BY-GEN V6 - Blender用ジェネラティブモデリングアドオン新バージ...

私が2019年に衝撃を受けたBlenderアドオンの一つ『BY-GEN』のバージョン6がリリースされました!色々と機能追加されていますよ。

  • 9
  • 1
  • 2
続きを読む

HDRi Maker 2.0 - HDRイメージ作成や3Dモデルとの合成用便利機...

Andrew_D氏によるHDRiを作ったり馴染ませたりする多機能Blenderアドオン「HDRi Make 2.0」がリリースされました。

  • 44
  • 1
  • 1
続きを読む

EbSynth Alpha - 動画を絵画風アニメに変換するツール!アルファ版が...

Secret Weaponsによる、動画を絵画風タッチに変換するツール『EbSynth』のアルファ版がリリース済み!この絵画風タッチを生み出しているのは、チェコ工科大学とAdobe Researchによるスタイル転送技術「Stylizing Video by Example」によるものです(SIGGRAPH 2019論文) 。

  • 39
  • 14
  • 2
続きを読む

Legends of Runeterra Launch Announcement...

Riot Gamesが運営・開発している『Legends of Runeterra (レジェンド・オブ・ルーンテラ)』の発表&ローンチトレーラーが公開!

  • 13
  • 1
  • 0
続きを読む

Deep3d Studio Free 3D Scan Models - ウクライ...

ウクライナを拠点とするフォトグラメトリースタジオ「Deep3d Studio」がスキャンし生成した3Dモデルデータの幾つかをArtstaticon Marketprace上で無償公開しております。

  • 33
  • 4
  • 1
続きを読む

A-Frame v1.0.0 - オープンソースのVR構築Webフレームワーク!4年の開発を経て正式版がリリース!

仮想現実(VR)エクスペリエンスを構築するためのWebフレームワーク「A-Frame」の安定版 v1.0.0が正式リリースされました!


PR

Start@Maya〜Maya で 3DCG をはじめよう〜


A-Frameとは

仮想現実(VR)エクスペリエンスを構築するためのWebフレームワークです。A-FrameはHTMLのトップに基づいているため、簡単に開始できます。しかし、A-Frameは3Dシーングラフやマークアップ言語だけではありません。コアは、宣言的で拡張可能で構成可能な構造をthree.jsに提供する強力なエンティティコンポーネントフレームワークです。

A-Frameは、Vive、Rift、Windows Mixed Reality、Daydream、GearVR、Cardboard、Oculus GoなどのほとんどのVRヘッドセットをサポートしており、拡張現実にも使用できます。A-Frameはスペクトル全体をサポートしていますが、A-Frameは、位置追跡とコントローラーを最大限に活用して、基本的な360°コンテンツを超える完全に没入型のインタラクティブVRエクスペリエンスを定義することを目指しています。

  • VRをシンプルに構築可能
  • 宣言型HTML:HTMLをベースにする事で手軽に始められる
  • エンティティコンポーネントアーキテクチャ:A-Frameは強力な three.jsフレームワークであり、宣言的で構成可能な再利用可能な エンティティコンポーネント構造を提供
    HTMLは氷山の一角にすぎません。開発者はJavaScript、DOM API、three.js、WebVR、およびWebGLに無制限にアクセスできます。
  • クロスプラットフォームVR:Vive、Rift、Windows Mixed Reality、Daydream、GearVR、およびCardboard向けのVRアプリケーションを構築し、それぞれのコントローラーをすべてサポートします。ヘッドセットやコントローラーが無くても標準のデスクトップおよびスマートフォンでも機能します。
  • パフォーマンス:WebVR向けにゼロから最適化された高パフォーマンス
    A-FrameはDOMを使用しますが、その要素はブラウザーレイアウトエンジンに影響しません。3Dオブジェクトの更新は、メモリ内ですべて行われ、ガベージとオーバーヘッドがほとんどありません。
  • ビジュアルインスペクター:A-Frameは便利な組み込みビジュアル3Dインスペクターを提供します。
  • ランナーコンポーネント:ほとんどの主要なヘッドセットのジオメトリ、マテリアル、ライト、アニメーション、モデル、レイキャスター、シャドウ、位置オーディオ、テキスト、コントロールなどのA-Frameのコアコンポーネントを使用して、すぐに実行できます。 環境、状態、粒子システム、物理学、マルチユーザー、海洋、テレポーテーション、スーパーハンド、拡張現実など、数百のコミュニティコンポーネントもあります。
  • 実績と拡張性:A-Frameは、Google、ディズニー、サムスン、トヨタ、フォード、シボレー、アムネスティインターナショナル、CERN、NPR、アルジャジーラ、ワシントンポスト、NASAなどの企業で使用されています。 Google、Microsoft、Oculus、Samsungなどの企業がA-Frameに貢献しています。
  • オープンソース:MITライセンスプロジェクトとしてGithubにプロジェクトを公開しております。

2019年12月16日は、A-Frameの4歳の誕生日です。A-Frameの最初のバージョンは4年前の2015年12月16日にリリースされました。

これは中々面白そうだ…
A-Frameの詳細については公式サイト・Githubページをご確認ください。

リンク


PR


関連記事

  1. SolidFace - メカニックモデリングは任せろ...

    2014-12-22

  2. Marmoset Viewer 発表! - 美麗リア...

    2015-03-04

  3. BlastFX - スプライトシートの出力が可能なノ...

    2018-11-26

  4. MARI INDIE&MODO INDIE - Fo...

    2014-12-12

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おすすめ商品Pickup

PR

アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事