Marbling Maker Material v2.0 - Substance...

以前紹介した、”村落”のSubstance Designerマテリアル等でもお馴染み、Emrecan Cubukcu氏が今度はマーブル模様を生成する為のマテリアル「Marbling Maker Material」作成し、販売しております。

  • 5
  • 0
  • 0
続きを読む

Troll - Goodbye Kansas&Deep Forest Films...

Goodbye KansasとDeep Forest Filmsからのリアルタイムショートフィルム「Troll」が公開!Unreal Engine 4.22とリアルタイムレイトレーシング機能を活用しています。

  • 2
  • 0
  • 0
続きを読む

Chaos Tech Demo GDC 2019 - アンリアルエンジン4.23...

「Chaos」というアンリアルエンジン向け新物理/破壊シミュレーションエンジンのテクノロジーデモが先日行われた「State of Unreal」にて公開されました。Unreal Engine 4.23にて早期アクセス状態となるそうです。

  • 10
  • 0
  • 0
続きを読む

Quake II RTX GTC 2019 Demo Walkthrough -...

1997年に発売されたid Softwareの名作FPS「Quake 2(クエイクツー)」をリアルタイムレイトレーシングに対応させた「Quake II RTX」の最新デモ映像です。

  • 9
  • 7
  • 1
続きを読む

Unity 2019 Megacity - Unityで何百万ものオブジェクトを...

以前紹介したUnityのデモ「Megacity」がGDC 2019に合わせてリリースされました!何百万ものオブジェクトを効率的に描画!

  • 30
  • 37
  • 0
続きを読む

ズレない バレない 動画合成 マッチムーブ実践テクニック - ILMで活躍中のマッチムーバーによるテクニック本の日本語翻訳版がボーンデジタルから登場!

ズレない バレない 動画合成-マッチムーブ実践テクニック-

洋書「Matchmoving: The Invisible Art of Camera Tracking」の日本語版
「ズレない バレない 動画合成 マッチムーブ実践テクニック」ボーンデジタルから登場!


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


マッチムーブの専門書ってあまり見かけないですよね、そもそも無かったか。
ボーンデジタルさんは最近こういった専門書をどんどん日本語化していて素敵です!

  • 大型本: 400ページ
  • 出版社: ボーンデジタル
  • 言語 日本語
  • 発売日: 2013/9/30

予約/購入はAmazonからどうぞ

内容紹介
「実写とCGの動きの合成って、どうやってるの?」
その答えは、マッチムーブにあります!

●3DCGで作った駅のホームに実写で撮影した人物を合成したい
●実写の映像の中に、3DCGで作ったUFOを合成したい
●撮影した鳥の動きを3DCGで再現したい

これらの動画合成に必要なのがマッチムーブです。

マッチムーブとは、個別に作成または撮影した素材を組み合わせる(マッチさせる)処理のことです。
不自然な結果を避けるために欠かせない合成技術は、インビジブル・アート(見えない技術)と呼べます。
本書では、映画業界でマッチムーバーとして活躍する著者が、マッチムーブの仕組みと実践テクニックを解説します。

ビジュアルエフェクトで名高いインダストリアル・ライト&マジック(Industrial Light & Magic)で多数の映画制作にたずさわってきたティム・ドバートが、カメラ、トラッキング、3Dキャリブレーション、S3D(ステレオスコピック3D)など、合成を行ううえで役立つ知識とテクニックを紹介します。また、マッチムーブソフトウェアを使ったチュートリアルと付属のサンプルデータで、マッチムーブを具体的に理解していきます。

・CGキャラクターやオブジェクトを実写プレートに合わせる
・2Dトラッキングとすべてのトラックを無駄なく活用する方法
・3Dキャリブレーション:画像内のさまざまなフィーチャの3D 位置を算出する
・カメラとレンズの仕組み
・オブジェクトトラッキングのプロセスとチュートリアル
・3D映画/ステレオムービーとマッチムーブ

著者:ティム・ドバート(Tim Dobbert)
ティム・ドバートは、ILMでリードレイアウトとして活躍するマッチムーバーです。
業界では10年以上のキャリアがあり、マッチムーバーやデジタルアーティストとして、『アバター』『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』など、これまで25本以上の映画作品に携わってきました。
その他、世界中の大学で、マッチムーブとイメージベースのコンテンツクリエーション(image-based content creation)の講義を行っています。

本書は、Matchmoving: The Invisible Art of Camera Tracking(Sybex刊)の日本語版です。

【目次】
Chapter 1 マッチムーブの基礎
「そもそもマッチムーブとは?」

Chapter 2 マッチムーブソフトウェア
マッチムーブプログラムの仕組み/写真測量

Chapter 3 2D トラッキング
2Dトラッキングのヒントとチュートリアル

Chapter 4 3D キャリブレーション
カメラをキャリブレートする/カメラの動きを特定する

Chapter 5 自動トラッキング
boujouでのチュートリアル/編集/マスクの使用

Chapter 6 カメラ
レンズ/フィルムバック/フォーマット/歪み

Chapter 7 セットフィッティング
マッチムーブされたカメラをセットに配置する

Chapter 8 撮影現場にて
撮影現場でのマッチムーバーの仕事と持ち物

Chapter 9 マッチアニメーション
基本テクニックとチュートリアル

Chapter 10 トラブルシューティングと上級テクニック
チェックリスト/問題の診断方法/上級ツールとトリック

Chapter 11 オブジェクトトラッキング
プロセスとチュートリアル

Chapter 12 多用途なマッチムーブデータ
ペインティング、コンポジティング、ライティングへの利用

Chapter 13 ステレオ
ステレオスコピックとは/ステレオムービーの注意点

おなじみの洋書も紹介
Kindle版もありますね。

関連記事

  1. VES ビジュアルエフェクト ハンドブック 下巻 -...

    2013-05-13

  2. CGWORLD 2015年11月号 vol.207 ...

    2015-10-06

  3. [digital] ライティング& レンダリング 第...

    2014-03-03

  4. 3DCG×3Dプリンタ デジタル造形 2016 CG...

    2016-06-08

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

Google Translate

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR

キャリア相談会

Flying Ship Studio







Categories

アーカイブ

スポンサー

おすすめ記事