AnimationCafe

機械の神の世界観のクリーチャーイラストメイキング - イラストレーターのケセルム...

メカやモンスター、クリーチャーなどのイラストを手掛けるケセルム氏による、チュートリアルコース「機械の神の世界観のクリーチャーイラストメイキング」がCG&デジタルアート学習オンラインプラットフォーム「WINGFOX」にて取り扱い開始されました!

  • 0
  • 0
  • 0
続きを読む

Blender 3.4 - 無料3DCGソフト最新アップデート!GeoNodeの...

2022年12月7日(現地時間)、無料のオープンソース3DCGソフトウェア、Blenderの最新安定版「Blender 3.4」がリリースされました!

  • 12
  • 0
  • 0
続きを読む

Modular Avatar v1 - ドラッグ・アンド・ドロップで非破壊的なア...

非破壊的なアバター製作と、アバター部品の配布を支援してくれるUnity用補助ツールセット「Modular Avatar(モジュラーアバター)」が公開されています。

  • 10
  • 0
  • 0
続きを読む

Minecraft World Generator - BlenderのGeom...

Malcolm Donaldson氏によるBlenderのGeometry Nodesを使用し構築されたMinecraft風地形生成Blendファイルが無料配布されています。

  • 18
  • 0
  • 0
続きを読む

Runway AI Training - 数多くのAIを使ったサービスを展開して...

数多くの動画編集やAIソリューションを展開する「Runway」簡単にオリジナル学習モデルを構築出来るようになったそうです。

  • 1
  • 0
  • 1
続きを読む

Maya、3ds Max のインディー版 | AREA JAPAN | Autodesk

ArmorPaint 0.8 - PBR対応オープンソース3Dペイントソフト!新バージョンがリリース!Win&Mac&Linuxの他にiPadとAndroidの早期アクセス版も登場!

この記事は約3分16秒で読めます

「Armory Engine」をベースに開発中の、PBR、ノード構築、Nvidia GPUを活用したレイトレーシング焼きこみ、ゲームエンジンへのライブリンク等にも対応した、オープンソースの3Dペイントソフト「ArmorPaint」のバージョン0.8がリリースされました。


プロモーション

『ファイナルファンタジーVII』リメイクプロジェクトの3D背景アーティストが語るリメイクのこだわりとは | スクウェア・エニックスで働くストーリー | 中途採用 SQUARE ENIX -RECRUITING-


ArmorPaint 0.8

ArmorPaint 0.8がデスクトップ、iPad、Androidで利用できるようになりました!このリリースでは、ArmorPaintクラウド、レイトレーシングレンダリングとベイク処理、洗練されたUI、デカールレイヤー、無制限のマスキング、エッジウェアマテリアル、その他多くのペイントエクスペリエンスの改善がもたらされます。

