AnimationCafe

UNIGINE Engine 2.13 - GPUライトマッパーを搭載!リアルタ...

リアルタイムビジュアライゼーションに特化した3Dエンジン「UNIGINE Engine」のバージョン2.13がリリースされました!

  • 0
  • 0
  • 0
続きを読む

Rive 2 Beta - コラボレーションも可能な2Dアニメーション作成ツール...

複数人で1つのファイルを共同制作も可能な2Dアニメーション作成ツール「Rive 2」のベータ版が一般公開されています!

  • 40
  • 4
  • 0
続きを読む

Marmoset Toolbag 4 - すべてのGPUでレイトレーシングを実行...

Marmosetのリアルタイムビジュアライズ&ルックデベロップメントツール「Toolbag」 のメジャーアップデートバージョン「Toolbag 4」が遂に公開されました!

  • 51
  • 2
  • 0
続きを読む

Storm The multisolver tool - シミュレーションソフト...

Effective TDsによるスタンドアロンシミュレーションソフトウェア「Storm 0.5」の新たなプロモーション映像が公開されています。

  • 34
  • 17
  • 1
続きを読む

The #GameAudioGDC Bundle Part 6 - Sonnis...

毎年3月頃GDCに合わせて公開されるSonnissのサウンドデータなんですが、2020年分を紹介しそびれていました…。GDC 2020に合わせて無償公開された音響データ!「The #GameAudioGDC Bundle Part 6」が公開中!ロイヤリティフリー・商用利用も可能なサウンドデータです!

  • 82
  • 1
  • 0
続きを読む

Autodesk® Maya® Indie、Autodesk® 3ds Max® Indie | AREA JAPAN | Autodesk

MagicaVoxel 0.99.2 - ボクセル用シェーダーに対応した新バージョン近日公開!?定番ボクセルモデリングソフト!Win&Mac対応!

軽快かつ高性能で美麗なレンダリングが可能な無料ボクセルモデリングソフト「MagicaVoxel」の次期バージョン「MagicaVoxel 0.99.2」が公開!気になる機能が多数追加されるようです。掲載出来てなかった「MagicaVoxel 0.99.1」も合わせて紹介!Windows&Mac対応!


プロモーション


MagicaVoxel 0.99.2 preview

バージョン 0.99.2 – 2018年9月28日公開
  • 新インターフェイス
    • インタフェースの再設計
    • スライダビュー:マウスホイール、またはスクロールバーまたはパネルをドラッグしてパネルをスクロールします。 パネルのサイズを変更することもできます
    • SDFフォントレンダリング
    • CTRL +ホイールまたはCTRL +/-を押してUIのサイズを調整する
    • シーングラフを表示するための基本オブジェクトリスト
  • レンダラー
    • Large Sparse Volume [Sample-> SV]:レンダリング量が2048x2048x1024に増加します。 しかし、固体ボクセルの総数にはまだ限界があります。
    • ボクセルシェイプ:以前サポートされていたシェイプを持つ新しいクレイシェイプ(レゴ、マーチングキューブなど)
    • 世界規模:長方形のボクセル
    • ピクセル照明:Sample-> PX
    • 空に太陽のディスクを表示することができます。 オゾンの減衰を加えた
    • 直交ビューのバグを修正
  • パレット
    • CTRL +ドラッグ:スワップ(移動)色
    • CTRL + SHIFT +ドラッグ:色の複製
    • cmd pal sort [+ -hsvrgb]:パレットの色を並べ替える(例:pal sort vsh)
  • Voxel Shader
    • config.txtにxs_shaderを追加する
    • サブフォルダシェーダを実行できます:xs sub / poly

これは楽しみですねぇ

今週末Win用のテスト版が出るとか?無事リリースされました。

ちなみに3D人で最後に紹介したのがバージョン0.98なので、0.99にアップデートされた際の内容は紹介出来ておりませんでした。

0.99からは大規模なシーンを取り扱う事が可能になってますよ!

