Quake II RTX GTC 2019 Demo Walkthrough -...

1997年に発売されたid Softwareの名作FPS「Quake 2(クエイクツー)」をリアルタイムレイトレーシングに対応させた「Quake II RTX」の最新デモ映像です。

  • 4
  • 3
  • 1
続きを読む

Unity 2019 Megacity - Unityで何百万ものオブジェクトを...

以前紹介したUnityのデモ「Megacity」がGDC 2019に合わせてリリースされました!何百万ものオブジェクトを効率的に描画!

  • 22
  • 27
  • 0
続きを読む

Rebirth - Quixel MEGASCANSとUE4&Houdiniを活...

Quixelが、物理ベースのスキャン素材ライブラリ「MEGASCANS」と「Unreal Engine 4」そして「Houdini」を使い作成したシネマティックショートクリップ「Rebirth」を公開!

  • 8
  • 11
  • 0
続きを読む

eyeMoji - 深度カメラ付きiOSデバイスでアイトラッキング出来るアプリ!...

Transfolioの眼球3Dスキャン技術で作成されたリアルな眼球を使った、iOSデバイス用のアイトラッキングアプリ「eyeMoji」が近日リリース予定です!

  • 10
  • 26
  • 0
続きを読む

Derelict - 高校生が作ったVFXショートムービー!VFXブレイクダウン...

高校生のMIZUNO CABBAGE氏制作!VFXショートムービー「Derelict」が公開!

  • 36
  • 38
  • 1
続きを読む

Procedural Board game Map Generator - へクスグリッドの地形を生成可能なSubstanceファイル!無料公開!

テクスチャアーティストSimon Tartar氏によるへクスグリッドの地形を生成出来るSubstanceファイル(SBSAR)「Procedural Board game Map Generator」がGumroad上で公開。0円以上の価格を入力する事でダウンロード出来ます。


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


Procedural board game map generator – substance designer

こういう地形を作ったゲームを作ってみたいですねぇ。

早速試してみました

3D人島へようこそ!

SBSARファイルなので、Substance製品を持っていない方は、
無料で使えるSubstance Playerを使用する事でマップ生成が出来ますよ!

是非ダウンロードして試してみてください!

関連リンク

Procedural Board game Map Generator – Sbsar and Preset | Gumroad
ArtStation – Simon Tartar

関連記事

  1. Metal Johnny - 3Dキャラクターアーテ...

    2015-03-13

  2. ImagineGirls 3人娘3Dモデル配布中! ...

    2016-09-30

  3. ACEScg LUT for Painter - U...

    2018-08-20

  4. Blender Chan! - SearKitche...

    2017-03-29

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

Google Translate

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR

キャリア相談会

Flying Ship Studio







Categories

アーカイブ

スポンサー

おすすめ記事