ANIMAX 2.3 - プロシージャルアニメーションを手軽に実装出来るツールセ...

Monaime Zaim氏による多彩なプロシージャルアニメーションを実現出来るBlender向けアドオン『ANIMAX』のv2.3がリリースされました!

続きを読む

gkRig - DreamWorks Animationのキャラクターテクニカル...

DreamWorks Animationのキャラクターテクニカルディレクター稲垣 教範 (Yukinori Inagaki)氏がMayaのBifrost向けリギング用コンパウンドをGithub上に公開しました!

続きを読む

Voxility Pro: Voxel File Format Exchange...

Harry McKenzie氏によるBlender向けボクセル変換アドオン『Voxility Pro』がリリースされました!

続きを読む

Bonex - Bone Physics Driven By Physx - ボ...

oimoyu氏による、ボーンへの物理アニメーションを手軽に追加可能なBlenderアドオン『Bonex』がリリースされています!

続きを読む

Chaos Flesh Meat Cube - 14年前にGDC2008のUE3...

Evelyn Schwab氏が14年前にGDC2008のUE3技術デモとして公開された肉塊キューブをUnreal Engine 5.3のソフトボディ「Chaos Flesh」を使用し再現したサンプルプロジェクトをGithub上で無償配布しています!

続きを読む

Maya 2024 | 製品概要と購入 | Autodesk 公式

4D Humans: Reconstructing and Tracking Humans with Transformers - 単眼カメラ映像から人物の動きをトラッキング出来るICCV 2023発表新技術!コードも公開され使用可能!

この記事は約3分30秒で読めます

ICCV 2023に合わせて発表された単眼カメラ映像から人物の動きをトラッキングする新技術「4D Humans: Reconstructing and Tracking Humans with Transformers」が注目を集めています。


プロモーション

求人情報検索 | CG・映像の専門情報サイト | CGWORLD.jp


4D Humans: Reconstructing and Tracking Humans with Transformers

我々は、野生のあらゆる映像が与えられた場合、その下にある人間を3Dで共同再構成し、経時的に追跡することができるアプローチを提示する。ここでは、左側に入力映像、右側に再構成された人間を、時間的な滑らかさなしで、色で経時的な追跡の同一性を示す。我々のアプローチは、視認性が悪く、極端な切り捨てや極端なオクルージョンの下でも、通常のポーズでも、通常とは異なるポーズでも、確実に動作する。

我々は、人間を再構成し、経時的に追跡するアプローチを提示する。本アプローチの核となるのは、人体メッシュ復元用ネットワークの完全「変形」バージョンを提案することである。このネットワーク、HMR 2.0は最先端の技術であり、これまで単一画像からの再構成が困難であった特異なポーズを解析する能力を示す。映像を解析するために、HMR 2.0からの3D再構成を、3Dで動作する追跡システムへの入力として使用する。これにより、複数の人物を扱うことができ、オクルージョンイベントを通してアイデンティティを維持することができる。我々の完全なアプローチである4DHumansは、単眼ビデオからの人物追跡において最先端の結果を達成している。さらに、HMR 2.0が行動認識という下流のタスクにおいて有効であることを実証し、これまでのポーズベースの行動認識アプローチと比較して大幅な改善を達成した。

お試し方法解説記事(日本語)

とりあえず試したい方はこの辺の投稿をチェックしてみると良さそうです。

色々試されているPost

コードも公開されているので
早速Xのタイムライン上では4D-Humansをお試しする投稿が確認できました

有志によるBlenderアドオンも登場

AI技術をすぐにBlenderアドオン化する事でもお馴染みCarlos Barreto氏が
早速「CEB 4D Humans」アドオンを開発しています

Blender上で完結するのは良さそうですね
このアドオンはPatreonサポートユーザーに公開しております

今後もどんどんこの技術を採用したツールが増えると良いなぁ。
そして過去のアーカイブ動画が色々活用されたコンテンツも登場しそうで楽しみですね。
是非公式ページをチェックしてみてください!

リンク

Screenshot of shubham-goel.github.io

プロモーション


関連記事

  1. PanoHead: Geometry-Aware 3D Full-Head Synthesis in 360° - 1枚の写真から3D頭部を構築出来る生成技術が登場!CVPR 2023論文!

    2023-06-26

  2. OptimizerAI - AIの力でテキストプロンプトから効果音を生成出来るサービスが登場!現在Discord上で使用可能!

    2024-03-11

  3. CommonSim-1 - AIの力で画像やアクション、テキストなどから適切な3Dコンテンツを生成するニューラル・シミュレーション・エンジンが登場!

    2022-10-19

  4. TextureDreamer: Image-guided Texture Synthesis through Geometry-aware Diffusion - 数枚の画像からターゲットの3Dモデルにテクスチャを転送する技術!

    2024-01-22

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

2023/4/3 新サーバーへ移行しました!
3D/2D/VR/GAME/AIなどのCGに関連する
気になる情報やツールをほぼ毎日紹介!
TwitterやYoutubeなども是非フォロー
よろしくお願いします!

アーカイブ

カテゴリ

おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR


PR


採用 | 3DCGアーティスト&テクニカルアーティスト大募集 | 株式会社Cygames

キャラクターライティングとVFX講座

   
USD
3D人のLINEアカウントを作りました!
友だち追加


follow us in feedly

RSSリーダーで購読する


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助!
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!




おすすめ商品Pickup

おすすめ記事

ページ上部へ戻る