Mecha Transformation Animation Mastercla...

数多くの映画を手掛けた、MPCのアニメーション・スーパーバイザーYu bin氏による、トランスフォーマー風アニメーション制作マスタークラス「Mecha Transformation Animation Masterclass」がCG&デジタルアート学習オンラインプラットフォーム「WINGFOX」にて取り扱い開始されています。

続きを読む

vellum for blender - BlenderのGeometry No...

Aaws Oday氏がBlenderのGeometry Nodes上でVellumを構築して.belndファイルとして無償公開されています。

続きを読む

Deep Fourier-based Arbitrary-scale Super...

中国、南京大学の研究者らによる、リアルタイムレンダリング向けの任意のスケールに対応した超解像技術「Deep Fourier-based Arbitrary-scale Super-resolution for Real-time Rendering」の論文が公開されています。

続きを読む

UE5インク中国風シーン「蜀地」 短編映画クイック制作チュートリアル - Unr...

芝士雪豹氏による、Unreal Engine 5を使用したインク表現シーン制作チュートリアル「UE5インク中国風シーン「蜀地」 短編映画クイック制作チュートリアル」がCG&デジタルアート学習オンラインプラットフォーム「WINGFOX」にて取り扱い開始されています。

続きを読む

CWF: Consolidating Weak Features in High...

中国の大学研究者らによる、新たなアプローチのリメッシュ技術「CWF: Consolidating Weak Features in High Quality Mesh Simplification」がSIGGRAPH 2024に向けて公開されています。Blenderアドオンもあるよ!

続きを読む

Maya 2024 | 製品概要と購入 | Autodesk 公式

SDM-UniPS - 多方向からのライティングを行った複数枚写真から、カラー、ノーマルマップ、ラフネス、メタリックなどの質感表現に必要なテクスチャを構築する技術!CVPR2023論文!

この記事は約1分44秒で読めます

国立情報学研究所(NII)のコンテンツ科学研究系 助教、池畑 諭氏による「SDM-UniPS(Scalable, Detailed, and Mask-Free Universal Photometric Stereo)」が公開されています。CVPR(Computer Vision and Pattern Recognition)2023論文です。


プロモーション

求人情報検索 | CG・映像の専門情報サイト | CGWORLD.jp


SDM-UniPS(Scalable, Detailed, and Mask-Free Universal Photometric Stereo)

SDM-UniPSは、スケーラブル、マスクフリー、ユニバーサルフォトメトリックステレオネットワークです。この方法は、制御されていない環境で、未知の、空間的に変化する照明条件下で撮影された画像であっても、3Dスキャナーの品質に匹敵する、驚くほど複雑な表面法線マップを復元することができる。付録で示すように、法線マップ推定のためのモデルだけでなく、BRDFパラメータ(ベースカラー、粗さ、メタリック)のモデルも提供する。さらに、法線パラメータとBRDFパラメータの両方を使用して、新しい指向性光源の下でレンダリングされたフレームからビデオを作成するためのコードを提供します。

ユニバーサルフォトメトリックステレオ(UniPS)とは?特定の物理的な照明モデルを想定しているため、使い勝手が制限されている既存のキャリブレーション済みおよびキャリブレーションなしのフォトメトリック・ステレオ・タスクとは異なり、ユニバーサル・フォトメトリック・ステレオの解法アルゴリズムは、特定のモデルを想定することなく、任意の照明バリエーションの下で多様な形状や材質のオブジェクトに対して動作するように設計されています。

このプロジェクトは非商用条項付きMITライセンスのもとでライセンスされています。つまり、ソフトウェアの使用、複製、変更、配布は自由ですが、商用目的での使用は禁止されています。
著作権 (c) [2023] [池畑 諭(Satoshi Ikehata)].

複数方向から撮影

Normal, Color, Roughness, Metallicを生成
合成結果

昔xNormalなどで法線マップを作製するときに、各方向からのライティング素材を使ったのを思い出しました。
メタリックの結果はちょっと疑問がありますが、出来上がるテクスチャ品質がxNormalの物とはもう雲泥の差ですね。
コードはGithub似て公開中!是非チェックしてみてください!

リンク

Screenshot of github.com

Blender上で使いたい方。早速アドオン化されていますよ。
こちらの記事もチェックしてみてね


プロモーション


コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/VR/GAME/AIなどのCGに関連する個人的に気になる情報をほぼ毎日紹介!XやYoutubeなども是非フォローよろしくお願いします!

※当サイトの一部記事にはアフィリエイトが含まれております。

アーカイブ

カテゴリ

おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR


PR

DAIKIN x Autodesk |CG Channel Week 2024

採用 | 3DCGアーティスト&テクニカルアーティスト大募集 | 株式会社Cygames

   
USD
3D人のLINEアカウントを作りました!
友だち追加


follow us in feedly

RSSリーダーで購読する


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助!
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!




おすすめ商品Pickup

おすすめ記事

ページ上部へ戻る