AnimationCafe

Anime Fighter Template 1.0 - アニメタッチな2D格闘...

Somndus Studioによる2D格闘ゲーム開発用UE4テンプレートプロジェクト「Anime Fighter Template 1.0」がリリースされました。

  • 0
  • 0
  • 0
続きを読む

WiNDUP - 数多くの映画祭へノミネートされたUnity採用ショートフィルム...

昔ちょろっと紹介した事のある、Unityで制作されたショートフィルム「Windup」の本編映像が公開されています。数多くの映画祭へのノミネートを果たしている作品です!

  • 30
  • 1
  • 0
続きを読む

90's Demake Game Videos - 90年代風にデメイクされた3...

リメイクの逆、デメイク(De-Make)されたゲームのネタ系動画を集めてみました。

  • 102
  • 1
  • 2
続きを読む

Slice Skeletal Mesh Now - スケルタルメッシュをスライス...

GRIMSK(Sungkwang Choi氏)によるスケルタルメッシュをスライス出来る機構を備えたUE4アセット「Slice Skeletal Mesh Now」のご紹介。

  • 163
  • 5
  • 0
続きを読む

CG制作演習 - 床井浩平氏が初心者向けにBlenderの使い方をまとめた PD...

CG系プログラマ床井浩平氏(@tokoik)が演習向けに作成したとされるBlenderの使い方を解説したPDFデータ(1,419ページ・288MB)を無償公開しています。

  • 1373
  • 79
  • 927
続きを読む

Autodesk® Maya® Indie、Autodesk® 3ds Max® Indie | AREA JAPAN | Autodesk

Unityではじめる機械学習・強化学習 Unity ML-Agents実践ゲームプログラミング - という気になる本が出るぞ!

ディープラーニング(深層学習)やってみたいけどちょっと敷居が…って人に最適な本が出るみたい。「Unityではじめる機械学習・強化学習 Unity ML-Agents実践ゲームプログラミング」


プロモーション

カプコンイベント


Unityはじめる機械学習・強化学習 Unity ML-Agents実践ゲームプログラミング
Unityではじめる機械学習・強化学習 Unity ML-Agents実践ゲームプログラミング

  • 書籍名:Unityではじめる機械学習・強化学習 Unity ML-Agents実践ゲームプログラミング
  • 刊行予定日:8月初旬予定
  • 著者:布留川 英一
  • 定価:3,200円+税
  • ISBN:978-4-86246-418-7
  • サイズ:B5変形版(182 × 235 mm)
  • ページ数:312ページ
  • 発行:株式会社ボーンデジタル
本書の特徴

ディープラーニング(深層学習)でキャラクターを強くする!
Unity界でいま最もホットな話題「Unity ML-Agents」をステップ・バイ・ステップで学べる1冊!

ゲーム制作で、機械学習・強化学習を活用するための最初の一歩!

「Unity ML-Agents」(Unity Machine Learning Agents)は、Unityで「機械学習」の学習環境を構築するためのフレームワークです。これにより、キャラクターの動きをコーディングすることなく、強化学習を行わせることで、キャラクターの動作の最適化を行うことができます。

本書は、はじめて「機械学習」にチャレンジする方から学んでいただけるように、機械学習の仕組みや学習方法などの基礎から、サンプルプログラムを使った実践まで、ていねいに解説しました。また、クラウド学習などの応用事例やTIPSも多数掲載し、ゲーム開発の現場ですぐに活用できます。

●「強化学習」「模倣学習」「カリキュラム学習」の仕組みと「Unity ML-Agents」の基礎、そして多くのゲームに応用できる学習シナリオを理解できます。

● サンプルゲームを使った学習環境の構築と推論モデルの実行方法をステップ・バイ・ステップで解説しています。学習環境には、「Python」とGoogleの「TensorFlow」を利用しますが、「Unity ML-Agents」ではPythonの知識は必要ありません。

● Unity ML-Agentsの付属するサンプルは、バリエーションが豊富で、自作ゲームの学習環境を構築する際にも、たいへん参考になります。これらの付属サンプルの詳細を解説しています。

● オリジナルのゲームを1から作成し、Unity ML-Agentsの主要オブジェクト「Agent」「Brain」「Academy」のコーディングと最適な「報酬」(Reward)の与え方を学べます。

● Unity ML-Agentsでは、AWS(Amazon Web Services)を利用した「クラウド学習」も可能です。また「Python API」を使って、ゲームに最適化した学習用スクリプトを作成することもできます。これらの応用例についても紹介します。

本書で解説する主要キーワード

強化学習、模倣学習、カリキュラム学習、Recurrent Neural Network(RNN)
TensorFlow、TensorBoard、Jupyter Notebook、AWSによるクラウド学習、Python APIによる独自の学習用スクリプト

著者について

布留川 英一(ふるかわ ひでかず)
1975年生まれ。群馬県出身。会津大学コンピュータ理工学部コンピュータソフトウェア学科卒。2000年より株式会社ドワンゴにて、携帯アプリの研究開発に携わる。2005年より株式会社UEIにて、スマートフォン、二足歩行ロボット向けのアプリを開発。2013年、ハイパーテキストタブレット端末「enchantMOON」の開発に参加。近年は、人工知能、VR、AR の研究開発に従事。
「Unityゲーム プログラミング・バイブル」(ボーンデジタル/2018年刊)、「Androidプログラミングバイブル」(ソシム/2017年刊)など、プログラミング関連を中心に著書多数。

目次
  • 1章 Unity ML-Agentsの全体像
  • 2章 サンプルの学習環境の実行
  • 3章 はじめての学習環境の作成
  • 4章 サンプルの学習環境の解説
  • 5章 新規ゲームの学習環境の構築
  • 6章 Python APIとクラウド学習
内容サンプル

お求めはこちらから

Unityはじめる機械学習・強化学習 Unity ML-Agents実践ゲームプログラミング


PR


関連記事

  1. はじめてのBlenderアドオン開発 - Blender 2.8対応版がWeb上に無償公開!プラスα要素の入った電子書籍版もBOOTHにて販売中

    2020-02-16

  2. The COLOR of PIXAR <ピクサー>絵作りのための色見本帳 - 色で感情をコントロール!歴代19作品の「カラースクリプト」を解説!待望の日本語版が2019年12月に発売!

    2019-11-12

  3. ミニチュア作りのためのZBrushCore超入門講座 - これで初心者脱却!HOPBOX 福井信明氏によるZBrush Core本第二弾!

    2017-11-20

  4. 中ヒットに導くゲームデザイン アイデアからチームマネジメントまで失敗しないためのプロジェクト設計 - 総ボリューム400ページ超!確実に売れるゲームをつくろう!

    2015-07-08

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!




おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR

オンライン説明会

Flying Ship Studio


株式会社 Khepris Japan ( ケプリス ジャパン ) Top・レンダーファームのレンタル、レンダリングサービス


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する

アーカイブ

カテゴリ




相互リンク

インディーズゲームを発掘するならここ

おすすめ記事

ページ上部へ戻る