエンジン解説本「Game ...

ゲーム開発者は抑えておきたい1冊!ジェイソン・グレゴリー著書「Game Engine Architecture, Third Edition」の日本語版「ゲームエンジンアーキテクチャ 第3版」が2020年11月下旬にボーンデジタルから発売されます。

  • 7
  • 14
  • 0
続きを読む

Procedural City Generator - Unreal Engin...

Coqui Gamesによる、Unreal Engine 4上で動作するプロシージャル都市生成システム「Procedural City Generator」

  • 14
  • 3
  • 0
続きを読む

MACHIN3tools 0.4 - 各種便利ツールやPieメニューを搭載したBlender 向け作業効率化アドオンがアップデート!無料です!

高機能なBlenderアドオン「MESHMachine」や「DECALMachine」等を手掛ける、Machin3氏によるBlender用の作業効率化アドオン「MACHIN3tools」バージョン0.4がリリースされました。


PR

Autodesk® Maya® Indie、Autodesk® 3ds Max® Indie | AREA JAPAN | Autodesk


MACHIN3tools

独自のPieメニューや、作業を行う上で便利なツールを揃えたアドオンです。
古い紹介動画も貼り付けておきます。

v0.4(2020-10-16)

オブジェクトの位置/回転を別のオブジェクトの位置/回転で簡単に駆動出来るスマートドライブを搭載!
  • アドオンの設定を変更する:デフォルトでは、モードパイとフォーカスツールのみを有効にして、新しいユーザーが圧倒されるのを防ぎ、カスタマイズ性を強調します
  • ツールパイメニューを追加
    • BoxCutterとHardOpsのサポート
    • オプションでクイックメニューとツールバーを描画します
  • スナップパイを追加
  • ビューポートパイ
    • ResetViewportを追加します
    • オプションの軌道メソッド選択を追加します(アドオン設定で有効にします)
    • ViewAxis
      • ALT選択範囲に合わせるときにORTHOを使用する
    • ローカルまたはカーソルスペースのいずれかにカスタムビューを追加します
      • オプションで、カスタムビューを使用するときにトラックボールナビゲーションを設定します
      • オプションで、スイッチをオンにするときに変換プリセットを設定します
      • とにかく正しく描画されないため、カスタムビューを使用する場合はオルソグリッドをオフにします
  • 変換パイ
    • カスタムビューでGLOBALの代わりにVIEWプリセットを使用する
    • 正しい顔属性設定を追加する
  • シェーディングパイ
    • マテリアルモードでスムージングしようとしたときに、誤ってソリッドシェーディングに切り替わらないようにします
    • キャビティを切り替えるときに誤ってカスタム法線をクリアするのを防ぎます
    • 統計トグルを追加(2.90のみ)
    • 曲線のプロパティを追加する
    • RotateStudioLightを追加します
      • スタジオライトを180度回転します
      • オプションで可視光源も回転させます ALT
    • ToggleObjectAxes-カーソル軸を描画します(オブジェクト軸に加えて)
  • パイを揃える
    • 整列-カーソルスペースでの整列をサポート CTRL
    • センター-カーソルスペースでのセンタリングをサポート CTRL
  • カーソルと原点の円
    • OriginToActive
      • 頂点/エッジ/面への編集モードの位置合わせをサポート
      • 複数の頂点/エッジ/面の選択をサポート
        • 場所は平均化され、アクティブから取得された回転
      • 位置ALTまたは回転の設定のみをサポートCTRL
      • DECALmachineのサポート:
        • 投影/スライスされたデカールの原点を自動的に変更し、デカールバックアップマトリックスを更新します
      • MESHmachineのサポート:
        • 隠しオブジェクトの原点を自動的に変更し、隠しオブジェクトの行列を更新します
    • CursorToSelected
      • 面に揃えるときは、境界の中心ではなく中央分離帯の重み付き中心を使用します
        • Blenderの境界中心は、顔の平面以外の場所を生成する可能性があるためです
      • ボタンラベルで編集モードの選択状態を表します
      • 位置ALTまたは回転の設定のみをサポートCTRL
  • パイを保存
    • LoadMostRecent-最新のファイルパスがまだ存在することを確認します
    • MatcapSwitch-単色モードを強制するオプションを追加
    • 最近のファイルリスト/ファイルに書き込むときのまれなUnicode関連の例外を修正しました
    • fbxexport – FBX_SCALE_ALLを使用
  • ワークスペースパイ
    • SwitchWorkspace-ALTが押された場合、シェーディングとオーバーレイを非代替ワークスペースに同期します
  • MACHIN3toolsパネルを追加します
    • SmartDriveツールを追加する
      • あるオブジェクトの位置/回転を別のオブジェクトの位置/回転で簡単に駆動できます
    • Unityエクスポート(準備)ツールを追加する
      • 今のところ
        • メッシュオブジェクトをサポート
        • アーマチュアをサポート
        • 他のメッシュまたはボーンのペアレント化されたメッシュをサポート
        • ベベル、ミラーリング、ディスプレイスモッドのサポート
      • 0回転インポートを達成するためにオブジェクトを準備します
      • スイベルyおよびzスケールの小道具
      • オプションの三角測量を追加
      • すでにDECALmachine2.0のAtlasExportに統合されています
  • フォーカスツール
    • ローカルビューモード
      • フォーカスレベルHUDを追加する
      • 選択したオブジェクト==表示されているオブジェクトの場合、レベルを上げることもできます
        • その場合、選択を解除する必要はありません
    • 選択したモードを表示
      • 何も選択されていない場合は、表示されているすべてのオブジェクトに焦点を合わせます
  • 位置合わせツール
    • アクティブな骨への位置合わせをサポート
      • オプションで骨の親
      • オプションで、オブジェクトZをボーンYに位置合わせします
      • オプションで、ボーンに合わせるときにロールします
    • Blenderのスタートアップシーンで最初にツールを呼び出すときの奇妙な元に戻す問題を防ぐ
  • クリーンアップツール
    • 冗長な頂点および/またはエッジの削除を追加します(以前の両刃の頂点の削除を置き換えます)
  • SmartEdgeツール
    • ブリッジ機能を追加し、ブリッジプロップをREDOパネルに公開します
    • 「koreanベベル」機能を追加CTRL + 2
      • サポートエッジを介して「偽の」ベベルシェーディングを作成する
      • トポロジー条件に応じて、オフセットエッジまたはベベルを使用します
  • ツールのカスタマイズ
    • 2.90の更新
    • 2.90以降のステータスバーの変更を追加
    • 行われるすべての変更(シェーディング、過度、キーマップなど)に対して非常に詳細なターミナル出力を追加します
    • スタートアップファイルのカスタマイズにuse_uv_select_syncを有効にする
  • 編集モードでのQuadsphere例外を修正
  • PurgeOrphansツールが登録解除されない問題を修正

