AnimationCafe

Nodescapes 0.5 Beta - ノードベースの地形生成Blender...

True-VFXによる、Blender向けノードベース地形生成アドオン「Nodescapes」のv0.5ベータがリリースされました。

  • 80
  • 1
  • 1
続きを読む

Dynamic Wrinkles system for Unreal Engin...

Reallusionのツール(CC3&iClone)などで出力された人物モデル向けに、皺の制御システムを追加できるUnreal Engine 4アセット「Dynamic Wrinkles system for Unreal Engine 4」をVadim Karpenko氏がGithub上で無償公開しました。

  • 67
  • 10
  • 1
続きを読む

Deco 01 V2 Review - 6,500円と低価格ながら筆圧8192レ...

XP-Pen社による板型ペンタブレット製品(通称:板タブ)の中で、イラスト入門用として人気のモデル「Deco 01 V2」をご提供いただきましたので、どこまで使えるのか軽~くレビューしていきたいと思います。

  • 47
  • 1
  • 1
続きを読む

Hair Tool for Blender v2.25 - Blender用のヘ...

Bartosz Styperek氏による、Blender用のヘアーモデリングツール「Hair Tool for Blender」のバージョン2.25がリリースされました。

  • 149
  • 4
  • 1
続きを読む

Stylized Shader for Blender - ZenShaders...

ZenShadersがBlender向けスタイライズドシェーダー「Stylized Shader for Blender」を無料公開しました。

  • 61
  • 1
  • 2
続きを読む

Autodesk® Maya® Indie、Autodesk® 3ds Max® Indie | AREA JAPAN | Autodesk

4D Digital Humans - 建築ビジュアライズ、映像、ゲームで活用可能!表情や衣服の動きまで収録した新しいデジタルヒューマンモデル!リリース!

AXYZ designによる、新しいデジタルヒューマン3Dモデル「4D Digital Humans」がリリースされました。


プロモーション

ゲーム転職


New anima® 4D Digital Humans released

4Dデジタルヒューマンとは何ですか?

これは、2つの古典的なタイプのモデルの最高の機能、静的なReady Posedからのリアリズムと、Riggedからのアニメーションを組み合わせて、比類のないリアリズムの新しいカテゴリに全体を高める新しいタイプのモデルです。

それらは、ある期間の実際の生きている人々のパフォーマンスをキャプチャし、それをアニメーション化されたテクスチャを備えたアニメーション化された3Dジオメトリに変換できる最先端のテクノロジーを使用して作成されます。基本的な概念は、静的なReady Posedモデルの作成に使用されたものと同じですが、方程式に時間を追加することでプロセス全体をまったく新しいレベルの複雑さにします。

この新しいキャプチャプロセスは、衣服の細部をすべて保存し、達成不可能なリアリズムを提供する顔のアニメーションを提供することができます。

これはすべて、一定期間にわたる新しい3Dスキャンキャプチャと、AXYZ設計によって開発された新しい後処理テクノロジーの おかげで可能になります。これにより、ロスレス圧縮を適用して 、キャプチャされたデータを約5GBからわずか150〜250MBに削減しながら 保存できます。 ソースのアニメーションメッシュとテクスチャのすべての詳細

各俳優のすべてのアニメーションデータをパッケージ化するために、独自のネイティブanima®4D形式ファイルを作成しました。これにより、他の利用可能な代替手段に比べていくつかの利点が得られます。

ジオメトリの最適化

まず第一に、前述のように、これほど多くの情報をこのような小さなスペースに保存できる代替手段は他にありません。たとえば、私たちのフォーマットでは、100 Mbのアニメーションメッシュを、Alembicなどの別の業界標準フォーマットでは最大400Mbまでしか圧縮できないもので保存できます。つまり、各アクターのサイズ最大4分の1になります。これは、ジオメトリのみです。

テクスチャの最適化

Alembic形式を使用する場合、モデルで使用されるすべてのテクスチャは、画像ファイルシーケンスとして個別に保存する必要があります。したがって、最大800フレームのアニメーションの場合、PNGなどの最適なロスレス画像形式を使用して約2Gbのデータを取得できます。しかし、私たちはまったく異なるアプローチを採用しています。テクスチャのシーケンスを、フレーム間で変化しないすべてのピクセルを最適化し、すべての詳細を保持する最先端の高品質ビデオ形式に変換します。その結果、サイズが最大40〜100 Mbに大幅に最適化されます。これは、各俳優のテクスチャの20〜50分の1になります。

多くのメリット!

