AnimationCafe

Morphle - 選択した複数オブジェクトから頂点位置のシェイプキーを含むオブ...

PHYGITALISMが、選択したすべてのオブジェクトの頂点位置のシェイプキーを含むオブジェクトを作成するBlenderアドオン「Morple」を無償公開しています。

  • 37
  • 1
  • 1
続きを読む

ZBrush 2021.6 - マスクからのメッシュ生成やCurve Alpha...

ZBrushの最新無料アップデート「ZBrush 2021.6」に関するライブ配信イベントが開催されました。最新無料アップデートは現地時間で2021年3月2日(日本は3月3日)にリリース予定です。

  • 38
  • 21
  • 0
続きを読む

SJ Selection Set - 3ds Max の選択セット風挙動をBle...

CGアニメーター でテクニカルアーティストの半袖船長(CaptainHansode)氏による、3ds Max の選択セット風挙動をBlenderで実現出来る無料アドオン「SJ Selection Set」が無料公開されています。

  • 13
  • 1
  • 0
続きを読む

SJ Phaser - 3ds MaxのSpringMagic風な位相アニメーシ...

CGアニメーター でテクニカルアーティストの半袖船長(CaptainHansode)氏による、位相アニメーションをBlenderで実現する無料アドオン「SJ Phaser」がリリースされています。

  • 81
  • 2
  • 1
続きを読む

Chaos Cosmos - V-Ray使用環境でで使える無料の3Dアセットライ...

V-Rayレンダラーなどでおなじみ、Chaos(Chaos Group)が、V-Rayユーザーは無料で使える3Dアセットライブラリシステム「Chaos Cosmos」を発表&公開しました!

  • 15
  • 1
  • 0
続きを読む

Autodesk® Maya® Indie、Autodesk® 3ds Max® Indie | AREA JAPAN | Autodesk

D5 Render 1.4 Beta - 無料ベータ版公開中の建築ビジュアライゼーション向けリアルタイムレイトレーシングレンダラー!アニメーション出力に対応!

少し前に話題になった『D5 Render』の最新アニメーションショーリールと、1.4ベータ版がリリースされました。現在無料でダウンロードする事が出来ます。


プロモーション

ゲーム転職


最新アニメーションショーリール

中々良い感じですね。RTX 2080で1フレーム2秒で生成しているクオリティだそうです。
公開停止していた公式サイトも、ようやくオープンになったみたいですね。(ベータのインストーラーがダウンロード出来るだけですが)

D5 Render 1.4 Beta New Features

新機能

  • ビデオアニメーション(ベータ)
    「ビデオ録画」ベータ機能を使用するには、グラフィックカードドライバーをGeForce Game Ready * 436.15 * WHQL以上に更新する必要があります。
  • ウェルカムページの「最近開いたファイル」表示
  • リソースリストで複数選択するにはCtrlを押します
  • キーボードショートカットCtrl + Gで光源とモデルをグループ化
  • バッチ調整用の光源の複数選択
  • マテリアルライブラリのトップオプション

最適化

  • レンダリング速度は2〜3倍になりました
  • マテリアルライブラリのサイズ調整をサポート
  • デフォルトでHDR屋外画像
  • 回転軸の調整
  • より多くのシーンパラメーターを保存
  • ユーザーインターフェイスの詳細

D5 Render ハードウェアおよびシステムの制約

D5 Renderのプライマリレンダリングパイプラインは、DX12 + DXRに基づいて構築されています。GTX 1060 6GB以上のNVIDIAグラフィックスカードを搭載したWin10 v1809以上が必要です。

なお、DXRを必要としないセカンダリレンダリングパイプラインも並行して開発しています。これにより、OSの互換性とハードウェア要件が大幅に向上します。こうご期待ください。ただし、NVIDIA RTXシリーズにアップグレードすることを強くお勧めします。これは、この新しいアーキテクチャにより、実装によって少なくとも10倍の速度向上が確保されるためです。これは、リアルタイムデザインの対話性と高品質のビデオアニメーションの効率的な制作のためのゲームチェンジャーです。

対応3D形式

Sketchup、FBX、3DMax(D5コンバータープラグインを介して)がサポートされるようになりました。
Rhino、Revit、C4D、およびその他の3D形式がロードマップでサポートされます。乞うご期待。

ベータ版は無料です。
正式リリース時にはコミュニティバージョンも無料でリリースする予定です。それは軽量であり、個々の使用法や教育目的に適しています。プロユーザーおよび企業向けの商用バージョンも、正式リリース後に利用可能になります。


入れててよかったRTX!
是非お試しあれ!

リンク

D5 Render


PR


関連記事

  1. IndigoBench v4.0.46 - 「Indigo Renderer」のベンチマークソフト!GPU&CPUでのレンダリングパワーを測定可能!

    2016-09-28

  2. Houdini Engine Indie FREE - SideFX は99ドルで提供していた「Houdini Engine Indie」の無償化を発表!!

    2016-03-16

  3. Lumion 8 - リアルタイム建築ビジュアライゼーション特化のソフトウェア!新バージョンがリリース!

    2017-11-08

  4. Pixelorama v0.5 - タイムラインも搭載した無料でオープンソースのピクセルアート(ドット絵)制作ツール!Win&Mac&Linux

    2019-12-16

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!




おすすめ商品Pickup

PR

個別相談会

Flying Ship Studio


株式会社 Khepris Japan ( ケプリス ジャパン ) Top・レンダーファームのレンタル、レンダリングサービス


ファイナルファンタジーXVI開発スタッフ募集中


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する

アーカイブ

カテゴリ




相互リンク

インディーズゲームを発掘するならここ

おすすめ記事