AnimationCafe

KenShape v1.0 - 厚み指定した2Dドットシェイプから3Dモデルを生...

Kenneyより、厚み指定した2Dドットシェイプから3Dモデルを生成出来るツール「KenShape v1.0」がリリースされました。

  • 42
  • 1
  • 0
続きを読む

Rife-App 1.5 - AIによるフレーム補間・中割生成ツール「Dain-...

AIによるフレーム補間ツール「Dain-App」でお馴染みGRiskによる、新たなフレーム補間ツール「Rife-App」がリリースされました。

  • 298
  • 8
  • 3
続きを読む

3DCG けん玉の作り方 モデリング編&シェーディング編 - VEDA講師の多田...

ハリウッド映画のVFX製作に携わる経験を持ち、Vosual Effect Digital Academy(VEDA)で講師を務めるGAKUこと多田学氏によるBlender初心者向けチュートリアル動画がYoutubeで公開されました!

  • 50
  • 1
  • 0
続きを読む

Houdini Engine for Unreal and Unity 無償提供...

2021年2月25日、SideFX は、Houdini Engine for UE4 および Houdini Engine for Unity の無償提供を開始しました。

  • 42
  • 40
  • 0
続きを読む

Unreal & Unity Starter Kit - Houdini Eng...

SideFXのSimon Verstraete氏による、HoudiniEngineを活用したプロシージャルゲームアセット制作のためのチュートリアル・学習コンテンツ「Unreal Starter Kit」と「Unity Starter Kit」が公式チュートリアルサイトにて公開されました。

  • 167
  • 8
  • 3
続きを読む

Autodesk® Maya® Indie、Autodesk® 3ds Max® Indie | AREA JAPAN | Autodesk

MaCrea 0.15b - 昔話題になったMatCap/スフィアマップイメージを作成する為の無料ソフト!Win

Taron氏による”MatCap(material captures)”(別名:スフィアマップ/Lit Sphere)テクスチャ作成ツール「MaCrea 0.15b」!近年MatCap需要が高まる傾向にあるので、再紹介してみました。ちなみにこのツールは8年以上前に公開された物で、現在更新は止まっています。


プロモーション

ゲーム転職


MaCrea

こーんなツールです。

トゥーン調もいけます。

ダウンロードはTaron氏のサイトからどうぞ。
Taron – Gallery of works in 3D, 2D and music
ページ下部のここをクリック
ファイル形式は.rarです。解凍ソフトが無いって人は”PeaZIP”でも使いましょ
「PeaZip」150以上のファイル形式をサポートしたオープンソースの圧縮・解凍ソフト – 窓の杜

あ、そもそもMatCapについて説明できてませんでしたね。
MaCreaがリリースされた当時はMatCapなんて言葉無かった気がします。

そもそもMatCapってなに?

Material capturesの略で、ライティング・シェーディングが施されたスフィアをそのまま切り取ったような状態のイメージファイルです。昔はLit Sphereなんて呼ばれ方も聞いたような気がします(定かではない)。MMD界ではスフィアマップと呼ばれているみたいですね。
そもそもテクスチャなのかマテリアルなのか、捉え方が人によってバラバラですが、私はテクスチャだと思ってます。

MatCapはどう使うのか?

MatCapイメージを、スフィア環境マッピング等の手法を使い、メッシュの法線に沿う形でマッピングするシェーダー・マテリアル上で扱うことで、擬似的にライティングされたような結果を得る事ができます。
ZbrushやSculptris、Blender、3D-Coat等の一般的な3Dソフトやスカルプトツールやリアルタイムビジュアライズツール・サービスではMatCap対応のシェーダーが既に用意されている事が多いので、MatCapイメージを読み込むだけで簡単に適用する事ができます。

 

ちなみにUnreal Engineではこんな感じで繋ぐと簡単にそれっぽくなります。(でもこの方法だと画面端で歪んでしまう)

MatCapネタはいろんな人が扱っているので、調べてみると楽しいですよ!Unityが特に活発かなぁ

ちょっとダラダラと書いてしまいましたが、MaCreaを使う事で手軽にMatCapイメージが作れそうですよね。
みなさんも是非お試しあれ!

リンク

Taron – Gallery of works in 3D, 2D and music

ちなみにTaron氏はあの流体シミュレーションベースのペイントツール「Verve」の開発者です。こちらも未確認の方は是非記事チェックしてみてください!
Verve v0.99q – 流体シミュレーションベースの無料ペイントソフト!


PR


関連記事

  1. AROW - ドリコム、位置情報×3Dリアルマップによる ARスマートフォンアプリ構築プラットフォーム

    2019-09-24

  2. SkinGen Premium Plug-in - 「Character Creator 3」用の肌質感生成プラグイン有料版!

    2020-10-28

  3. voxel.js - WebGL対応ブラウザ上で動作!ボクセルゲーム作成用のオープンソースツールキット

    2013-02-05

  4. PopcornFX Car VFX sample - ゲーム用リアルタイムVFXソリューション「PopcornFX」のカーゲーム用エフェクトサンプル映像!

    2014-12-12

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!




おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR

個別相談会

Flying Ship Studio


株式会社 Khepris Japan ( ケプリス ジャパン ) Top・レンダーファームのレンタル、レンダリングサービス


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する

アーカイブ

カテゴリ




相互リンク

インディーズゲームを発掘するならここ

おすすめ記事