AnimationCafe

VRM1.0 - お馴染みの日本発3Dアバター向けファイル形式!遂に正式リリース...

一般社団法人VRMコンソーシアムは、2022年9月22日、3Dアバター向けファイル形式「VRM」のバージョン 1.0を正式にリリース!

  • 34
  • 0
  • 0
続きを読む

BagaPie V8 - Geometry Nodesをベースとした便利ツールセ...

Antoine Bagattini氏によるModifier Nodes、Geometry NodesをベースとしたBlender 3.2,3.3向け無料アドオン「BagaPie Modifier」とアセットをセットにした「BagaPie Assets」の最新バージョンがリリースされています!

  • 130
  • 0
  • 0
続きを読む

Blend File Importer - .blendファイルをそのままUEへ...

Jonathan Murphy氏による、BlenderファイルをUEにそのままインポート可能にするプラグイン「Blend File Importer」が無料公開されています。

  • 115
  • 0
  • 1
続きを読む

Make A Cinematic Motorcycle Race Animati...

3DデザイナーのAbdelilah Hamdani氏による、バイクのシネマティックアニメーションをBlenderで構築する制作解説コース『Make A Cinematic Motorcycle Race Animation In Blender』がCG&デジタルアート学習オンラインプラットフォーム「WINGFOX」にて取り扱い開始されました!

  • 5
  • 0
  • 0
続きを読む

3D SCAN CLEANER for Blender - 3Dスキャンデータの...

Artichoke氏による、3Dスキャンしたデータのクリーンアップ支援Blenderアドオン「3D SCAN CLEANER for Blender」がリリースされました!

  • 61
  • 0
  • 0
続きを読む

Maya、3ds Max のインディー版 | AREA JAPAN | Autodesk

Substance 3D Designer 11.2 - プロシージャルモデル生成!Send To機能やRaytraceベースのノード!UIの変更!定番ノードベースマテリアルオーサリングソフトの新バージョン!

この記事は約2分55秒で読めます

Adobe CreativeCloudとして改めて公開!「Substance 3D Designer 11.2」がリリースされました。Send To機能やRaytraceベースのノードを追加、そしてUIの変更が加わっています。名前は少しだけ変わりました。


プロモーション

ドラゴンクエストXII | タイトル | 中途採用 | SQUARE ENIX -RECRUTING-


Substance 3D Designer プロモーション映像

Substance 3D Designer 11.2

  • 新しいSubstanceモデルグラフ:まったく新しいグラフタイプであるSubstancemodel Graphが利用可能であり、使い慣れたノードインターフェイスを使用して手続き型3Dモデルを作成できます。詳細については、新しい専用のドキュメントセクションをご覧ください。※これは最初のリリースなので、いくつかの制限があります。
  • SendTo機能:新しいSendTo機能は、アセットを他のSubstance3Dアプリケーションにすばやく送信できます。SBSARとして公開し、個々のファイルをロードする必要はもうありませんSendToはこれをワンクリックで解決します。※SteamバージョンはSendTo機能は搭載されていません。
  • 新しいレイトレースノード:5つの新しいRTベースのノードが加わりました。
    • RTAOは、以前のHBAOノードよりも鮮明で正しいAOでさらに優れた仕事をします。
    • コースティクスは、単純なパーリンノイズなどの高さマップに基づいて、物理的に正しいレイトレーシングされたコースティクスを生成します。
    • RTシャドウは、いくつかの簡単なコントロールで、正確なレイトレースシャドウを生成します。
    • RT放射照度は、新しいノードの中で最も進んだものです。高さマップ、環境マップ、および/または放射マップを使用して、マテリアルに基づいてレイトレーシング放射照度を実行します。つまり、定型化されたプロジェクトのように、事前にベイク処理されたライティングを使用してテクスチャを作成したり、ハイトマップで跳ね返るレイトレースグローでベイク処理したりできます。
    • BentNormalノードは通常のノーマルの変換と比較して、このノードはAO情報を使用するようにノーマルマップを変更します。エフェクトを作成するためにメッシュベイカーが必要になる前に、このノードはテクスチャスペースでそれを行います。
  • Adobe Standard MaterialShader:アプリケーション全体でマテリアルとレンダリングを統合するための取り組みにおいて、3Dビューの新しいデフォルトのシェーダーはAdobe Standard MaterialShaderです。一見すると、古いPBRメタリックラフネスシェーダー(とにかくそれに基づいています)と同じですが、より多くのエキゾチックなチャネルをサポートしているため、外部レンダラーを必要とせずにこれらをプレビューできます。
  • UIの変更:UIに小さな変更が加えられましたが、最も明白なものは、グラフの種類を選択できる改善された[ファイル]> [新しいパッケージ]メニューと、新しいグラフの種類のショートカットを提供して他の人に送信するメインツールバーの改善および更新されたボタンです。アプリケーション。

細かいアップデートが多いですが、モデルグラフはちょっと興味深いです。モデル生成までカバーするツールになっていくのかな。こっちの方向に行くと思ってなかったので驚きです。

機能紹介チュートリアル動画

https://www.youtube.com/watch?v=VyFgpitTsYg

「Substance 3D Designer 11.2」はAdobe Substance 3D Collectionプランの一部として、月額4,818 円(税込)で利用可能です。この価格は初年度特別価格で、通常価格は月額6,028 円 (税込)です。
その他には Substance 3D Texturing の一部として月額2,398 円 (税込)でも利用可能です。
一応Steam版もありますが、一部機能が制限されてたりしますのでご注意ください。

リンク

Version 11.2 | Substance 3D Designer

Screenshot of substance3d.adobe.com

パラメトリック3Dアセット、モデル、マテリアル、パターンを制作する、3Dデザインソフトウェアの決定版 | Adobe Substance 3D Designer

Screenshot of www.adobe.com

プロモーション

C&R Creative Academy – 本気の未経験クリエイター育成プログラム



関連記事

  1. Whats unique about Substance? - 結局AllegorithmicのSubstance製品って何が出来るの?そんな疑問に一気に答える紹介映像が公開!

    2014-06-06

  2. Substance Painter UDIM Beta - 待望のUDIM対応!クローズドベータが2020年1月に開始!

    2019-12-12

  3. Substance Painter Beta 9‏ - ポストエフェクトミドルウェア「YEBIS2」を搭載!次世代3Dペイントソフト最新ベータ版紹介映像!

    2014-07-18

  4. Substance Designer 2019.1 - 使える新ノード多数!新エンジンを搭載!高速化等

    2019-05-10

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!

アーカイブ

カテゴリ

おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR

育成講座

採用 | 3DCGアーティスト&テクニカルアーティスト大募集 | 株式会社Cygames


あなたの作品を有力企業が一括選考!転職者向け/ポートフォリオ オンライン選考会

Curo Inc.

『テイルズ オブ』開発メンバー募集中! - RECRUITING NEWS | RECRUIT | バンダイナムコスタジオ公式サイト

ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する




おすすめ商品Pickup

おすすめ記事

PR


ページ上部へ戻る