Ecrett Music - シーン・ムード・ジャンルを選ぶだけ!コンテンツクリ...

少し前からサービス開始している、AIによるBGM用ループ音楽生成サービス「Ecrett Music」のご紹介!ゲーム・映像などのコンテンツクリエイター向けに展開され、サブスクに入れば商用利用も可能です。

  • 16
  • 1
  • 0
続きを読む

GroomBear 1.0 - Houdini向けヘアー&ファー生成ツール!

3DE Visual Effects CompanyのテクニカルディレクターKamil Wacławiak氏によるHoudiniを使ったヘアー&ファー生成ツール「GroomBear 1.0」がリリースされました。

  • 1
  • 16
  • 0
続きを読む

Quixel Megascans - アセット単価の値下げ!1万を超える高品質ア...

Quixelのフォトリアルアセットライブラリー「Megascans」ですが、アセットの価格が値下げされ、同じサブスクリプションでも過去の6倍のアセットを購入する事が可能になったとか。活用事例動画をみると…ちょっと手を出したくなりますね。

  • 23
  • 25
  • 0
続きを読む

Low Poly Vehicles - 30分でローポリのカーモデルを作成するB...

Blenderチュートリアルなどでもお馴染み CG GeekのYoutubeチャンネルより、30分程でローポリのカーモデリングを行うBlender 2.8チュートリアル動画

  • 57
  • 22
  • 1
続きを読む

GameReadySkelton - ワンクリックでUE4やUnity(VRCh...

M'sLab. なぐらい氏による、ワンクリックでUE4やUnity(VRChat)対応のスケルトンテンプレートを呼び出すことができるBlender 2.8向けアドオン「GameReadySkelton」がBOOTHサイトにて販売開始されました。

  • 84
  • 5
  • 2
続きを読む

3D Coat 4.0.05 BETA リリース! - 3Dプリント用のジョイント作成ツールや新ブラシ等を備えた最新ベータ版がリリース!3Dペイント・スカルプト・リトポロジーソフト

3D Coat V4

3D Coat V4

3D Coat 4.0.05 BETA リリース!


PR

美大生がMayaで描く背景映像の世界 オンデマンド配信



ベータ版は頻繁にアップデートされますが、今回は色々気になる新機能が多かったので記事に取り上げました。

3D Coat 4 – update 4.0.05 (BETA)

Screenshot of 3dcoat.blogspot.jp

3D-Coat 4.0.05 新機能(@yinoiさんのツイートを参考にさせていただきました(というかほぼそのままです・・))

  • 多くのサーフェス(面)ブラシは、二つの追加パラメータが新設されました。法線サンプリング(Normal sampling)と構築(Buildup)です。利便性と予知性の高いスカルプティングを実現します。
  • メジャーな新機能(分割と結合)3Dプリント用の機能です。 http://pilgway.com/f…plitNJoint1.png http://pilgway.com/files/Joints2.png
  • 側貌外型線(Lathe)と軌跡の定義で回転体などのオブジェクトをモデリングできるようにしました http://bit.ly/14Int9B , – http://bit.ly/19Og3YZ
  • ピンチ(摘まむ)系の新概念ツールを紹介します。Angulator(角付け)ツールです。 オブジェクト上をFreezeツールでマスクしておき、Angulatorを適応すると、辺縁に角度をつけて摘み上げます。 http://www.3d-coat.c…s/Angulator.png
  • プリミティブ/モデルの挙動とUIを進化させました。プリミティブないしモデルをシーンに適応する際、ブーリアンされたオブジェクトの断面を配置するか分割を配置するか、などを選択できます。http://www.3d-coat.c…s/SplitPrim.png
  • グリッドへスナップの便利なオプションを装備しました。 http://bit.ly/121Xozk , http://bit.ly/17EjLDW
  • ”Lute”(傷修復)ブラシ http://pilgway.com/files/Lute.png
  • 円筒/球状マッピングは、マスクやマテリアルのために導入された http://bit.ly/165Lats
  • ボクセルルームのツールは右マウスクリックメニューから複製、あるいは非表示ができるようにしました。http://bit.ly/12a9wiS またこのメニュー内容はツールの差し替えやカスタマイズも可能です。
  • 複数オブジェクトを持つPtexシーンをエクスポートする際、オブジェクト毎にptxファイルを出力できるようにしました。 色の着いた反射(Specular)/効果(emmissive)をPtexでエクスポートできるようにしました。
  • いくつかのマンティスに報告された問題が修正されました。

ベータ版の為、使用は自己責任でお願いします。
ダウンロードはこちらから
http://3d-coat.com/forum/index.php?showtopic=14440&page=1


PR


関連記事

  1. Substance Designer 2018.3 ...

    2018-12-06

  2. Unreal Engine 4(アンリアルエンジン4...

    2015-03-03

  3. Substance Tools - 溶接にパネル生成...

    2016-06-21

  4. Autodesk Maya LT 2014 リリース...

    2013-08-29

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おしらせ

LINEアカウント作りました!
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR


スポンサー

注目の記事

PR

セガイベント

Flying Ship Studio







アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事