紙粘土フィギュアとフォトグラメトリーで作る3Dキャラクター - Meshroom...

株式会社クレイポストの滝田 東(たきた あずま)氏による「紙粘土フィギュアとフォトグラメトリーで作る3Dキャラクター」がKindle電子書籍としてリリースされました!無料ソフトを駆使してアナログ造形物から3D可動フィギュアを構築するフローを細かく解説しております。

続きを読む

SIGGRAPH 2024 Technical Papers Trailer -...

世界最大のコンピュータグラフィックスイベント「SIGGRAPH(シーグラフ、Special Interest Group on Computer GRAPHics)2024」の技術論文紹介トレーラーが公開されていました。

続きを読む

Real-Time Hair Rendering with Hair Meshe...

ユタ大学のCem Yuksel 教授らによる、リアルタイムレンダリングの為の高速軽量なヘアーメッシュ描画技術「Real-Time Hair Rendering with Hair Meshes」の論文が公開されています!

続きを読む

Mecha Transformation Animation Mastercla...

数多くの映画を手掛けた、MPCのアニメーション・スーパーバイザーYu bin氏による、トランスフォーマー風アニメーション制作マスタークラス「Mecha Transformation Animation Masterclass」がCG&デジタルアート学習オンラインプラットフォーム「WINGFOX」にて取り扱い開始されています。

続きを読む

vellum for blender - BlenderのGeometry No...

Aaws Oday氏がBlenderのGeometry Nodes上でVellumを構築して.belndファイルとして無償公開されています。

続きを読む

Maya 2024 | 製品概要と購入 | Autodesk 公式

MeshAnything: Artist-Created Mesh Generation with Autoregressive Transformers - アーティストが手でモデリングしたかのように3Dメッシュを再構築してくれる技術が登場!

この記事は約2分28秒で読めます

南洋理工大学Sラボ、2海AIラボ、復旦大学、北京大学、中国科学院大学、センスタイムリサーチ、ステップファン、ウェストレイク大学らによる、新しいリメッシュ技術が登場!!「MeshAnything: Artist-Created Mesh Generation with Autoregressive Transformers」アーティストが手でモデリングしたかのように3Dメッシュを再構築してくれるらしいです!


プロモーション

求人情報検索 | CG・映像の専門情報サイト | CGWORLD.jp


MeshAnything: Artist-Created Mesh Generation with Autoregressive Transformers

MeshAnythingは、あらゆる3D表現からメッシュを抽出する際に、人間のアーティストを模倣します。MeshAnythingは、3D再構築や生成などの様々な3Dアセット制作パイプラインと組み合わせることができ、その結果を3D業界でシームレスに適用できるアーティスト作成メッシュに変換します。

MeshAnythingは、数百分の1の面数でメッシュを生成し、ストレージ、レンダリング、シミュレーションの効率を大幅に改善すると同時に、従来の方法に匹敵する精度を実現します。

近年、再構築と生成によって作成された3Dアセットは、手作業で作成されたアセットの品質に匹敵するようになり、その代替の可能性が強調されています。しかし、これらのアセットは常に3D産業用途のメッシュに変換する必要があり、現在のメッシュ抽出手法によって生成されるメッシュは、Artist-Created Meshes(AM)、すなわち人間のアーティストによって作成されたメッシュに大きく劣るため、この可能性はほとんど実現されていません。具体的には、現在のメッシュ抽出方法は、高密度の面に依存し、幾何学的特徴を無視しているため、非効率、複雑な後処理、表現品質の低下につながっています。これらの問題に対処するため、メッシュ抽出を生成問題として扱い、指定された形状に沿ったAMを生成するモデル、MeshAnythingを紹介します。あらゆる3D表現の3DアセットをAMに変換することで、MeshAnythingは様々な3Dアセット制作手法と統合することができ、3D業界全体への応用を強化します。MeshAnythingのアーキテクチャは、VQ-VAEと形状条件付きデコーダのみの変換器から構成されています。まず、VQ-VAEを使用してメッシュ語彙を学習し、次に、形状条件付き自己回帰メッシュ生成のために、この語彙に基づいて形状条件付きデコーダのみの変換器を訓練する。我々の広範な実験によれば、本手法は数百分の1の面数でAMを生成し、ストレージ、レンダリング、シミュレーションの効率を大幅に改善する一方、従来の手法に匹敵する精度を達成する。

こりゃやべえな・・・。フォトグラメトリーメッシュ、スキャンした点群データ、AI生成系モデルが一気に実用的になる気がする。「MeshAnything」はGithubにてコードは公開済み。そしてブラウザ上で試せるデモページも用意されています。

Hugging Faceのデモページに記載されている注意書きをよく読んでね。
・入力メッシュは単位バウンディングボックスに正規化される。
・入力メッシュのアップベクトルは、より良い結果を得るために+Yにする必要がある。
・入力メッシュが手動で作成されたメッシュの場合は、Preprocess with Marching Cubesにチェック
MeshAnythingは800面未満のメッシュでトレーニングされ、800面以上のメッシュを生成することはできません。
とのこと

試したけどどうかな?未来を感じる?ポリゴンもう少し使えるようになるといいですね・・
詳細などはプロジェクトページをチェックしてみてください!

リンク

Screenshot of buaacyw.github.io
Screenshot of github.com
Screenshot of huggingface.co

プロモーション


関連記事

  1. Mudbox Sneak Peek - ストローク情報からローメッシュを自動生成するオートリトポ機能!Mudbox2014スニークピーク映像!

    2013-03-08

  2. Maya Sneak Peek: Modeling Tools - リトポロジーツールが遂にきた!Mayaの新スニークピーク映像!

    2013-03-07

  3. CWF: Consolidating Weak Features in High Quality Mesh Simplification - 元の形状に忠実かつ均等なポリゴンでリメッシュ可能な技術!SIGGRAPH 2024論文!Blender用アドオンも公開!

    2024-07-18

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/VR/GAME/AIなどのCGに関連する個人的に気になる情報をほぼ毎日紹介!XやYoutubeなども是非フォローよろしくお願いします!

※当サイトの一部記事にはアフィリエイトが含まれております。

アーカイブ

カテゴリ

おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR


PR

DAIKIN x Autodesk |CG Channel Week 2024

採用 | 3DCGアーティスト&テクニカルアーティスト大募集 | 株式会社Cygames

   
USD
3D人のLINEアカウントを作りました!
友だち追加


follow us in feedly

RSSリーダーで購読する


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助!
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!




おすすめ商品Pickup

おすすめ記事

ページ上部へ戻る