Poly Source Addon Blender 2.8 - モデル編集中にN...

Derksen BoxによるBlender 2.8向けアドオン「Poly Source Addon Blender 2.8」のご紹介。

  • 27
  • 2
  • 1
続きを読む

Autodesk製品価格改定!新規マルチユーザーサブスクリプションに対し2020...

Autodesk製品、2020年2月から新規のマルチユーザーサブスクリプションが値上げされます。

  • 48
  • 19
  • 0
続きを読む

Layer Factory - Photoshopでのイラスト制作を便利にするツ...

数多くのPhotoshop向けツールを開発しているSergey Kritskiy氏から『Layer Factory』というツールがリリースされました!レイヤーの作成、変更、および作業に関連するさまざまなタスクを強化および高速化するように設計されています。

  • 34
  • 1
  • 1
続きを読む

Mandelbulber 2.20.0 - 3次元フラクタル形状を生成&レンダリ...

フラクタルな3D形状を生成やレンダリングが可能なオープンソース&無料ソフト『Mandelbulber』!昨年12月に、バージョン2.20がリリースされていました。

  • 44
  • 15
  • 4
続きを読む

Kyoto Alley - 背景アーティスト中村 基典氏による情緒溢れる「京都」...

3D背景アーティスト 中村 基典 氏による「京都」のUnreal Engine 4アセット!UE4 マーケットプレイスにて販売開始!

  • 79
  • 7
  • 1
続きを読む

3Dゲーム制作のためのCryEngine 高性能&多機能「ゲームエンジン」を使いこなす - お!国内初?のCryEngine解説本キター!

Unreal Engine 4やUnity 5と同じように熱いポテンシャルを秘めたゲームエンジン「CryEngine」の日本語解説書が工学社から登場!『3Dゲーム制作のためのCryEngine―高性能&多機能「ゲームエンジン」を使いこなす 』


PR

Mayaで始めるゲーム用ローポリキャラモデル


国内でのCryEngine情報は少ないので、ちょっと興味ありな書籍です。

 3Dゲーム制作のためのCryEngine―高性能&多機能「ゲームエンジン」を使いこなす! (I・O BOOKS)
3Dゲーム制作のためのCryEngine―高性能&多機能「ゲームエンジン」を使いこなす! (I・O BOOKS)

  • 単行本: 191ページ
  • 著者:益田 貴光
  • 出版社: 工学社 (2015/03)
  • ISBN-10: 4777518876
  • ISBN-13: 978-4777518876
  • 発売日: 2015/03
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1.8 cm

この本について

「CryEngine」は、独Crytekが開発したゲームエンジン。
 誰でも気軽にオリジナルゲームを作ることができます。 
 その「リアルすぎる」描画力のため、「ゲーム」だけではなく、「ムービー作成」や「建築CG」などにも使われています。 

 本書は、「CryEngineを起動したのはいいけれど、どうしたらよいのか分からない」「ゲームエンジンには触ったことがない」といった、初心者を対象にしています。 

CryEngineの特長

■Asset
 「CryEngine」には、さまざまな「Asset」(素材)が用意されています。
 プリセットには、オブジェクトの他、パーティクルなどの「エフェクト」や「サウンド」「マテリアル」「植物」「生物」など、かなりの数が用意されています。

■Designer
 オブジェクトを作るには、普通は「3D-CGツール」が必要ですが、「CryEngine」内の「Designer」だけでも、ある程度のものが作れます

■Flow Glaph
 「Flow Glaph」という「ノードエディタ」で、プログラミングなしで、視覚的にゲームが作れます。

■Snow or Wet
 「雪景色」や「雨」を表現するための機能が用意されています。
 これらは、マテリアルの変更だけで対応でき、効果音などの特殊効果も追従して切り替わります。
 「嵐」の表現や雪の中のスポーツなども、思いのままに表現できます。

■AI
 「CryEngine」には、AI(人工知能)も用意されており、簡単に扱えます。
 たとえば、作った枠内を障害物を独自に判断し、ランダムに攻撃させたりできるので、動きが自然な、臨場感のある、戦闘シーンが作れます。

目次

  • はじめに
  • 序章 基礎知識
    ■ 「ゲーム・エンジン」とは
    ■ 「CryEngine」の形態
    ■ 「CryEngine」を入手する
    ■ 起動前に
    ■ ゲームタイプ
    ■ 「Editor」の概要
    ■ Asset
    ■ 用途
    ■ ノンプログラミング
  • 第1章 「Sandbox」の使い方に慣れよう
    [1-1] サンプルを触ってみよう
    [1-2] カメラの動かし方
    [1-3] 「編集モード」と「ゲーム・モード」
    [1-4] AI「敵」を配置してみよう
  • 第2章 作成の基礎
    [2-1] 「新規Level」の作成
    [2-2] 作成した地形の編集
    [2-3] 植物「Vegetation」の配置
    [2-4] Spawn Point
    [2-5] Designer
    [2-6] 天候効果の設定
    [2-7] Layers
    [2-8] Lighting
    [2-9] Sounds
  • 第3章 作成の応用
    [3-1] プラグイン
    [3-2] 「オブジェクト」を作る
    [3-3] 新規マテリアル
    [3-4] キャラクター
    [3-5] 「TrackView」を使う
    [3-6] 「デフォルト・モーション」の書き出し
    [3-7] 「Wwise」を使ってSound作成
    [3-8] 「Shader」について
    [3-9] Animate Textures
    [3-10] その他の機能
    [3-11] ゲーム化する
  • 索引

書籍情報―3Dゲーム制作のためのCryEngine


 

CryEngineはオンライン販売プラットフォーム『Steam』から月額980円で使用可能です。
興味のある方是非お試しあれ!

CRYENGINE | The complete solution for next generation game development by Crytek

Screenshot of cryengine.com


PR


関連記事

  1. ゲームアートと描画の基本:古典技法から最先端テクニッ...

    2014-06-16

  2. アナトミーとフォース 構造と機能から描く躍動感ある人...

    2018-07-19

  3. Houdini ビジュアルエフェクトの教科書 - S...

    2018-04-09

  4. The Art of INEI コンセプトアート R...

    2019-10-16

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おすすめ商品Pickup

PR


スポンサー

注目の記事

PR

クリークスタジオ

Flying Ship Studio


Luminous Productions







アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事