Autodesk製品価格改定!新規マルチユーザーサブスクリプションに対し2020...

Autodesk製品、2020年2月から新規のマルチユーザーサブスクリプションが値上げされます。

  • 25
  • 3
  • 0
続きを読む

Layer Factory - Photoshopでのイラスト制作を便利にするツ...

数多くのPhotoshop向けツールを開発しているSergey Kritskiy氏から『Layer Factory』というツールがリリースされました!レイヤーの作成、変更、および作業に関連するさまざまなタスクを強化および高速化するように設計されています。

  • 17
  • 1
  • 1
続きを読む

Mandelbulber 2.20.0 - 3次元フラクタル形状を生成&レンダリ...

フラクタルな3D形状を生成やレンダリングが可能なオープンソース&無料ソフト『Mandelbulber』!昨年12月に、バージョン2.20がリリースされていました。

  • 39
  • 13
  • 2
続きを読む

Kyoto Alley - 背景アーティスト中村 基典氏による情緒溢れる「京都」...

3D背景アーティスト 中村 基典 氏による「京都」のUnreal Engine 4アセット!UE4 マーケットプレイスにて販売開始!

  • 72
  • 4
  • 1
続きを読む

Bforartists 2 Alpha 0.8.0 - アーティスト向けに使いや...

アーティスト向けに直感的かつ使いやすくカスタムされたとされるBlenderのフォーク「Bforartists」のご紹介!Blender 2.82 Alphaベースとなる「Bforartists 2 Alpha 0.8.0」のMac版がリリースされました。(Windows版はリリース済み。

  • 18
  • 25
  • 0
続きを読む

しっかり身に付く ZBrushの一番わかりやすい本 - デジタル原型師 3DCGモデラー"まーてい"氏によるZBrush本!遂に出るぞ!

Substance Painter入門」でもお馴染みデジタル原型師/3DCGモデラー”まーてい”氏による書籍第二弾!「しっかり身に付く ZBrushの一番わかりやすい本」が2018年10月20日に発売されます!


PR

Mayaで始めるゲーム用ローポリキャラモデル


まーていさんの本だし、間違いないでしょ~(^O^)。ちなみにキャラクターデザインはラリアット氏だそうです。

しっかり身に付く ZBrushの一番わかりやすい本
しっかり身に付く ZBrushの一番わかりやすい本

  • 単行本(ソフトカバー): 464ページ
  • 出版社: 技術評論社 (2018/10/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4297100118
  • ISBN-13: 978-4297100117
  • 発売日: 2018/10/20

内容紹介

ZBrushの基本からモデリング実践まで!
ZBrushによるモデリングを解説した、初めての人にも安心の解説書です。

本の前半では、ZBrushの各種機能の使い方を丁寧に解説します。
後半では、題材としてフィギュア原型作りを取り上げ、ZBrushを使って実際にモデリングしていきます。
各機能を実際にどう使うのかはもちろん、モデリングのポイントや注意点などまで説明していますので、基本がしっかりと身に付きます。

最新のZBrush 2018に対応し、ZBrush 4R8および2018の新機能についても解説します。

出版社からのコメント

ZBrushによるモデリングを解説した、初めての人にも安心の解説書です。
本の前半では、ZBrushの各種機能の使い方を丁寧に解説します。
後半では、題材としてフィギュア原型作りを取り上げ、ZBrushを使って実際にモデリングしていきます。
最新のZBrush 2018に対応します。

目次
  • 第1章 ZBrushの基礎知識
    • ZBrushの成り立ちと特徴
    • 3Dデータの基礎
    • ZBrushの作業空間
    • 2.5Dモードと3Dモード
    • 分野別ワークフロー
  • 第2章 ZBrushの基本操作
    • ZBrushの起動
    • ZPRファイルとZTLファイル
    • 基本的なUI
    • キャンバス上での操作
    • UIのカスタマイズ
  • 第3章 ブラシとマテリアル
    • 基本的なブラシの使い方,ブラシの種類
    • マテリアル
  • 第4章 サブツール・ポリグループ・ポリペイント
    • サブツール
    • ポリグループ
    • ポリペイント
  • 第5章 アクションラインとGizm
    • Transposeとアクションライン
    • Gizmo 3D
  • 第6章 メッシュ作成とリトポロジー
    • マルチレゾリューションメッシュエディティングとカトマルクラーク法
    • ZSphere
    • DynaMesh
    • DynaMeshブーリアンとLive Boolean
    • ZRemesher
  • 第7章 作成するキャラクターと作業工程について
    • デザインまでの工程とキャラクターについて
    • 作例モデル作業工程の見立て
    • 第8章 ZSphereとDynaMeshを使った素体の雛形作成
    • ZSphereを使った素体の雛形作成
    • DynaMeshを使った素体の整形
  • 第9章 素体のさらなる作り込み
    • 顔のベースの作成
    • ZSphereを使った髪の作成
    • 素体の作り込み
    • ProjectAll
  • 第10章 武器・ポーチ・ベルト・靴の作成
    • ZModelerブラシの使い方
    • Dynamic Subdivision
    • 武器の作成
    • 鞘・ポーチの作成
    • ベルトの作成
    • 靴の作成
  • 第11章 素体の仕上げ~パーツの配置
    • 素体の仕上げ
    • ZRemesherによる素体のリトポ
    • Transpose・アクションラインの使い方[応用編]
    • ポージング
    • ポーズを付けたことによるねじれ等の解消
    • 顔のポリペイント
    • パーツの配置
  • 第12章 服の作成
    • Extractの使い方
    • Extractを使った服のベースメッシュ作成
  • 第13章 仕上げ
    • スカーフの作成
    • 全体の作り込み
  • 第14章 ZBrush 4R8の新機能
    • Text3D & Vector Shapes
    • マルチアルファとベクターディスプレイスメントメッシュ
  • 第15章 ZBrush 2018の新機能
    • Sculptris Proモード
    • Tessimate
    • PolyGroupIt
    • 新しいデフォーマ
    • カーブモードの新機能
    • 2018での細かな変更点
内容サンプル

しっかり身に付く ZBrushの一番わかりやすい本:書籍案内|技術評論社

お求めはこちらから

しっかり身に付く ZBrushの一番わかりやすい本

参考リンク

まーてい (@ak8gwc)さん | Twitter
ラリアット(@rariatoo)さん | Twitter


PR


関連記事

  1. The Art of ベイマックス - 待望の日本語...

    2015-01-16

  2. BISHAMONゲームエフェクトデザインレシピ - ...

    2015-06-09

  3. へたっぴさんのためのお絵描き入門 なんでお前は絵が描...

    2018-07-05

  4. 現場ですぐに使える! Blender逆引き大全 30...

    2019-11-18

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おすすめ商品Pickup

PR


スポンサー

注目の記事

PR

クリークスタジオ

Flying Ship Studio


Luminous Productions







アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事

ページ上部へ戻る