変更ログはこちらから確認出来ます。
Changelog – MACHIN3tools


「MACHIN3tools」はBlender 2.8以降に対応し、GumroadかBlender Marketから入手できます。
Blender Marketでは1ドル、Gumroadからは無料で入手する事が出来ます。

ちょっと機能が多すぎて混乱しますが、カスタマイズ性も高くBlender使いには是非ともオススメしたい無料アドオンですよ。是非お試しあれ!

リンク

記事公開直後に0.4.1が公開されていました。主にバグ修正だそうです。


PR


関連記事

  1. Easy Atlas 1.10 - Maya用のテクスチャアトラス化ツール!Photoshopとも連携し複数モデルのテクスチャ&UVを簡単に結合可能に!

    2015-06-05

  2. Garment Tool - Blender 2.8向けのマーベラスデザイナー風衣装モデリングアドオン!

    2019-03-07

  3. UV2PhongEdges - UVの境目をハードエッジにするCINEMA 4D用スクリプトが無料ダウンロード可能!

    2019-04-18

  4. UV-Packer 3 For Free - 3ds Max向けUVパッキングプラグインが無料化!Blender向けプラグインも開発中!

    2020-08-31

コメントをお待ちしております

COMMENT

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おしらせ

ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

スポンサー

注目の記事

PR

オンライン相談

Flying Ship Studio

アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

相互リンク

インディーズゲームを発掘するならここ

おすすめ記事