OoBaCuLi Fibrous Being v1 - インタラクティブなドット...

ドットのラインをグネグネ動かして幾何学模様を生成できる、ジェネラティブアートツール!「OoBaCuLi Fibrous Being」WindowsとLinux[...]

  • 11
  • 0
  • 0
続きを読む

UV2PhongEdges - UVの境目をハードエッジにするCINEMA 4D...

RocketJumpによるUVの境目をハードエッジにするCINEMA 4D用スクリプト「UV2PhongEdges」が無料ダウンロード可能ですよ。

  • 3
  • 0
  • 0
続きを読む

ZWrap 1.1 - ラッピングソフト「Wrap」のZbrushプラグインバー...

R3DS(Russian3DScanner)による人体3Dスキャンデータの高速ラッピングソフトウェア「Wrap」のZbrushプラグインバージョン「ZWrap for ZBrush 」!v1.1がリリースされたそうです。

  • 19
  • 0
  • 0
続きを読む

Hair Strand Designer Beta V1.2 - 髪の毛テクスチ...

Robert Ramsay氏による、髪の毛テクスチャ生成ツール「Hair Strand Designer 」Beta V1.2がArtstation Marletplaceにて販売されております。

  • 53
  • 5
  • 3
続きを読む

KumoWorks v1.0 - 輪郭から簡単に雲生成!「OpenToonz」に...

「OpenToonz」プロジェクトによる雲生成ソフトウェア「KumoWorks v1.0」がリリースされました!Win&Macに対応したオープンソースソフトウェアです。

  • 217
  • 170
  • 3
続きを読む

スコット・ロバートソンのHow to Render アイデアを明確に伝える 光と影、反射の描き方 - 全アーティストへオススメしたいノウハウ本がボーンデジタルから登場!

スコット・ロバートソン氏とトマス・バートリング氏による技法書「How to Render: the Fundamentals of Light, Shadow and Reflectivity」の日本語版『スコット・ロバートソンのHow to Render アイデアを明確に伝える 光と影、反射の描き方』がボーンデジタルより発売されます!
※画像は海外版です。タイトルも仮?ですので、日本語版の情報が公開され次第内容更新します。
※2015/06/29 – 日本語版の内容更新に伴い、記事内容を調整しました。


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN



スコット・ロバートソンのHow to Render : アイデアを明確に伝える 光と影、反射の描き方
スコット・ロバートソンのHow to Render : アイデアを明確に伝える 光と影、反射の描き方

  • 大型本: 272ページ
  • 出版社: ボーンデジタル
  • 著者:スコット・ロバートソン、トマス・バートリング
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4862462790
  • ISBN-13: 978-4862462794
  • 発売日: 2015/6/30

本書の特徴

アイデアを線画として描いたら、デザイナーには、オブジェクトに質感を与え、アイデアをいっそう明らかに示すことが求められます。

本書の前半では、光と影の物理的な性質を理解します。遠近法を用いて影を描く方法と、サーフェスに正確な明度を適用する方法を習得します。後半は反射に的を絞り、反射の物理的な性質を理解します。そして、その知識を活用しながらさまざまな材質を描く方法を習得します。

書籍のページには、「観察」または「実行」のアイコンが示されています。現実世界の観察について述べているページ、その知識を利用して実際に描く演習の別を示すものです。

前著、「スコット・ロバートソンのHow To Draw」に続き、スコット・ロバートソンとトマス・バートリングの2人が、光と影、反射の表現方法を詳細に説明します。合わせて26年を超える教育経験で培ったノウハウを分かりやすく解説しています。

本書の内容を読んだ後には、付属の動画によってさらに理解を深めることができます。

本書は「How to Render: the Fundamentals of Light, Shadow and Reflectivity」(Design Studio Press刊)の日本語版です。

著者について

スコット・ロバートソン(Scott Robertson)
ハリウッドで活躍するコンセプトアーティストによるアートブックを数多く手掛けるDesign Studio Pressの創業者であり、アート・センター・カレッジ・オブ・デザインのエンターテインメントデザイン科のコースディレクターを務めた経歴を持ちます。

トマス・バートリング(Thomas Bertling)
インダストリアルデザイナー兼エンジニアとして、輝かしい経歴の持ち主です。顧客には、Walt Disney、Samsung、Whole Foods Marketをはじめ、多彩な企業が名を連ね、最先端の革新的な医療設備から、参戦可能な軍用車両まで、ポートフォリオには各市場で製品化されたデザインが幅広く掲載されています。

目次

  • はじめに
  • CHAPTER 01 レンダリングとは? +道具と材料
  • CHAPTER 02 光のタイプと影
  • CHAPTER 03 幾何学形状のレンダリング
  • CHAPTER 04 複雑な立体のレンダリング
  • CHAPTER 05 オブジェクトのレンダリング
  • CHAPTER 06 フォトリファレンス
  • CHAPTER 07 反射サーフェス
  • CHAPTER 08 反射:屋内シーン
  • CHAPTER 09 反射:屋外シーン
  • CHAPTER 10 特定の材料のレンダリング
  • CHAPTER 11 作品例

内容サンプル

How-To-Render-JP-01 How-To-Render-JP-02 How-To-Render-JP-03 How-To-Render-JP-04 How-To-Render-JP-05 How-To-Render-JP-06 How-To-Render-JP-07 How-To-Render-JP-08

スコット・ロバートソンのHow to Render|書籍|株式会社ボーンデジタル 

お求めはこちらから

原本紹介

日本語版の方が安いとは…ここは是非日本語版を待ちましょう。
How to Render: The Fundamentals of Light, Shadow and Reflectivity ハードカバー
How to Render: The Fundamentals of Light, Shadow and Reflectivity ソフトカバー

有志の方による海外版レビュー動画をペタリ 

オススメ本

スコット・ロバートソン氏とトマス・バートリング氏の手がけた書籍「スコット・ロバートソンのHow to Draw -オブジェクトに構造を与え、実現可能なモデルとして描く方法-」もかなりオススメです!興味の有る方はチェックしてみて下さい。
3D人記事:スコット・ロバートソンのHow to Draw -オブジェクトに構造を与え、実現可能なモデルとして描く方法- コンセプトスケッチを行う際に必要な基礎部分から丁重に解説した本がボーンデジタルから登場!

関連記事

  1. Oculus Riftでオレの嫁と会える本 Unit...

    2015-01-22

  2. モノクロ × Photoshop 陰影が生み出す美と...

    2014-04-15

  3. ゲームグラフィックス 2017 CGWORLD特別編...

    2017-09-14

  4. ホビット 決戦のゆくえ 設定画集 ART &...

    2014-12-14

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

Google Translate

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR

3Dモデラー講座

Flying Ship Studio







Categories

アーカイブ

スポンサー

おすすめ記事