AnimationCafe

Unity Optimizer - Unityのビルドサイズを最適化するための補...

インディゲームデベロッパーのEviral氏による、Unityのビルドサイズを最適化するためのスタンドアロンツール「Unity Optimizer」が公開されています。無料版もありますよ。

  • 5
  • 1
  • 0
続きを読む

Cloth Deform 1.0 - 布や皮膚の皺を手軽に追加出来る3ds Ma...

KM-3Dによる、3ds Max向けデフォームプラグイン「Cloth Deform 1.0」が登場!誰でも簡単に皺表現を追加する事が出来ます。

  • 30
  • 8
  • 0
続きを読む

Simply Micro Mesh - 既存の120プリセットや独自のモデルから...

「Simply Cloth」等のアドオンでもお馴染みVjaceslav Tissen(VjaceslavT)氏による新Blenderアドオン「Simply Micro Mesh」が登場!

  • 94
  • 1
  • 0
続きを読む

Baba Yaga: 3D Character Creation from co...

CG&デジタルアート学習オンラインプラットフォーム「WINGFOX(旧:YIIHUU)」にて、3DアーティストRuengsak Muengjaidee氏による、中級者向けマスタークラスコース「Baba Yaga: 3D Character Creation from concept art」が販売されています。

  • 9
  • 1
  • 0
続きを読む

ReBevel v2.0 - 形状を維持したままベベルを再調整可能なBlende...

数多くの便利アドオンを開発しているBartosz Styperek氏による、ベベル再調整アドオン「ReBevel v2.0」がリリースされました。

  • 55
  • 1
  • 0
続きを読む

Autodesk® Maya® Indie、Autodesk® 3ds Max® Indie | AREA JAPAN | Autodesk

D5 Render 1.4 Beta - 無料ベータ版公開中の建築ビジュアライゼーション向けリアルタイムレイトレーシングレンダラー!アニメーション出力に対応!

少し前に話題になった『D5 Render』の最新アニメーションショーリールと、1.4ベータ版がリリースされました。現在無料でダウンロードする事が出来ます。


プロモーション

ゲーム転職


最新アニメーションショーリール

中々良い感じですね。RTX 2080で1フレーム2秒で生成しているクオリティだそうです。
公開停止していた公式サイトも、ようやくオープンになったみたいですね。(ベータのインストーラーがダウンロード出来るだけですが)

D5 Render 1.4 Beta New Features

新機能

  • ビデオアニメーション(ベータ)
    「ビデオ録画」ベータ機能を使用するには、グラフィックカードドライバーをGeForce Game Ready * 436.15 * WHQL以上に更新する必要があります。
  • ウェルカムページの「最近開いたファイル」表示
  • リソースリストで複数選択するにはCtrlを押します
  • キーボードショートカットCtrl + Gで光源とモデルをグループ化
  • バッチ調整用の光源の複数選択
  • マテリアルライブラリのトップオプション

最適化

  • レンダリング速度は2〜3倍になりました
  • マテリアルライブラリのサイズ調整をサポート
  • デフォルトでHDR屋外画像
  • 回転軸の調整
  • より多くのシーンパラメーターを保存
  • ユーザーインターフェイスの詳細

D5 Render ハードウェアおよびシステムの制約

D5 Renderのプライマリレンダリングパイプラインは、DX12 + DXRに基づいて構築されています。GTX 1060 6GB以上のNVIDIAグラフィックスカードを搭載したWin10 v1809以上が必要です。

なお、DXRを必要としないセカンダリレンダリングパイプラインも並行して開発しています。これにより、OSの互換性とハードウェア要件が大幅に向上します。こうご期待ください。ただし、NVIDIA RTXシリーズにアップグレードすることを強くお勧めします。これは、この新しいアーキテクチャにより、実装によって少なくとも10倍の速度向上が確保されるためです。これは、リアルタイムデザインの対話性と高品質のビデオアニメーションの効率的な制作のためのゲームチェンジャーです。

対応3D形式

Sketchup、FBX、3DMax(D5コンバータープラグインを介して)がサポートされるようになりました。
Rhino、Revit、C4D、およびその他の3D形式がロードマップでサポートされます。乞うご期待。

ベータ版は無料です。
正式リリース時にはコミュニティバージョンも無料でリリースする予定です。それは軽量であり、個々の使用法や教育目的に適しています。プロユーザーおよび企業向けの商用バージョンも、正式リリース後に利用可能になります。


入れててよかったRTX!
是非お試しあれ!

リンク

D5 Render


PR


関連記事

  1. Rebelle 3 - デジタル水彩&アクリルペイントソフトウェア!新バージョンがリリース!

    2018-05-10

  2. Gravity Sketch - VR用3Dスケッチ&モデリグツール!SouthernGFXによる作品メイキングも注目!

    2018-08-31

  3. Metasequoia 4 for OS X - 待望のMac版「メタセコイア」!2016年3月28日にリリース予定!ベータ版も公開中

    2016-03-17

  4. PlantCatalog - カスタマイズ可能で植物学的に正確なプロシージャル植生モデルコレクションツール!by E-on Software

    2020-06-24

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!




おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR

オンライン説明会

Flying Ship Studio


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する

アーカイブ

カテゴリ




相互リンク

インディーズゲームを発掘するならここ

おすすめ記事