AnimationCafe

Simply Micro Mesh - 既存の120プリセットや独自のモデルから...

「Simply Cloth」等のアドオンでもお馴染みVjaceslav Tissen(VjaceslavT)氏による新Blenderアドオン「Simply Micro Mesh」が登場!

  • 75
  • 1
  • 0
続きを読む

Baba Yaga: 3D Character Creation from co...

CG&デジタルアート学習オンラインプラットフォーム「WINGFOX(旧:YIIHUU)」にて、3DアーティストRuengsak Muengjaidee氏による、中級者向けマスタークラスコース「Baba Yaga: 3D Character Creation from concept art」が販売されています。

  • 4
  • 1
  • 0
続きを読む

ReBevel v2.0 - 形状を維持したままベベルを再調整可能なBlende...

数多くの便利アドオンを開発しているBartosz Styperek氏による、ベベル再調整アドオン「ReBevel v2.0」がリリースされました。

  • 53
  • 1
  • 0
続きを読む

Angie - isotropixのClarisseに搭載されるCPU&GPUフ...

isotropixは2020/11/26 のライブ配信「Isotropix Live: Thinking outside the box」にてCPU&GPUのパワーを同時にフル活用出来る次世代レンダラー「Angie」を発表しました。2021年、Clarisseのアップデートで提供されるとか。

  • 19
  • 9
  • 1
続きを読む

GraphN - Polygonflowの3DCGツール向けノードベースビジュア...

Polygonflowの次世代ツールとして発表されたノードベースビジュアルプログラミングソフト「GraphN」の映像が初公開されました!

  • 15
  • 1
  • 0
続きを読む

Autodesk® Maya® Indie、Autodesk® 3ds Max® Indie | AREA JAPAN | Autodesk

NDunes Beta - 惑星規模の地形生成が可能!次世代リアルタイム3Dアセンブリプラットフォーム!β版公開中!

地球規模の地形生成が可能!次世代リアルタイムアセンブリプラットフォーム!『NDunes』のベータ版が公開されております。

※2020/05/13 – アンインストール時の問題点追記


プロモーション


NDunes

NDunesは、小さな地形から惑星全体まで、仮想世界を作成するために作成されたアセンブリおよびエディションソフトウェアです。NDunesは、さまざまなリソースを作成、収集し、芸術主導の手続き型ツールを使用してそれらを組み合わせて、驚異的なビジュアル、3D、リアルタイムの体験を提供します。NDunesは時間を節約し、数回のクリックで前例のないレベルの複雑さに到達できるようにします。そうしないと、開発に時間がかかりすぎます。

生成機能:大規模なオープンワールドをすばやく作成可能!各種設計ソフトウェアから3Dモデルをインポートし、大規模な屋外シーン(森、国、山、大陸、惑星など)を生成します。

ビューアー機能:リアルタイムのマルチスケール3Dエンジンでシーンをセットアップ。1000 kmの惑星からミリメートルの詳細までビューイング可能です。

パイプライン:シーンをエクスポートします(3Dデータ、画像、動画…)。

今後予定される機能…

  • ランドスケープエディションブラシ
  • アトラスのレタッチツール
  • スクリーンスペースの反射
  • 水システム:海から始まり川・湖・波・フローマップ等
  • 惑星環境:月・星・太陽
  • アニメーション機能:草木等
  • 都市環境
  • 映像向けレンダリング設定
  • ライト作成ツール
  • ジオメトリと植物の構成ツール
  • パフォーマンスの工場
  • その他沢山の修正・機能追加
  • 詳細はこちら:Ndunes-ロードマップ

対応OSは現状64bitのWindosのみです。
とりあえず今は水源のない広大な地形を生成可能!

まだ痒いところに手が届かない感じがしますが、予定されている機能一覧を見ていると今後も期待できそうなツールですね。

問題点

このツールについて問題があったとの事で、メッセージにて情報いただきました。ほぼ原文まま貼り付けます

NDunes Betaですが64bit対応ですが中身は32bitで、
Program Files(x86)にデフォルトでインストールされるのですが、試しに64bitフォルダ(Program Files)にインストールして暫く試した後、CPU使用率が異常に高かったためアンインストールツールを使用したところ、Program Filesの全ファイルが削除対象になってしまいました。
(自分の操作が原因だったかもしれませんが…)

結論として、推奨以外の場所にはインストールしない方が良いと思います。危うくProgram Filesフォルダ内のデータが全部消えるところでした。どうやらアンインストール用の.exeがProgram Filesフォルダに作られてしまうみたいです…。

という感じらしく、導入する方は注意してください。↑の説明を読んでも分けがわからない人は入れないほうが良いですね。

リンク

NDunes – Real Time 3D Platform for Large Scale World Generation.

Screenshot of www.ndunes.com


PR


関連記事

  1. Mari New Features - Foundryの3Dテクスチャペイントソフト「Mari」2.6以降の注目機能と搭載予定の新機能を一挙紹介した動画が公開!

    2018-11-06

  2. Crytek's Renderdoc v0.18 - CRYENGINEでお馴染みCrytekから無料のグラフィックデバッガーが登場!

    2014-02-28

  3. Autodesk Maya LT 2014 リリース!インディーズゲーム開発向けに機能を絞った低価格版Maya!US$795(11万6550円)ただしスクリプトは使えません

    2013-08-29

  4. Mitsuba 0.5.0 リリース! - マルチチャンネルレンダリング!Python統合!Mayaプラグイン!Windows8サポート!オープンソースの物理ベースレンダラー最新版!

    2014-02-28

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!




おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR

オンライン説明会

Flying Ship Studio


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する

アーカイブ

カテゴリ




相互リンク

インディーズゲームを発掘するならここ

おすすめ記事