Quake II RTX GTC 2019 Demo Walkthrough -...

1997年に発売されたid Softwareの名作FPS「Quake 2(クエイクツー)」をリアルタイムレイトレーシングに対応させた「Quake II RTX」の最新デモ映像です。

  • 0
  • 0
  • 0
続きを読む

Unity 2019 Megacity - Unityで何百万ものオブジェクトを...

以前紹介したUnityのデモ「Megacity」がGDC 2019に合わせてリリースされました!何百万ものオブジェクトを効率的に描画!

  • 0
  • 0
  • 0
続きを読む

Rebirth - Quixel MEGASCANSとUE4&Houdiniを活...

Quixelが、物理ベースのスキャン素材ライブラリ「MEGASCANS」と「Unreal Engine 4」そして「Houdini」を使い作成したシネマティックショートクリップ「Rebirth」を公開!

  • 1
  • 3
  • 0
続きを読む

eyeMoji - 深度カメラ付きiOSデバイスでアイトラッキング出来るアプリ!...

Transfolioの眼球3Dスキャン技術で作成されたリアルな眼球を使った、iOSデバイス用のアイトラッキングアプリ「eyeMoji」が近日リリース予定です!

  • 10
  • 26
  • 0
続きを読む

Derelict - 高校生が作ったVFXショートムービー!VFXブレイクダウン...

高校生のMIZUNO CABBAGE氏制作!VFXショートムービー「Derelict」が公開!

  • 36
  • 38
  • 1
続きを読む

Blender PBR viewport Branch v0.4 - Blenderビューポート上リアルタイムPBRを可能にした独自ビルドバージョン!Cyclesレンダラーとの比較映像も注目!

Blenderビューポート上でリアルタイムPBR(Physically based rendering)を可能にした独自ビルドバージョン!「Blender PBR viewport Branch v0.4」が公開されております。
※2016/06/07 – “アドオン”という記載をしておりましたが、正しくは”独自ビルドを行った別バージョン”との事でした。記事全体を修正してます。ご指摘いただいた方々、ありがとうございました。


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


Blender PBR viewport Branch v0.4

PBR viewport Branch V0.4 – 06/06/2016

  • Oren-nayar Diffuse (Env lighting)
  • Velvet Shader (Env lighting + Point lights)
  • Toon Shader (Env lighting + Point lights)
  • Ashikhmin & Beckmann distributions for isotropic and anisotropic
  • Closest Filtering for Texture node
  • Material layer overide but only for material. So you can preview one material on every
  • objects without assigning it to each object.
  • Linearly Transformed Cosines to shade Area lights with the Glossy GGX (other
  • distributions use the same LUT)
  • Material AO to apply occlusion during the shading stage an not at the post process stage.
  • Algorithm is slow but correct (matches cycles)
  • Screen Space Reflections for Sharp Glossy shader. Algorithm is from Morgan McGuire
  • blog and the step is always 1px so reflections can’t go far.
  • Backface buffer to improve screen space effects.
  • Bias parameter to control the accuracy of the Environment Sampling.
  • Performance : Use a jitter texture + a sample texture to generate sampling random vectors instead of computing everything inside the shader. (this takes 2 texture slots though)
  • Performance : Lights shadowing (and lamp nodetree) are evaluated only once per Material.
  • Codebase Change : major thing I did is not using the common uniform interface for passing uniforms related to the sampling and PBR. I also splited the glsl files into more managable ones.

cycles renderとの比較も遜色無い感じですね。
旧バージョンのプレビュー&解説動画も貼り付けておきます。

Blender Realtime PBR Experimental Build Overview

Blender PBR viewport Branch v0.35

Blender PBR viewport Branch v0.2

関連リンク

関連記事

  1. Palettator - 好きな画像・自作パレットを...

    2016-10-11

  2. Flowbox 2017 demoreel - ロト...

    2018-02-09

  3. Monolith - 3Dプリント用モデルにも対応し...

    2015-02-23

  4. ZBrush Polypaint importer ...

    2014-09-24

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

Google Translate

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR


スポンサー

注目の記事

PR

キャリア相談会

Flying Ship Studio







Categories

アーカイブ

スポンサー

おすすめ記事