Anything World - 機械学習を活用した自動スキニング&アニメーショ...

AI、音声コンピューティング、3D レンダリングを行動インテリジェンスのレイヤーと組み合わせた革新的なプラットフォーム「Anything World」のソリューションがUnreal Engineプラグインとしてリリース!

続きを読む

Animcraft 5.0 - 様々な機能を兼ね備えたアニメーション効率化ソフト...

Basefountによる様々な機能を兼ね備えたアニメーション効率化ソフトウェアソリューション「Animcraft 5.0」がリリースされていました。

続きを読む

Procedural Anatomy Open Beta - Houdiniベー...

Djangotron StudiosによるHoudiniベースのプロシージャル人体構築ツール「Procedural Anatomy」のベータ版が期間限定で公開されています!

続きを読む

PaintsUndo: A Base Model of Drawing Beha...

lllyasviel(Lvmin Zhang氏)が完成画像を入力すると下描きから着彩までの製作工程動画を出力可能な技術「PaintsUndo: A Base Model of Drawing Behaviors in Digital Paintings」を公開しました!

続きを読む

Creality Ender-3 V3 Review - CoreXZ構造採用で...

Creality社様から、2024年に新発売した3Dプリンター「Ender-3 V3」をご提供いただきましたので、早速使ってみました!

続きを読む

Maya 2024 | 製品概要と購入 | Autodesk 公式

PaintsUndo: A Base Model of Drawing Behaviors in Digital Paintings - 完成画像を入力すると下描きから着彩までの製作工程タイムラプス動画を出力可能な技術!Github上に公開!

この記事は約1分28秒で読めます

lllyasviel(Lvmin Zhang氏)が完成画像を入力すると下描きから着彩までの製作工程動画を出力可能な技術「PaintsUndo: A Base Model of Drawing Behaviors in Digital Paintings」を公開しました!

※2024/7/12 – ブラウザ上でお試しできるページへのリンクを追加


プロモーション

求人情報検索 | CG・映像の専門情報サイト | CGWORLD.jp


PaintsUndo: A Base Model of Drawing Behaviors in Digital Paintings

Paints-Undoは、人間の描画動作のベースモデルを提供することを目的としたプロジェクトで、将来のAIモデルが人間のアーティストの実際のニーズにより合致することを期待しています。

Paints-Undo “という名前は、モデルの出力が、デジタルペインティングソフトウェアの “元に戻す “ボタン(通常はCtrl+Z)を何度も押しているように見えるという類似性から着想を得ています。

Paints-Undoは、画像を入力とし、その画像の描画シーケンスを出力するモデルのファミリーを提示します。このモデルは、スケッチ、インキング、着色、陰影付け、変形、左右反転、色カーブの調整、レイヤーの可視性の変更、さらには描画プロセス中の全体的なアイデアの変更など、あらゆる種類の人間の動作を表示しますが、これらに限定されません。

これは色々覆るような技術ですね…。遅かれ早かれこういうのは出るだろうなぁと思いましたが…。
この「PaintsUndo」について、抹茶もなか氏がわかりやすく技術解説を行ってます。

人の手で構築されたものかどうかすら、見分けられなくなる時代がきちゃうのかな…。
技術の詳細などはプロジェクトページとGithubページをご確認ください。
ブラウザ上でお試し可能なページも出来たようです。リンクを追加しておきます。コメントにて情報をご提供いただきました。ありがとうございます!

https://paintsundo.com

リンク

Screenshot of lllyasviel.github.io
Screenshot of github.com
Screenshot of paintsundo.com

注意喚起

当サイトでは、AIやその他最新技術やツールを紹介していますが、これらの技術は適切かつ合法的な用途で使用することを強く推奨します。不正な目的での利用や、他人の権利を侵害する行為は厳禁です。
技術の進化は素晴らしい可能性を秘めていますが、それと同時に倫理的な責任も伴います。AIを含む新たな技術を使用する際には、その影響を十分に考慮し、社会的なルールや倫理規範を遵守してください。
皆様がAI技術を健全に活用することで、より良い社会の実現に貢献できることを願っています。

免責事項

当サイトで紹介する技術やツールを使用したことにより発生したいかなる損害や問題についても、当サイトは一切の責任を負いかねます。使用者自身の責任において、適切かつ合法的な範囲でご利用ください。



プロモーション


関連記事

  1. RigNet - ディープラーニングを活用しモデルへのスキニングを自動で行う技術のソースコードが公開!

    2020-10-22

  2. StrokeGen: Realtime Contour Curve Generation - 既存のオフラインツールと比べ最大800倍高速!?GPUを活用しリアルタイムに輪郭線を描画する最新技術のUnityプロトタイプ実装プロジェクトがGithubにて公開中!

    2022-08-02

  3. RemoCap: Disentangled Representation Learning for Motion Capture - 単一映像から人体の動きを構築する際に遮蔽物があっても比較的高精度な結果を生み出せる新技術!!

    2024-05-28

  4. Real-Time Graphics in Pixar Film Production - ピクサー作品を支えたリアルタイムグラフィックとは!SIGGRAPH 2016プレゼン映像!

    2016-09-01

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/VR/GAME/AIなどのCGに関連する個人的に気になる情報をほぼ毎日紹介!XやYoutubeなども是非フォローよろしくお願いします!

※当サイトの一部記事にはアフィリエイトが含まれております。

アーカイブ

カテゴリ

おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR


PR

DAIKIN x Autodesk |CG Channel Week 2024

採用 | 3DCGアーティスト&テクニカルアーティスト大募集 | 株式会社Cygames

   
USD
3D人のLINEアカウントを作りました!
友だち追加


follow us in feedly

RSSリーダーで購読する


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助!
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!




おすすめ商品Pickup

おすすめ記事

ページ上部へ戻る