Simply Cloth Pro - プリセットから素材を選択するだけで超簡単に...

VjaceslavT氏による、布のセットアップをイージーにしてくれるアドオン「Simply Cloth」がアップデートされ、様々な拡張機能を搭載したPro版が追加されました。

  • 126
  • 9
  • 1
続きを読む

UV Toolkit 2.0 for Blender - UV展開支援アドオン!...

Alexander Belyakov氏によるUV展開支援アドオン「UV Toolkit」のv2.0が登場!

  • 112
  • 2
  • 1
続きを読む

Security Tools for Autodesk Maya - Mayaの...

Mayaの動作を妨げる悪意あるスクリプトの存在が確認されたとして、オートデスクはその対策法・対策ツールを公開し話題になっております。Mayaを業務で使用している方はチェックしておきましょう。

  • 73
  • 2
  • 0
続きを読む

STW Substance Designer Utility Node Pack...

Matthias Schmidt氏による、Substance Designerワークフローで活用可能な便利なカスタムノードパック「STW Substance Designer Utility Node Pack 1」がArtstation上で公開されました。無料です。

  • 37
  • 1
  • 0
続きを読む

Flared - BlenderのEeveeビューポートでレンズフレアをリアルタ...

Beniamino Della Torre氏による、BlenderのリアルタイムビューポートEEVEEでレンズフレアを実現可能にしてくれるアドオン『Flared』

  • 46
  • 2
  • 0
続きを読む

Generating Digital Painting Lighting Effects via RGB-space Geometry - 1枚のイラストからライティング効果を生成する技術!SIGGRAPH 2020技術論文

Lvmin Zhang氏、Edgar Simo-Serra 氏、Yi Ji 氏、Chunping Liu氏らによる、1枚のイラストからライティング効果を生成する技術!「Generating Digital Painting Lighting Effects via RGB-space Geometry
SIGGRAPH2020&TOG2020 向け技術論文


PR

Start@Maya〜Maya で 3DCG をはじめよう〜


概要

単一の画像からデジタル絵画照明効果を生成するアルゴリズムを提示します。私たちのアルゴリズムは重要な観察に基づいています。アーティストは多くのオーバーラップストロークを使用して照明効果をペイントします。つまり、ストローク履歴が密なピクセルはより多くの照明ストロークを収集する傾向があります。この観察に基づいて、カラージオメトリを使用してデジタルペインティングのストロークの密度を推定し、アーティストの粗から細へのワークフローを模倣することで新しい照明効果を生成するアルゴリズムを設計します。粗い照明効果は、最初にウェーブ変換を使用して生成され、次に元のイラストのストローク密度に従って使用可能な照明効果にレタッチされます。
私たちのアルゴリズムはコンテンツ認識型であり、生成された照明効果は画像構造に自然に適応し、デジタルおよびマットペインティングの照明効果を生成するための現在の労働集約的なワークフローを簡素化するインタラクティブツールとして使用できます。さらに、このアルゴリズムは、写真や3Dレンダリング画像に使用可能な照明効果も生成できます。私たちのアプローチは、詳細な定性分析と知覚ユーザー調査を含む定量分析の両方で評価します。結果は、提案されたアプローチが既存のアプローチに対して好ましい照明効果を生み出すことができるだけでなく、必要な相互作用時間を大幅に削減できることを示しています。

ちなみにプロジェクト名は「PaintingLight」と呼び、Style2Paintsチームが実施するプロジェクトで、2019年1月頃にスタートしたそうです。

デジタルペインティングイルミネーションデータを取得するのは簡単ではないため、このアルゴリズムはディープラーニングを使用しません。核となるアイデアは、色のジオメトリを利用して、知覚的に実行可能なリライティングシステムを構築することです。そのようなリライティングは物理的に正確ではないかもしれませんが、芸術的なユースケースには十分です。

これまた面白い技術が登場しましたね。絵の完成後にライティング調整が出来ると、表現の幅がさらに広がりそうです。

今後の展開も楽しみですね。Githubにソースも公開されているっぽいですが、プロジェクトはまだ技術研究段階なので注意です。

リンク

Generating Digital Painting Lighting Effects via RGB-space Geometry


PR


関連記事

  1. 3D content creation exploiting 2D character animation - ボーンアニメ付き2Dキャラを3D化するという技術

    2018-08-01

  2. ハイエンドゲーム開発におけるエフェクト制作の課題 - ゲームVFXから学ぶ最新技術情報!第4回VFX技術者交流会で使用された178枚にも及ぶスライドが公開!

    2015-02-10

  3. DELIGHT Engine - Web3Dもここまで来たか!ブラウザ上で動作する脅威のWebGLリアルタイムエンジン!インタラクティブなカメラDemoも要チェック!

    2013-07-10

  4. Simulation-Ready Hair Capture - ディズニー・リサーチによるシミュレーションOKなヘアーキャプチャ技術!

    2017-04-26

コメントをお待ちしております

COMMENT

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おすすめ商品Pickup

PR


スポンサー

注目の記事

PR

アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事