AnimationCafe

Runway AI Training - 数多くのAIを使ったサービスを展開して...

数多くの動画編集やAIソリューションを展開する「Runway」簡単にオリジナル学習モデルを構築出来るようになったそうです。

  • 0
  • 0
  • 0
続きを読む

rTexViewer v3.0 beta - シンプルで多機能なテクスチャファイ...

raylib technologiesによるシンプル設計&多機能なテクスチャビューア・形式変換ツール「rTexViewer v3.0」のベータ版がリリースされました。

  • 0
  • 0
  • 0
続きを読む

Mesh Heal - メッシュの欠けた部分を修復してくれる回復系Blender...

Sahin Ersoz氏による、メッシュの欠けた部分を修復してくれる回復系Blenderアドオン「Mesh Heal」がリリースされていました。

  • 86
  • 0
  • 0
続きを読む

ChatGPT - 人生の悩みからプログラムのコードやツールのスクリプトも教えて...

OpenAIが対話形式に最適化されたAI「ChatGPT」のテスト版を公開しました。無料でお試しが可能です。

  • 93
  • 0
  • 2
続きを読む

RealityScan - RealityCaptureとQuixelが共同で開...

RealityCaptureとQuixelが共同で開発したスマホ向けフォトグラメトリーアプリ「RealityScan」がベータ期間を終え正式に公開されました!

  • 78
  • 0
  • 1
続きを読む

Maya、3ds Max のインディー版 | AREA JAPAN | Autodesk

Buto v3.0 - 物理ベースのリアルタイムボリューメトリックライティング&フォグを手軽に追加出来るUnityアセット!

この記事は約2分0秒で読めます

OccaSoftwareによる物理ベースのリアルタイムボリューメトリックライティング&フォグを手軽に追加出来るUnityアセット「Buto v3.0」のご紹介。


プロモーション

『ファイナルファンタジーVII』リメイクプロジェクトの3D背景アーティストが語るリメイクのこだわりとは | スクウェア・エニックスで働くストーリー | 中途採用 SQUARE ENIX -RECRUITING-


Buto 3.0 – Volume Stack Integration, Fog Density Masks, Infinite Lights, and Spherical Harmonics

Butoは、物理ベースのリアルタイムボリューメトリックライティングとフォグをシーンに簡単に追加することができます。

  • 物理ベース:ボリュームライティングとフォグは、主要なAAAスタジオの技術論文や戦略に記載されているアルゴリズムを用いて、大気中のパーティクルや光散乱を正確にレンダリングします。
  • ボリューメトリックな照明と影:オブジェクトがフォグとの相互作用から照明をリアルに遮蔽するため、フォグがシーンにしっかりと定着します。
  • 高速:最適化された高性能レンダリングとインテリジェントな深度認識アップスケーリング (Nvidia 1080 デスクトップ相当で ~0.7ms).
  • ボリューメトリックノイズ:内蔵のボリューメトリックノイズは、パーティクル分布に深みと質感を与えます。
  • 大気圏高層フォグ:パーティクル密度は高さに対して指数関数的に減少するため、高度が上がるにつれてリアルな霧の減衰が発生します。
  • 遠景の視認性:解析的ハイトフォグは、近くのレイ・マーチされたボリュームフォグの後ろにレンダリングされるため、遠距離の視覚的リアリズムが保証されます。
  • スタイライズド・フォグ オプション:距離ベースのカラーランプ、カラーランプの影響、ライトとシャドウの強度スライダーにより、クリエイティブなフォグオプションをスタイリッシュに設定できます。
  • ライトの追加:ポイントライトがButoと連動するように設定できるようになり、最大8つのフォグ対応ポイントライトを同時に使用できるようになりました。
  • フォグ濃度マスク:最大8つのフォグ密度マスクを同時に使用して、フォグを正確に配置できます。
  • テンポラル・アンチエイリアシング:オプションのTemporal Anti-Aliasingにより、高密度フォグの品質を向上させることができます。
  • ボリュームコンポーネントシステムとの統合:UnityのVolume Componentシステムを使用して、Volumetric Fogをワークフローにシームレスに関連付けることができます。グローバル フォグ パラメータとローカル Box および Sphere ボリューム パラメータを設定し、フォグ ボリューム設定間でシームレスにブレンドできます。

こういうフォグ要素はシーンの存在感を大きく向上させてくれます。ぜひ活用したいですね!
UEのボリューメトリックフォグもこれくらい使いやすいとよかったのになぁ・・
「Buto」は$11でUnity Asset Storeから購入可能です。是非チェックしてみてください

リンク

Buto – Volumetric Lighting & Fog | Fullscreen & Camera Effects | Unity Asset Store

Screenshot of assetstore.unity.com

プロモーション

C&R Creative Academy – 本気の未経験クリエイター育成プログラム



関連記事

  1. Object Placer Tool V1.0 - クリックでオブジェクトを手軽に配置できるUnity向け無料ツール

    2020-02-27

  2. UModeler for Unity - Unityで使える高性能3Dモデリングプラグイン!

    2020-09-17

  3. Scene Fusion for Unreal Early Access - 同一レベル上での共同開発を可能にするプラグイン!UE4版の早期アクセス受付開始!

    2019-02-19

  4. Mahjong - 麻雀好きが作った精巧な「日本麻雀」3Dモデルアセット!UE4&Unity

    2019-04-25

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!

アーカイブ

カテゴリ

おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR

育成講座

採用 | 3DCGアーティスト&テクニカルアーティスト大募集 | 株式会社Cygames


サイバーエージェント|イマジカデジタルスケープ共同募集:3DCGアーティスト大募集!!

Curo Inc.

GRASSHOPPER MANUFACTURE

3D人のLINEアカウントを作りました!
友だち追加


follow us in feedly

RSSリーダーで購読する


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助!
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!




おすすめ商品Pickup

おすすめ記事

PR


ページ上部へ戻る