この新しいフォーマットは既にネイティブのプラグインであります。
3DS MaxMayaCinema4D、UnrealのEngine 4。

たとえば、Alembicを使用する場合、すべてのマテリアルセットアップを手動で行う必要があります。それどころか、anima®がこれを処理し、モデルのすべてのシェーダーは、シーンで使用しているレンダリングエンジンに一致するように自動的に構成されます。ほとんどの業界標準はすでにサポートされており、更新のたびにリストが増えています。

当社のテクノロジーは 、ほとんどのプラットフォームおよびレンダリングエンジンのモーションブラー効果と互換性があります。現時点では、このタイプの4D Digital Humansは、フォトリアリスティックレンダリングに非常に要求されるこの機能と互換性がある唯一の存在です。

さらに、anima®マルチコアCPUシステムを利用して4D Digital Humansのストリーミング最適化し、同じシーンで同時に多くのシステムを使用できるようにします。

便利そうに見えますが、一部制限があります

新しい4Dモデルのすべてが完璧であるとは限りません。4Dモデルのキャプチャに使用される新しい3Dシーケンススキャナーテクノロジーは、まだ改善の余地があるごく最近の最先端技術です。

  • 固定および限定アニメーション:各モデル約30のアニメーションを収録していますが、環境や他のアクターに適応させることはできません。また、ループが出来ません。キャプチャは、通常3〜6秒かかる複数のショットに収まるような長さで収録されています。
  • アーティファクトとメッシュの振動:近距離で、照明条件によっては、一部のモデルのメッシュに目に見える振動があり、気が散る可能性があります。これはソーススキャン処理の制限であり、圧縮の結果ではなく(ロスレス)、スキャン技術が進化するにつれて将来的に改善されます。
  • IPRの問題:レンダリングモードでは素晴らしい結果を得られますが、3Dアプリケーションのいくつかの組み合において、インタラクティブレンダリングモードIPR)では正しくフレームの変更、テクスチャの自動更新の変更を処理しません。これは主に、一部のレンダラーがこのレンダリングモードで、新しい4Dストリームモデルパラダイムを考慮しない巨大な最適化を使用しているために発生します。私たちはすでにこれに対する解決策を見つけるためにレンダリング開発者と連絡を取り合っており、この機能をサポートするレンダリングエンジンの大部分ですでに正常に機能しています。
  • Cinema4Dではモーションブラーはありません。:私たちのプラグインがで4Dモデルのモーションブラー生成することができます3dsMaxMaya、UnrealのEngine、しかし Cinema4Dではそれが不可能です。解決策を見つけるためにMaxonと連絡を取り合っています。
  • 法線マップ無し:現在の4Dスキャンテクノロジーは、他の3Dスキャン用に生成できるような詳細な法線マップを提供していません。スキャナーテクノロジーがそれをサポートするように進化するとすぐに、anima® フォーマットがすでにそれをサポートしているため、モデルにもその情報を含めます。
  • カラーバリエーションなし:anima®の共通の特徴は、すべてのモデルのテクスチャに5つのカラーバリエーションがあることです。残念ながら、ソーステクスチャデータの性質上、現時点では、4Dモデルでカラーバリエーションを生成することはまだできません。
  • ブロックされたエクスポート:4Dモデルをanima®からエクスポートすることはできません。通常、anima®からあなたは3つの標準フォーマットにあなたのシミュレートされたシーンをエクスポートすることができます(FBXVrSceneオープンCollada)。ただし、4Dモデルではこの機能は制限されており機能しません。4Dモデルでこの機能を制限した理由は、少なくとも今のところ、これらの新しいストリーミングモデルが必要とするメッシュやテクスチャでアニメーションを再生するために使用する必要のあるテクノロジーをサポートしているフォーマットがないためです。
    ただし、これらのモデルはAlembicに変換できます。これを行うには、モデルを再処理して、anima®形式に圧縮されたすべてのデータを解凍する必要がありますが、Alembicのモデル特有の制限があることをご確認ください。

価格とanima

4D Digital Humansは 1体 59ユーロで販売中。
リリースに合わせて無料の 4D Digital Humans も追加されました。

4D Digital Humansを使用するには、同社のソフト「anima」が必要です。
無料版の「anima LITE」でも 4D Digital Humans ダウンロードして使用することはできますが、LITEは静止画に向けた物であり、アニメーションのエクスポートは4秒間という制限があります。

詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

リンク

Screenshot of secure.axyz-design.com

animaの活用例映像

https://www.youtube.com/watch?v=wOsEkbbqMwI

PR


関連記事

  1. PSD2UMG - PSDファイルのレイヤー構造をUE4のUIウィジェットに変換するプラグイン!

    2018-05-10

  2. Cyberpunk Environment Megapack - 良い雰囲気の サイバーパンク背景アセットパック!UE4マーケットプレイスにて販売開始

    2020-07-05

  3. Bifrost Feather Generator Tool - MayaのBifrostで構築された羽毛生成ツール!シーンデータが無料配布中!

    2020-12-23

  4. Allright Rig 2.0 For Unreal Engine 4 - Allright Rig Beta 1.1 - 「アンリアルエンジン4」上でリギング・モーション作成可能なプラグイン最新映像!

    2018-01-29

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!




おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR

オンライン説明会

Flying Ship Studio


株式会社 Khepris Japan ( ケプリス ジャパン ) Top・レンダーファームのレンタル、レンダリングサービス


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する

アーカイブ

カテゴリ




相互リンク

インディーズゲームを発掘するならここ

おすすめ記事

ページ上部へ戻る