PeniParker(SP//DR) vs Mysterio - CGアニメータ...

CGアニメーター古屋 隆介氏によるアニメーションショートクリップ「PeniParker(SP//DR) vs Mysterio」がクール!!!Blenderを使用し制作されております!

  • 46
  • 1
  • 0
続きを読む

BlendFab - アセットライブラリサイトにて有名なブラウザ上で動く法線マッ...

アーティスト向けのアセット・マテリアルライブラリサイトとして「BlendFab」のサイトが公開されましたが、某有名な法線マップを生成出来るWebアプリ「NormalMap-Online」も「BlendFab Online All Normal Map Generator」として移植公開されました。

  • 59
  • 30
  • 1
続きを読む

TextureLab v0.1.0 Beta - オープンソース&無料のノードベ...

インディゲームデベロッパーのNicolas Brown氏による、オープンソースかつ無料でクロスプラットフォームのノードベースプロシージャルテクスチャ生成ツール「TextureLab」のv0.1.0 Betaが公開されました。

  • 185
  • 41
  • 4
続きを読む

Vertex Anim Toolset - UE4上で頂点アニメーションテクスチ...

負荷対策ではお馴染み、ボーン制御等で制御されたアニメーションをテクスチャを使った頂点アニメーション(Vertex Animation Texture(通称VAT))用にベイクをUE4上で完結してくれるツールプラグイン「Vertex Anim Toolset」がUEマーケットプレイスでリリースされました。

  • 27
  • 8
  • 1
続きを読む

Star Wars Jedi: Fallen Order - Dismember...

パロディ動画でお馴染み「Nukazooka」による先日発売された新作ゲーム「Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー」のパロディ動画「Star Wars Jedi: Fallen Order - Dismemberment 」が公開されました。ゲームでは弱体化されたライトセーバーについてのネタ動画です。

  • 32
  • 8
  • 0
続きを読む

Substance Painter 2019.2 - GPUによるテクスチャベイク処理が超高速化!ベイカー周りの大幅改善

Adobeは3Dテクスチャペイントソフトウェア最新アップデートである「Substance Painter 2019.2」をリリースしました!NvidiaのGPUを使用した高速ベイクや、40の新しいスマートマテリアルなどが追加搭載されました。


PR

【秋の感謝セール】3ds Max が新規購入で最大 25% OFF


Substance Painter 2019.2 の特徴

ベーキングプロセスが視覚化
  • ベイカーワークフローの改善
    • ベーキングプロセスが視覚化され、ビューポートに表示されるようになりました。
    • ベーキングダイアログが改良され分かりやすくなりました。
    • ベイク処理のキャンセルによってアプリケーションがロックされなくなりました。また、キャンセル時の反応が速くなりました。
  • ベイカーのパフォーマンス改善
    • CPUレイトレーシングが改善され以前よりも2〜3倍速くなりました。対応したGPUを使用していなくても、今回のアップデートでは体感を得られます。
    • DXRとOptixによるGPUレイトレーシングをサポートしました。互換性のあるハードウェアを使用すると、特にアンチエイリアシングが有効で多数の光線が定義されている場合に、計算時間を劇的に短縮するGPUで直接計算できるようになりました。利用可能な場合はDXRがデフォルトのオプションで有効化、それ以外の場合はOptixが使用されます。
      ※GPUレイトレーシング機能を有効にするには、Nvidiaドライバ430.86以降にアップデートする必要があります。
      ※GPUレイトレーシングを使用している場合、ハイポリメッシュがGPUのVRAMに収まらない場合、ベイカーは失敗する可能性があります。

アンビエントオクルージョンマップは、最大193倍速、Thicknessマップは最大100倍速くベイク可能です。

※新しいGPUレイトレーシング機能は、AOやThicknessマップにのみ影響し、他のベイカーには影響しません。
※アンビエントオクルージョンマップはNvidia GeForce GTX 2060では2019.1よりも60倍速くベイク処理されます。

  • その他の新機能と改善点
    • 回転マニピュレータの回転速度がカメラとシーンサイズにリンクされ回しやすくなりました。
    • ビューポートスケーリング設定が追加されました。
    • スクリプトAPIからコマンドを簡単に実行するためプラグイン。Githubで利用可能:https://github.com/AllegorithmicSAS/painter-plugin-console
  • 新しいコンテンツ
    • 40の新しいスマートマテリアル
    • 20個の新しいスマートマスク
  • その他細かな改善

サブスタンス、いいよぉ、いいよぉ。Adobeの買収後も勢い止まらない感じ、いいよぉ

リンク

Steam:Substance Painter 2019


PR


関連記事

  1. IBLBaker - PBR用環境キューブマップを作...

    2014-12-01

  2. Substance Painter Beta 1 W...

    2014-02-06

  3. Clarisse iFX 4.0 - ハイエンド3D...

    2019-02-01

  4. Paintstorm Studio - 多彩なブラシ...

    2015-03-31

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おしらせ

LINEアカウント作りました!
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR


スポンサー

注目の記事

PR

ゲームイベント

Flying Ship Studio







アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事