AnimationCafe

Rive 2 Beta - コラボレーションも可能な2Dアニメーション作成ツール...

複数人で1つのファイルを共同制作も可能な2Dアニメーション作成ツール「Rive 2」のベータ版が一般公開されています!

  • 27
  • 4
  • 0
続きを読む

Marmoset Toolbag 4 - すべてのGPUでレイトレーシングを実行...

Marmosetのリアルタイムビジュアライズ&ルックデベロップメントツール「Toolbag」 のメジャーアップデートバージョン「Toolbag 4」が遂に公開されました!

  • 46
  • 2
  • 0
続きを読む

Storm The multisolver tool - シミュレーションソフト...

Effective TDsによるスタンドアロンシミュレーションソフトウェア「Storm 0.5」の新たなプロモーション映像が公開されています。

  • 31
  • 11
  • 0
続きを読む

The #GameAudioGDC Bundle Part 6 - Sonnis...

毎年3月頃GDCに合わせて公開されるSonnissのサウンドデータなんですが、2020年分を紹介しそびれていました…。GDC 2020に合わせて無償公開された音響データ!「The #GameAudioGDC Bundle Part 6」が公開中!ロイヤリティフリー・商用利用も可能なサウンドデータです!

  • 76
  • 1
  • 0
続きを読む

Hacker 1.2 - Blender向けツール開発を補助してくれる多機能ID...

Blender SenseiによるBlenderでのアドオン開発の効率を大幅にアップしてくれる多機能IDEアドオンがバージョンアップされ「Hacker 1.2」が公開されました。

  • 1
  • 2
  • 0
続きを読む

Autodesk® Maya® Indie、Autodesk® 3ds Max® Indie | AREA JAPAN | Autodesk

Free 80's Props - Jonjo Hemmens氏が80年代風アセット数点を無償配布中!(冷蔵庫・テレビ・缶飲料・チップス・お菓子)

EnvironmentアーティストのJonjo Hemmens氏が、80年代風アセット数点をArtstation上で無料公開されてますよ。


プロモーション


80年代の冷蔵庫(80’s Refrigerator)

ポスターのソースファイルは、Googleから取得し合成した画像で制作されているので、SPPには含めていません。 クモの巣のソースファイルもLea Kronenberger氏のヒントに従って作成したので含めていません。ここでそのヒントを見つけることができます。

メッシュ&テクスチャ&Substance Painterプロジェクトファイルを格納
ダウンロード先:ArtStation – 80’s Refrigerator | Resources

80年代のチップス(80’s Crisps)

メッシュ&テクスチャ&Substance Painterプロジェクトファイルを格納
ダウンロード先:ArtStation – 80’s Crisps | Resources

80年代のソーダ缶(80’s Soda Cans)

メッシュ&テクスチャ&Substance Painterプロジェクトファイルを格納
ダウンロード先:ArtStation – 80’s Soda Cans | Resources

80年代のお菓子(80’s Sweets)

メッシュ&テクスチャを格納
ダウンロード先:ArtStation – 80’s Sweets | Resources

無料製品のファイルサイズには制限があるため、このアセットにはSubstance Painterのプロジェクトファイルを含めることが出来なかったそうです。

古いTV(Old TV)

この製品のペインターファイルは、他のいくつかの製品ほどきれいではないため、教育目的や80年代の冷蔵庫には適していません。プレゼンテーションに使用したワイヤーをオプションのアドオンとして含めることにしましたが、プロジェクトの終わりに向けて取り組んだため、アンラップとテクスチャはゲーム用に実際には最適化されていません。 

メッシュ&テクスチャ&Substance Painterプロジェクトファイルを格納
ダウンロード先:ArtStation – Old TV | Resources


どのアセットも非営利プロジェクトおよび教育目的でのみ使用可能です。
カンなどは非商用フォントを使用しているそうなので要注意

ちなみに、質感制御用テクスチャ名がRMOという名前なので、R:ラフネス、G:メタリック、B:AOなのかと思いましたが、実際の順番は ORM(AO、ラフネス、メタリック)でしたので、そのまま各種ツールで扱う際には適用チャンネル指定に注意してください。

いろいろと実験を行う際に、こういうアセットがあると便利ですよね。

ぜひチェックしてみてください。

リンク

ArtStation – Jonjo Hemmens


PR


関連記事

  1. MoxRig for Blender2.8 - リギングやモーション練習に最適!アニメーション制作会社「MOX-MOTION」によるBlender 2.8向け無料リグデータ!

    2019-08-23

  2. Ultimate Eye Generator 2 - Substanceで作成されたプロシージャル眼球テクスチャジェネレーター新バージョン!

    2020-08-12

  3. Tapioca milk tea - Blenderのマテリアルノードで構築されたタピオカミルクティーのデータが無料配布中!

    2020-10-23

  4. TextMesh Pro Free - Unityの高機能テキストソリューションがUnity標準機能化に伴い無料公開中!

    2017-03-02

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!




おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR

オンライン説明会

Flying Ship Studio


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する

アーカイブ

カテゴリ




相互リンク

インディーズゲームを発掘するならここ

おすすめ記事

ページ上部へ戻る