ここを変えればグッと良くなる背景画の描き方 キャラを生かす背景 - 現場のプロに...

酒井達也氏、かも仮面氏による『ここを変えればグッと良くなる背景画の描き方 キャラを生かす背景』が2020年2月28日に玄光社から発売されます!

  • 41
  • 5
  • 1
続きを読む

はじめてのBlenderアドオン開発 - Blender 2.8対応版がWeb上...

Blenderのアドオン開発等でお馴染み、ぬっち氏が「はじめてのBlenderアドオン開発」のBlender 2.8対応版を公開しました。また、電子書籍版『はじめてのBlenderアドオン開発 v3』もBOOTHから購入可能です。

  • 67
  • 45
  • 0
続きを読む

Blender 2.82 - リリース!UDIM対応、USDエクスポート、新物理...

無料&オープンソースの3DCGソフトウェア「Blender」のバージョン2.82がリリースされました!今回も熱い新機能を多数搭載!

  • 237
  • 5
  • 18
続きを読む

Free Twinmotion Materials collection for...

Epic Gamesは500近くの高品質PBR対応マテリアルの入った「Twinmotion Materials collection 」をUE4マーケットプレイスにて無償公開しました。

  • 69
  • 10
  • 0
続きを読む

Vertex Oven - 高速にAO(アンビエントオクルージョン)を頂点カラー...

Forest Katsch氏によるBlender 2.8x向けアドオン『Vertex Oven』のご紹介。頂点カラーにAO(アンビエントオクルージョン)をサクッとベイクする事が出来ます。

  • 50
  • 20
  • 1
続きを読む

UE4 Architectural Visualisation - Hind House - 注目のゲームエンジン「アンリアルエンジン4」を使ったリアルタイム建築ビジュアライゼーション映像!

Christopher Morris氏制作!
Henry Gossの建築物「Hind house」をUE4でリアルタイム描画したデモ映像


PR

Mayaで始めるゲーム用ローポリキャラモデル


使用ツール:Photoshop 3dmax
※Youtubeの3D立体視表示にも対応しています!

ちょっと暗いかな?という気もしましたが良い感じですね!
建築系のデモは国内外問わず徐々にリアルタイム系に移行してきています。
その手のツール(LUMION,Twinmotion)よりもゲーム系(UnrealEngine,CryEngine,Unity)が今は熱いですよ!
レンダリングコストや、ウォークスループレゼンテーションの事を考えるとこの流れは必然的ですかね!

>エピックゲームズさん
僕達私達がお家でUE4を触れる日はいつなのでしょうか(^w^)

Christopher Morris – Online Portfolio

Screenshot of chrisjm.co.uk

ベースとなった建物物のサイトはこちら
Henry Goss’ Hind house

Screenshot of www.henrygossarchitects.com

PR


関連記事

  1. Unity 5 Archviz - The Loft...

    2015-10-13

  2. Fractalicious 5 - 吸い込まれそうな...

    2017-01-05

  3. Mountain Lodge - CryEngine...

    2014-12-23

  4. WIP Goblin King - Marmoset...

    2013-06-03

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おすすめ商品Pickup

PR


スポンサー

注目の記事

PR

ポートフォリオイベント

Flying Ship Studio


Luminous Productions







アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事

ページ上部へ戻る