MagicaVoxel 0.99 Preview
バージョン 0.99.1 – 2018年3月12日公開
  • レンダラー(非表示のメニュー)
    • 大気散乱スカイドーム:レイリー/ミー散乱
    • Bladed Bokeu:奥行きの広い
    • ストレッチブルームフィルタ
    • グリッド:間隔、幅、色を変更できます
    • 視野(FOV):範囲を1〜360に変更
    • いくつかのバグを修正しました。 ブルームダークポイント
    • より多くのオプションがファイルに保存され、フォーマットも変更されます
  • エディター
    • エディタでのオブジェクトの整列
    • 新しいオブジェクトが最後のモデルサイズを使用しています
    • ユニコードパスによるファイルのインポートを修正しました。
    • デフォルトのエクスポートおよびスナップショットフォルダをconfigに追加する
バージョン 0.99 – 2017年11月27日公開
  • ワールドエディタ
    • 複数のオブジェクトをサポートする
    • より大きいシーンエリア:(-1024、+ 1024)
    • グループオブジェクト
    • 参照オブジェクト/グループ:参照の1つを変更すると、他の参照/オブジェクトに影響します
    • オブジェクトの変形:回転、反転、移動
    • 長方形選択:選択範囲を追加するにはSHIFT、選択範囲を削除するにはAlt + Shiftを押します。
    • 移動用ギズモによる自由な移動:Shift +移動して参照コピーを取得する
    • ユニオン結合オブジェクト
    • ワールドエディタとモデルエディタの間でオブジェクトをコピー/ペーストする
    • オブジェクトを隠す
    • 描画と組み合わせのためにオブジェクトの順序を変更する
    • レイヤー:同じレイヤータグを持つオブジェクトを非表示にする
    • モデルエディタとワールドエディタを切り替えるホットキーTAB
    • グループに入る/離れるホットキーTAB /シフト+タブ
  • レンダラー
    • パフォーマンスの最適化
    • 大容量サポート:512x512x512,1024x512x256または1024x1024x128
    • CTRL + C / VまたはMatter-> C / Pを使用してマテリアルをコピー/ペーストできます。
    • レンダリング設定はファイルに保存されます:照明、レンズ、グラウンド/エッジの色など
    • ブルーミング効果は自動的に計算され、一時停止することもできます
    • 一定の色の背景を表示することができます:View – >Back
  • ビューキューブ
    • スムーズなカメラ遷移
    • キューブのフェイス/エッジ/頂点をクリックして、26の標準ビュー角度(90/45)に設定します。
    • ビューキューブを左にドラッグしてビューを回転させる
    • ホットキー4を押すとビューが再表示されます。 ホットキー5を使用して、6つの顔面図(前面、背面など)の1つを表示します。
    • Z +左にドラッグしてズーム表示
    • X +左にドラッグしてビューを回転させる
    • スペース+ビューを移動するために左ドラッグ
    • セーブ/ロードビューの7/8
  • エディタ
    • 25ステップごとにキャッシュ/フォルダに自動保存されます
  • UI
    • 高DPI画面のUIスケーリング:コンソールにui scale 1.5を入力するか、config.txtでui_scaleを変更する
    • パネルはスケーラブルです(いくつかのUI要素は隠れています)
    • パレット:画面から色を選択:ALT +左ドラッグ
    • CPU使用率を低くする:必要なときに再描画する
  • 現在の制限:将来のバージョンで改善される予定
    • 安定性の改善
    • エクスポート:単一のモデルのみをエクスポートでき、オフセットと名前を持つモデルをエクスポートできない
    • レンダリング:ボクセルシェイプはありません
    • アニメーション:フレームベースのアニメーションなし

0.99.1になってから凄い規模の作品が増えた気がします。

その他気になるボクセル作品適当貼り付け

https://twitter.com/ultek85/status/1044992260021137408

私も…突発コーネルボックス

MagicaVoxel

  • 対応OS:WinXp, Win7, Win8, MacOS 10.7+
  • 書き出し可能フォーマット:vox(デフォルト保存フォーマット),obj,3ds,ply,xraw,slab,qb,tga,act,2d

2018年9月29日現在、0.99.1がダウンロード可能です。
さぁ皆もハッシュタグ#magicavoxelを付けてどんどん作品を投稿しよう!

関連リンク

MagicaVoxel ←公式サイト


PR


関連記事

  1. Marvelous Designer License Changes - 3D衣装モデル作成ソフト「マーベラスデザイナー」次期バージョンでから永久ライセンスの販売停止!サブスクのみに!

    2020-07-10

  2. Substance Painter 2.2 - UnityやUE4との連携強化!新マテリアルレイヤー機能!allegorithmicの3Dペイントソフトウェア最新バージョン!

    2016-07-22

  3. Substance Painter 発表! - パーティクルを使った新感覚ブラシを搭載した非破壊3Dペイントアプリケーション!これは革命だ!

    2013-12-05

  4. LEd 0.2 beta - モダンで軽量なオープンソースの2Dレベルエディター!ベータ版が公開中!

    2020-09-28

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!




おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR

オンライン説明会

Flying Ship Studio


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する

アーカイブ

カテゴリ




相互リンク

インディーズゲームを発掘するならここ

おすすめ記事

ページ上部へ戻る