AnimationCafe

美しい女性キャラクター『Anna』の全製作工程 - 日本人モデラーの坂上千穂氏に...

フリーランスキャラクターモデラーの坂上千穂氏による、MayaやZBrush、Marvelous Designer、Substance Painterといった主要CGソフトを使用し女性キャラクターモデルを制作するチュートリアル「美しい女性キャラクター『Anna』の全製作工程」がCG&デジタルアート学習オンラインプラットフォーム「WINGFOX」にて公開!

  • 24
  • 1
  • 0
続きを読む

Pixel Art Workshop - 写真や画像、FBXモデルから特殊イラス...

tdlsoftwareによる、写真や画像からピクセルアート(ドット絵)素材へ編集・変換する為のツール「Pixel Art Workshop」のご紹介

  • 54
  • 4
  • 1
続きを読む

Mechanics-Aware Deformation of Yarn Patt...

Georg Sperl氏、Rahul Narain氏、ChrisWojtan氏らによるニットの縫い方応じた変形をアニメーションに適用するアプローチ「Mechanics-Aware Deformation of Yarn Pattern Geometry」のSIGGRAPH 2021向け技術論文と動画が公開されています。

  • 89
  • 4
  • 0
続きを読む

PrintNodes - ノードツリーの高解像度スクリーンショットを撮影する為の...

YeetusBlenditusによるノードツリーの高解像度スクリーンショットを撮影する為の無料Blenderアドオン「PrintNodes」が公開されています。

  • 27
  • 1
  • 0
続きを読む

Isometric room in Blender quick workflow...

EEVEEおよびCyclesレンダラーとの互換性のある無料のマテリアルやブラシ、モデルをシーンに読み込むことが出来るBlender標準搭載のライブラリアドオン「Blenderkit」のYoutubeチャンネルからアイソメトリックルームを制作するタイムラプス映像が公開されています。

  • 35
  • 2
  • 0
続きを読む

Autodesk® Maya® Indie、Autodesk® 3ds Max® Indie | AREA JAPAN | Autodesk

Substance Painter 2019.2 - GPUによるテクスチャベイク処理が超高速化!ベイカー周りの大幅改善

Adobeは3Dテクスチャペイントソフトウェア最新アップデートである「Substance Painter 2019.2」をリリースしました!NvidiaのGPUを使用した高速ベイクや、40の新しいスマートマテリアルなどが追加搭載されました。


プロモーション

ファイナルファンタジーXVI開発スタッフ募集中


Substance Painter 2019.2 の特徴

ベーキングプロセスが視覚化
  • ベイカーワークフローの改善
    • ベーキングプロセスが視覚化され、ビューポートに表示されるようになりました。
    • ベーキングダイアログが改良され分かりやすくなりました。
    • ベイク処理のキャンセルによってアプリケーションがロックされなくなりました。また、キャンセル時の反応が速くなりました。
  • ベイカーのパフォーマンス改善
    • CPUレイトレーシングが改善され以前よりも2〜3倍速くなりました。対応したGPUを使用していなくても、今回のアップデートでは体感を得られます。
    • DXRとOptixによるGPUレイトレーシングをサポートしました。互換性のあるハードウェアを使用すると、特にアンチエイリアシングが有効で多数の光線が定義されている場合に、計算時間を劇的に短縮するGPUで直接計算できるようになりました。利用可能な場合はDXRがデフォルトのオプションで有効化、それ以外の場合はOptixが使用されます。
      ※GPUレイトレーシング機能を有効にするには、Nvidiaドライバ430.86以降にアップデートする必要があります。
      ※GPUレイトレーシングを使用している場合、ハイポリメッシュがGPUのVRAMに収まらない場合、ベイカーは失敗する可能性があります。

アンビエントオクルージョンマップは、最大193倍速、Thicknessマップは最大100倍速くベイク可能です。

※新しいGPUレイトレーシング機能は、AOやThicknessマップにのみ影響し、他のベイカーには影響しません。
※アンビエントオクルージョンマップはNvidia GeForce GTX 2060では2019.1よりも60倍速くベイク処理されます。

  • その他の新機能と改善点
    • 回転マニピュレータの回転速度がカメラとシーンサイズにリンクされ回しやすくなりました。
    • ビューポートスケーリング設定が追加されました。
    • スクリプトAPIからコマンドを簡単に実行するためプラグイン。Githubで利用可能:https://github.com/AllegorithmicSAS/painter-plugin-console
  • 新しいコンテンツ
    • 40の新しいスマートマテリアル
    • 20個の新しいスマートマスク
  • その他細かな改善

サブスタンス、いいよぉ、いいよぉ。Adobeの買収後も勢い止まらない感じ、いいよぉ

リンク

Steam:Substance Painter 2019


PR


関連記事

  1. Black Ink Beta - ノードベースでカスタマイズ可能な”非現実”ブラシ!GPU動作でサクサク描ける次世代デジタルペイントツール!

    2014-01-07

  2. DesignSpark Mechanical v4.0 BETA - 無料で商用利用OKな3DCADソフト!2年ぶりのバージョンアップ!βテスト中

    2018-10-24

  3. Marvelous Designer 9 リリース - 3D衣装作成定番ソフト新バージョン!高速GPU計算や細分化&リトポロジー機能などを搭載!

    2019-10-11

  4. Realistic Paint Studio - アナログの良いところを取り入れた新たなデジタル2Dペイントソフトウェアが登場!Win&Mac&iPad

    2020-09-15

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!




おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR

求人特集

Flying Ship Studio


株式会社 Khepris Japan ( ケプリス ジャパン ) Top・レンダーファームのレンタル、レンダリングサービス


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する

アーカイブ

カテゴリ




相互リンク

インディーズゲームを発掘するならここ

おすすめ記事