Maya 2020 - 突如公開された新バージョン!Arnold GPUレンダラ...

AutodeskのメインCGツール Maya の2020バージョンが突如登場!

  • 86
  • 53
  • 0
続きを読む

Pro Align Tools 2.0 - 親切ガイドと直感的な操作でオブジェク...

Yain Vieyra氏による、親切ガイドと直感的な操作でオブジェクトの整列やスナップが可能なアドオンのBlender 2.8x対応バージョン「Pro Align Tools 2.0」がリリースされました!

  • 25
  • 1
  • 1
続きを読む

PSX Shader Effect in UE4 - 初代プレステ時代のようなレ...

Mourad Bakhali氏による、PS1、セガサターンやニンテンドーDSなどの初期3Dゲームでよく目にした頂点の揺らぎをUnreal Engine上で再現するチュートリアル動画が公開!データはGithubでも配布されております。

  • 54
  • 1
  • 0
続きを読む

Public Domain Textures - 自由に使えるCC0ライセンスの...

ドイツのフリーランス3DアーティストのFrederic Hoffmann氏が立ち上げたCC0のテクスチャ配布サイト「Public Domain Textures」のご紹介!

  • 139
  • 49
  • 6
続きを読む

Workflow Breakdown Zelda Attack Animatio...

Riot GamesのキャラクターアニメーターAdam Turnbull氏が、無料リグ付きモデル(ゼルダファンアート)を使用し、攻撃アニメーションを作る際のポイントを紹介した動画を公開し話題を集めております。

  • 147
  • 1
  • 0
続きを読む

NORMALIZATOR - PBR対応!写真や画像から各種テクスチャを生成する事が出来るツールがSteamに登場!

Aurora Softwareから、写真・画像から各種テクスチャを生成することが出来るツール!「NORMALIZATOR」が登場


PR

Mayaで始めるゲーム用ローポリキャラモデル


NORMALIZATOR

このユーティリティは、コンピュータゲームで使用されるテクスチャを作成するように設計されています。
従来の写真や画像を、diffusemap、normalmap、specularmap、illuminationmap、heightmap、glossmap、metallmap、ambient occlusion mapに簡単に変換できます。
このユーティリティでは、別々の編集可能なチャンネルでさまざまな画像をミックスして、ゲームプロジェクトでも使用できる優れたテクスチャを得ることができます。
現時点では、マップチャネルの画像のサイズに推奨される制限があります。これは2048×2048ピクセルです。

対応OSはWindowsのみ。
価格はリーズナブルですが、はてさてどこまで使えるかな?
是非チェックしてみてください!

関連リンク

Steam :NORMALIZATOR

AURORA SOFTWARE


PR


関連記事

  1. FORGER - 筆圧対応で劇的進化!iOS向け多機...

    2018-05-04

  2. Krita Gemini Early Access ...

    2014-04-03

  3. Autodesk Maya LTが値下げ!Steam...

    2014-06-12

  4. Houdini 15.5 - モデリング&群衆機能大...

    2016-05-21

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おしらせ

LINEアカウント作りました!
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR


スポンサー

注目の記事

PR

クリークスタジオ

Flying Ship Studio







アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事

ページ上部へ戻る