GameReadySkelton - ワンクリックでUE4やUnity(VRCh...

M'sLab. なぐらい氏による、ワンクリックでUE4やUnity(VRChat)対応のスケルトンテンプレートを呼び出すことができるBlender 2.8向けアドオン「GameReadySkelton」がBOOTHサイトにて販売開始されました。

  • 0
  • 0
  • 0
続きを読む

Fractal Shader for UE4 - Pavel Ksenofont...

テクニカルアーティスト・インディゲーム開発者であるPavel Ksenofontov氏がフラクタルシェーダーなどのUnreal Engine 4向けアセットを幾つか無償公開されております。

  • 31
  • 1
  • 0
続きを読む

Blender Terrain - 地図データから渓谷のシーンを素早く制作するB...

Blender用のチュートリアルコンテンツに特化したYoutubeチャンネル「blenderBinge」による地図データを元に作る渓谷のシーンのクイックチュートリアル動画「Blender Terrain - Quick Pre-vis Canyon Desert Environment in EEVEE (and Cycles) [Blender 2.8]」が公開されております。

  • 76
  • 24
  • 3
続きを読む

CORPORATE MONSTER - 街中に潜むモンスター!ルアイリ・ロビンソ...

先日ティザーが公開された、アイルランドの映画監督、ルアイリ・ロビンソン(Ruairi Robinson)氏によるショートフィルム『Corporate Monster』の本編映像が公開されました。

  • 11
  • 5
  • 0
続きを読む

PPixel(ピクセル) - ポリゴン・ピクチュアズがNPR表現に特化したレンダ...

『GODZILLA 怪獣惑星』や『シドニアの騎士』『BLAME!』などを手掛けた事でもおなじみのアニメスタジオ「ポリゴン・ピクチュアズ」がNPR(ノンフォトリアリスティックレンダリング)表現に特化したレンダリングソフトウェア「PPixel(ピクセル)」 の開発を発表しました!

  • 43
  • 70
  • 2
続きを読む

Autodesk Maya 2018 突如リリース!VP2.0強化!さよならLegacy Viewport!UV機能とか色々パワーアップ!

Mayaの最新バージョンが突如リリースされました!今回は事前情報やリーク情報が少なかったですね。
※2017/07/26 – 動画追加しました。


PR

美大生がMayaで描く背景映像の世界 オンデマンド配信


Modeling Workflow in Maya 2018

Animation Workflow in Maya 2018

Maya 2018 新機能(個人的に気になるものだけ^q^

  • Maya (2018)で保存されたバイナリ(*.mb)ファイルに下位互換性がなくなりました。
    旧バージョンの Maya で開く必要があるファイルがある場合は、ASCII (*.ma)ファイルとして保存してください
  • ビューポート 2.0 に完全に移行
    ビューポート 2.0 のAPIも更新!ビューポート 2.0 への移行や、Maya のビューポートでの新規ツールの開発が簡単に!
  • ビューポート 2.0 の強化
    OSD 3.1 のネイティブ サポート、ポイント ライトのシャドウ、アンビエント オクルージョン、新しいアルファ カット(Alpha Cut) 透明度アルゴリズム
  • ハイパーシェード マテリアル ビューア(Hypershade > Material Viewer)のハードウェア レンダラで、イメージ ベースド ライティングがサポートされるようになりました。
  • ビューポート 2.0 では、aiSkyDomeLight が IBL ライトとして動作し、シーンを照らすことができるようになりました。
  • 新しい ShaderFX Game Hair シェーダ
  • ノード エディタ(Node Editor)の改善
    ノードの接続が簡素化され、接続元ポートと接続先ポートをクリックするだけで接続ラインを作成できるように
  • Maya インタフェースが大幅に改善
  • アトリビュートの循環を反転 Shift + Tab

    お・・・おぅ
  • UV エディタ(UV Editor)の改善
    Update3?とかに入っていたやつですよね。便利になりましたねぇ
  • 円形化(Circularize)コマンド
    個人ツールに頼っている事が多かったですが、ようやく標準搭載!
  • 3D ビューと UV エディタ(UV Editor)全体で一貫したオブジェクト/コンポーネントの選択モード
    これ、Softimage(XSI)使いが待ち望んだ挙動です!
  • ビューポートで UV エッジをカットおよび縫合
    なんで今まで出来てなかったんだろうねぇ
  • ベベルの改善
  • スマート押し出しのホットキー
    地味にうれしい便利機能
  • スマート複製のホットキー
    上に同じ
  • ライブ サーフェスのマルチ カットの機能強化
  • スムーズ メッシュのエッジをカーブに変換する
  • 新しいプリミティブ オブジェクト
    便利そう
  • 新しい MASH ノード


  • 新しい自動キー アクティベーション カラー
    お・・・おぅ
  • 最新のグラフ エディタ(Modern Graph Editor)
  • 距離ベースのコントローラの可視性
  • 張力デフォーマ(Tension deformer)
  • XGenとかその他色々!!!!!

以下Twitter引用

新機能の内容みていると、2017の追加Updateに含まれていた物も多いので、目新しさは少な目…(だから情報出さなかった???有志によるカスタムツール的な挙動が標準搭載され、ようやく“普通”になってきた。そんな気がします。がんばれ!Maya!

2017/07/25 – 15:30 現在、公式ヘルプはリンク切れ多数。そして英語版のみのリリースです。

関連リンク


PR


関連記事

  1. Effekseer 1.4 - 新GUI!Mac対応...

    2018-09-14

  2. Substance Painter 1.0 Teas...

    2014-10-15

  3. MediBang Paint - 高機能で無料のイラ...

    2015-06-24

  4. セシル変身アプリ - VRM出力にも対応した無料の3...

    2019-05-30

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おしらせ

LINEアカウント作りました!
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup