Simple Procedural Building BP - インテリアマッピ...

Simple Procedural Building BP - インテリアマッピングが効いたUE4ビルアセットが無料ダウンロード可能!

  • 0
  • 0
  • 0
続きを読む

Volume-aware design of composite molds -...

複雑な形状も再現可能な複合ツーピース型を生成する為の技術!「Volume-aware design of composite molds」SIGGRAPH 2019論文です。

  • 18
  • 1
  • 0
続きを読む

(OO) - 鼻水の辛さを壮大に表現した2Dアニメーションショートフィルム

韓国のフリーランスイラストレーター/アニメーター Seoro Oh氏による鼻水を題材にした2Dアニメーションショートフィルム「(OO)」

  • 17
  • 6
  • 0
続きを読む

Masashi Imagawa Composite Reel July 2019...

VFXアーティスト 今川 真史(MASASHI IMAGAWA)氏 による2019年7月のコンポジットリールが公開されました。

  • 8
  • 17
  • 0
続きを読む

Powerful GPU Rendering Performance with ...

NVIDIAからCPUとQuadro RTXによるGPUでのレンダリングパフォーマンス比較映像「Powerful GPU Rendering Performance with NVIDIA Quadro RTX」が公開されております。

  • 11
  • 11
  • 0
続きを読む

De Lighting Tool - 3Dスキャンモデルから陰影情報を削除しアルベドマップを生成する!Unity上で動作するツールが無償公開!

3Dスキャンを行った陰影情報付きモデルから、ライティング情報を削除し正しいアルベドマップを生成するツール!「De Lighting Tool 」が無償公開!


PR

美大生がMayaで描く背景映像の世界 オンデマンド配信


De Lighting Tool

オリジナルのテクスチャに加えて、ツールには次のデータが必要です

  • アンビエントオクルージョンマップ
  • ノーマルマップ
  • ベントノーマルマップ
    ※これらのテクスチャマップはKnald、xNormal、Substance Designerまたは他のベーキングツールを使用し、3Dスキャンしたモデルから焼き付けることができます。
    ライティングが削除されると、テクスチャは標準のPBRマテリアルでアルベドマップとして使用できます。

写真を元に3Dスキャンを行った場合には重宝しそうですね。
Unityツールではなくスタンドアロンツールとしてリリースしてほしかったなぁ…

関連リンク

 


PR
ゲームクリエイター向けの当社採用説明会


関連記事

  1. Jiffycrew Post Process Lin...

    2019-04-09

  2. Custom Physic Vehicle V.2....

    2017-05-01

  3. Amplify Occlusion - 標準機能より...

    2016-05-02

  4. UE4 Volumetric Clouds Beta...

    2018-12-26

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

Google Translate

おしらせ

3D人-3dnchu-をチェックされてる皆様にアンケートのお願い。
ご協力よろしくお願いいたします。※数分でおわります。
※Googleアカウントでログインが必要です。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR

カプコンイベント

Flying Ship Studio


デザイナー向け中途採用説明会&選考会

ゲームクリエイター向けの当社採用説明会






アーカイブ

Categories

スポンサー

おすすめ記事