「ブラウザタブ-クラウド」にArmorPaintCloudを追加-組み込みのオンラインアセットライブラリ

デカールレイヤーを追加

デカールマスク機能が追加されました-Ctrlキーを押しながらデカールをブラシマスクとして使用します

塗りつぶしマスクを追加

エッジ摩耗

iPadOSビルドをAppStoreに、GooglePlayにAndroidビルドを追加

  • レイヤーごとに無制限のマスクのサポートが追加されました
  • マスクブレンディングのサポートが追加されました
  • ‘import_svg’プラグインを追加-.svg形式のサポート
  • ‘import_usd’プラグインを追加-.usdc形式のサポート
  • キーマップのインポートとエクスポートのサポートが追加されました
  • 「設定-アセット名を表示」オプションを追加
  • 「設定-マウスをラップ」オプションを追加しました
  • 「メニュー-カメラ-ズームイン/ズームアウト」演算子を追加しました
  • レイヤーのグループ化のサポートが追加されました
  • グループの不透明度を設定するためのサポートが追加されました
  • ノードグループのサポートが追加されました
  • レイヤーテクスチャのパッキングのサポートが追加されました
  • ステータスバーにブラウザ、[スクリプト]、コンソール、[フォント]タブを追加
  • ブラシ半径の増減ショートカットを追加しました
  • 「ベイクツール-頂点カラー」ベイカーを追加しました
  • ブラシノードを介したステンシルマスク、レイジーマウス、方向ブラシサポートが追加されました
  • ジッタを作成するための「ランダム」ブラシノードが追加されました
  • 「設定-使用法-ライブブラシプレビュー」オプションを追加しました
  • 設定にテーマタブを追加
  • ローカリゼーションのサポートが追加されました
  • ブラシと消しゴムを交換するためのショートカットを追加しました
  • ステンシルを非表示にするためのショートカットを追加しました
  • 「設定-ペン-感度」オプションを追加しました
  • 「設定-インターフェース-カメラ速度」「設定-インターフェース-ズーム方向」オプションを追加
  • 設定ファイルをインポートするための「設定-インターフェース-復元-インポート…」オプションを追加しました
  • 「設定-使用法-デフォルトのワークスペース」オプションを追加しました
  • 「設定-使用法-拡張」オプションを追加しました
  • 「minecraft」と「unigine」のエクスポートプリセットを追加しました
  • マテリアルを作成およびエクスポートするための「マテリアル」ワークスペースを追加しました
  • テクスチャベイク用の「ベイク」ワークスペースを追加しました
  • マテリアルをテクスチャにベイク処理するオプションが追加されました
  • レイヤーマスクをファイルにエクスポートするオプションが追加されました
  • 「設定-ビューポート」に「モバイル」レンダラーオプションを追加しました
  • [フォント]タブにフォントプレビューを追加しました
  • ‘hello_node_brush’プラグインを追加-カスタムブラシノード
  • ‘viewport_celshade’プラグインを追加-カスタムビューポートシェーダー
  • ‘texture_breakdown’プラグインを追加しました
  • 2Dビューに「タイル」オプションを追加しました
  • ‘rotate_envmap’演算子を追加しました
  • レイヤーとマスクのクリア演算子を追加
  • マスク反転演算子を追加しました
  • 「ファイル-最近開いた…」リストを追加
  • 「ファイル-新しいプロジェクト…-アスペクト比」オプションを追加しました
  • 「ファイル-テクスチャの再インポート」演算子を追加しました
  • 新しいツールバーアイコンを追加しました(SvenMöller提供)
  • 「マテリアル」ノードを追加-マテリアル内の他のマテリアルを参照
  • ‘CurvatureBake’ノードを追加-マテリアルノードの曲率にアクセス
  • Vulkanのサポートが追加されました
  • Linux用の実験的なVKRT(Vulkanレイトレーシング)ビルドを追加しました
  • ノードエディタで選択したノードのライブプレビューを追加しました
  • 「ワープ」、「シェーダー」、「スクリプト」マテリアルノードを追加しました
  • 「ピッカー」マテリアルノードを追加しました
  • 「メニュー-ビューポート-フルスクリーンの切り替え」を追加しました
  • テクスチャエクスポートに「アトラス」タブを追加しました
  • [テクスチャ]タブに[含むディレクトリを開く…]ボタンを追加しました
  • [メッシュ]タブに可視性コントロールを追加しました
  • マテリアルまたはブラシをエクスポートするときにアセットを.armファイルにパックするオプションが追加されました
  • [見本]タブを追加
  • 「メッシュタブ-原点へのジオメトリ」を追加しました
  • レイヤーに通常と高さのブレンドを追加
  • 「設定-使用法-デフォルトのレイヤー解像度」オプションを追加しました
  • テクスチャエクスポート用の色空間オプションが追加されました
  • ぼかしツールに方向(スマッジ)オプションを追加しました
  • 「UVアイランド」フィルモードが追加されました
  • iOSおよびAndroidでのドラッグアンドドロップのサポートが追加されました
  • レイトレーシングパフォーマンスの向上、メモリ使用量の削減
  • 固定排出チャネルのエクスポート
  • ドラッグアンドドロップを使用してレイヤーを並べ替えます
  • 設定ウィンドウで垂直タブを使用する
  • 属性マテリアルノードを介してマテリアルで頂点カラーを使用する
  • .fbxおよび.blend形式で頂点カラーデータをインポートします
  • ブラシのインポートとエクスポート
  • テクスチャからブラシをインポートする
  • ブラシプレビューアイコンを描画します
  • macOSビルドが署名されました
  • macOSビルドは現在Metalを利用しています
  • macOSビルドがユニバーサルになりました(arm64 + x64)
  • macOSRetinaのサポート
  • 初期VRサポート
  • 高リフレッシュレートディスプレイの初期サポート
  • ツールチップにアセット名を表示する
  • より高速なenvmapインポート
  • カメラをプロジェクトファイルに保存します
  • ダブルクリックしてレイヤーの名前を変更します
  • アトラスはメッシュフィルターに表示されます
  • UI値入力のスクリプト/式( ‘4.4 * Math.PI’)
  • ウィンドウが非アクティブのときにスリープする
  • 関連するファイルのインポート時にプラグインを自動有効化
  • ウィンドウレイアウトを覚えておいてください
  • ベースレイヤーは通常のレイヤーのように機能します
  • マルチパスレイヤードロー-一度に最大256レイヤーをビューポートに表示
  • 透明レイヤーのチェッカー背景を表示
  • [ブラウザ]タブに.armマテリアルのプレビューを表示する
  • 選択したオブジェクトのUVマップを2Dビューで表示する
  • Blenderのライブリンクチェック
  • Mayaのライブリンクチェック
  • 機能改善:Windowsでのutf8パス処理、2Dビューでの個々のレイヤーチャネルの表示、エラーロギング、パストレースビューポートモード、ペンを使用したブラシ半径のスケーリング、2Dビューでのペイント、レイヤー管理、コマンドライン引数、タッチ入力、カラーホイール(RGB、HSV、16進入力)、塗りつぶしレイヤーの不透明度処理、「ぼかし」マテリアルノード、塗料の膨張、.fbx形式の「解析変換」オプション、.objエクスポーター、「バンプ」マテリアルノード、ノードの元に、インターフェースレイアウト
  • 機能修正:2Dビューでのクローンツールの使用法、Windowsでのネットワークパス処理、Windowsの保護されたパスからの実行、カスタムノードの入力ソケットの解析、法線マップがペイントされたときの3Dカーソルの位置、レイヤーごとのチャネルの可視性、デカールエッジフィルタリング、Linuxでのマウスカーソルの設定、画像ノードの色空間管理、プロジェクトファイルへのフォントアセットの保存、非正方形のデカールとステンシルのサポート、凹多角形を含むジオメトリのインポート、気を散らすことのないモードのUIアライン

リリースノート:ArmorPaint | 3D PBR Texture Painting

バージョン0.8は長い開発期間を経て遂に正式リリースです!「ArmorPaint」の価格は 16ユーロ or 19ドルです。Githubにはソースも公開されており、ハードルは高いですが自分でコンパイルすれば無料で使用する事が出来ます。GameFromScratchのサイトにてWindowsでのビルド手順が記載されておりますので、挑戦してみても良いかもしれません。Building ArmorPaint From Source

購入リンク

リンク

ArmorPaint | 3D PBR Texture Painting

Screenshot of armorpaint.org


プロモーション

C&R Creative Academy – 本気の未経験クリエイター育成プログラム



関連記事

  1. Atomic Game Engine goes Open Source - ゲームエンジン『Atomic Game Engine』がMIT Licenseの元オープンソース化!

    2016-03-21

  2. OpenToonz - スタジオジブリも採用した2Dアニメーション制作ソフトウェア「Toonz」がパワーアップしオープンソース化!商用利用も可能!

    2016-03-28

  3. ArmorPaint 0.5 - 「Armory Engine」で開発中のPBR対応のノードベース3Dペイントソフト

    2018-11-13

  4. Substance Designer 2020.2 - パフォーマンス向上と多くの新機能を搭載!Adobeのマテリアルオーサリングソフト新バージョン!

    2020-10-13

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!

アーカイブ

カテゴリ

おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR

育成講座

採用 | 3DCGアーティスト&テクニカルアーティスト大募集 | 株式会社Cygames


サイバーエージェント|イマジカデジタルスケープ共同募集:3DCGアーティスト大募集!!

Curo Inc.

GRASSHOPPER MANUFACTURE

3D人のLINEアカウントを作りました!
友だち追加


follow us in feedly

RSSリーダーで購読する


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助!
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!




おすすめ商品Pickup

おすすめ記事

PR


ページ上部へ戻る