Scene Fusion for Unreal Early Access - 同...

KinematicSoupによる、ゲームエンジン上での同一レベル上での共同開発を可能にするプラグイン「Scene Fusion」のアンリアルエンジン対応バージ[...]

続きを読む

Kitbull - 今度は2Dアニメ!ピクサーのSparkShortsプログラム...

ピクサー・アニメーション・スタジオによる、個々のアーティストの可能性を発掘すべく、短編作品を作り出す新たな試み「SparkShorts」プログラムのショートフィルム第三弾!「Kitbull」が公開されました。

続きを読む

Smash and Grab - ピクサーのアニメーションプログラムSparkS...

ピクサー・アニメーション・スタジオによる、個々のアーティストの可能性を発掘すべく、短編作品を作り出す新たな試み「SparkShorts」プログラムのショートフィルム第二弾!「Smash and Grab」

続きを読む

AIによるアニメ中割生成 - DeNAの「構造的生成学習」を使用したアニメの中割...

DeNAによるAIを活用したアニメの中割生成技術!

続きを読む

Mayaリギング 改訂版 正しいキャラクターリグの作り方 - レビュー高評価なM...

Maya向けリギング解説本の改訂版「Mayaリギング 改訂版 正しいキャラクターリグの作り方」が3月にリリースされますよ!2013年に発売された旧版のAmazonレビューも好評です。

続きを読む

ZBrush 4R7 発表! - 待望の64bit(ベータ)対応!ポリゴンモデリング機能強化!美麗レンダラー「KeyShot」とも連携(有償)!

Pixologic-ZBrush-4R7

Pixologicは、現在開催中(2014年8月8日~10日まで)のZBrush Summit 2014にて
3Dスカルプトソフト最新版「ZBrush4R7」を発表しました!
待っていました!と言わんばかりの新機能を多数搭載!


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


Pixologicのプレゼンテーション映像1日目

ポリゴンモデリング強化!

待ってました!
挙動については↑の動画の16分20秒の所を確認してください。
押し出しやブリッジ機能等、1ポリゴン単位での細かな編集が可能となり、
制作の幅が大きく広がりそうです。
というかその他ポリゴンモデリングツールを併用しなくてもイケそうですなぁ!

64bit対応

ZBrush 4R7では32bit版(通常版)、64bit対応(ベータ版)という扱いだそうで、
次期メジャーアップデート「ZBrush 5」では正式に64bitに移行され、32bit版は無くなるそうです。
いやぁしかし、ようやく64bit対応・・・
最近VerUPしてなかったのもコレが絡んでいたのかなぁ?

KeyShot for ZBrush

Luxionの美麗レンダラー「KeyShot」と「ZBrush」が連携!349ドルで利用可能。
(リリース初期は特別価格の249ドル)
これまでZBrushユーザーのKeyshot使用率は非常に高かったですからねぇ、
素晴らしい対応だと思います。


イベントはあと2日続きます。
更なる続報を待ちましょう!

Presenting ZBrush 4R7
http://www.zbrushcentral.com/showthread.php?188264-Presenting-ZBrush-4R7
Keyshot
https://www.keyshot.com/
ZBrush Summit 2014
http://pixologic.com/summit/
:: Pixologic ::
http://pixologic.com/

関連記事

  1. Toolbag 2.05
  2. Lumion 5.0 New Physically-Based Materials
  3. Natron 1.0.0
  4. akeytsu Screen

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2014.08.09ChaCra - ディズニー・リサーチによるインタラクティブなキャラクター多節リンクのデザイン設計システム!SCA2014技術論文!

2014.08.10PBR on Sketchfab - 定番3Dモデルのオンラインビューアーサービスが「物理ベースレンダリングPhysically Based Rendering (PBR)」に対応する事を発表!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup