D5 Render 1.6 - リアルタイムレイトレーシングに重点を置いたレンダ...

DIMENSION 5による、建築ビジュアライゼーション向けのレンダラー 『D5 Render』がバージョン1.6となり正式リリースされました!

  • 22
  • 1
  • 0
続きを読む

Hemisphere Plugin - タイムラプス録画された空と雲で動的ライテ...

以前紹介した、Wouter Weynants氏による『Hemisphere Plugin』が遂に先日リリースされました!現実世界でタイムラプス録画された空・雲素材でライティングが可能なUE4プラグインです。

  • 102
  • 3
  • 1
続きを読む

Unityデザイナーズ・バイブル - UI・モデル・アニメーション・エフェクトな...

デザインに関わるへ向けた、「Unityゲーム プログラミング・バイブル」の姉妹書『Unityデザイナーズ・バイブル』が2020年6月6日に発売されます!

  • 45
  • 3
  • 0
続きを読む

Maya徹底解説(ツール編)格闘技の選手紹介っぽく爽快に解説 - 「HigaCG...

CGモデラー&YouTuberの前東 勇次(Yuji Maehigashi)氏によるYoutubeチャンネル「HigaCGチャンネル」の最新動画が面白かったのでご紹介。

  • 35
  • 3
  • 0
続きを読む

Tycoon for Unreal Engine - 簡単にローラーコースターを...

CGToolsmithによる、Unreal Engineでローラーコースターを簡単に作成可能にしてくれるプラグイン『Tycoon for Unreal Engine』がリリースされました。

  • 26
  • 1
  • 0
続きを読む

Quixel Megascans - アセット単価の値下げ!1万を超える高品質アセットを活用しUE4上で魅力的なシーンを制作する事例動画も多数公開

Quixelのフォトリアルアセットライブラリー「Megascans」ですが、アセットの価格が値下げされ、同じサブスクリプションでも過去の6倍のアセットを購入する事が可能になったとか。活用事例動画をみると…ちょっと手を出したくなりますね。


PR

Start@Maya〜Maya で 3DCG をはじめよう〜


わーぉ、楽しそうでしょ。
Quixelのサブスクに入ると、Megascansの膨大なライブラリ、各種ツールと連携するBridge、そして素材を合成するためのMixerが使用可能になります。

Megascans Bridge Mixerの3つを紹介した動画

価格※2019年9月現在

Quixel Personal
毎年10万ドル未満の収入や資金調達の個人向け

  • PERSONAL LIGHT: 9ドル/月
    • Bridge , Mixer 使用可能
    • Megascans:0ポイント/月
    • 4K解像度
    • 月間無料アセット2つ
    • プランはツールのみであり、毎月のポイントは含まれていません。
  • PERSONAL 4K:19ドル/月(年払いも可)
    • Bridge , Mixer 使用可能
    • Megascans:60ポイント/月
    • 4K解像度
    • 月間アセット5つ
  • PERSONAL 8K:39ドル/月(年払いも可)
    • Bridge , Mixer 使用可能
    • Megascans:60ポイント/月
    • 8K解像度
    • 月間アセット2つ

Personal以外のサブスク価格については公式サイトをご確認ください。
Quixel Subscription

Megascansの3Dアセットのコストは4ポイント、サーフェスのコストは2ポイント、その他のタイプのアセットのコストは1ポイントです。Personal 4KまたはPersonal 8Kプランを使用している場合、毎月60ポイントで15の3Dアセットまたは30のサーフェスまたはその他のタイプの60のアセットを取得できます。ポイントはその月に消費しなくても、アカウントに蓄積されていきます。

30日間使えるフリートライアルもあります。2019/9/24までにサブスク登録すると、今なら100のボーナスポイントを獲得できます

Quixel活用事例動画

それぞれブレイクダウン動画もあります。

レイアウト力とライティング力、そしてQuixelの素材が合わさるだけで、UE4上で雰囲気のあるシーンを構築する事が出来ます。

Quixel Suite は死んだ

かつての主力ツールだった「Quixel Suite」は完全に消えましたね。
プロシージャルなSubstance、フォトスキャンベースのQuixelとうまくすみ分けが出来たような印象です。消えるギリギリで買ってた人がちょっと気の毒…

是非お試しあれ!

リンク


PR


関連記事

  1. Substance Designer 4.2 リリース! - 外部ツールとリアルタイム連携!より高速になったAllegorithmicのノードベース非破壊テクスチャリングツール最新版!

    2014-04-16

  2. Twinmotion for free until November 2019 - Epic傘下となったUE4ベースのリアルタイム 3D建築ビジュアライゼーションソフト!2019年11月まで完全無料!

    2019-05-14

  3. Unreal Engine 4 2016 Features Trailer - アンリアルエンジンの特徴を余すこと無く紹介した最新トレーラー!

    2016-03-17

  4. DX11 DDS Thumbnail - DirectX 11のテクスチャ圧縮フォーマットBC1~BC7をサムネイル表示するコードが公開!

    2014-12-09

コメントをお待ちしております

COMMENT

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おすすめ商品Pickup

PR


スポンサー

注目の記事

PR

アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事