G-Lasso Draw - 投げ縄ツール間隔で軽快にポリゴン生成出来るBlen...

忘却野(Bookyakuno)氏による、投げ縄ツールを扱う間隔で軽快にポリゴン生成が出来るアドオン「G-Lasso Draw」が登場!

  • 65
  • 9
  • 0
続きを読む

Boxcutter 711 - Blender向けサクサクブーリアンモデリングア...

HardOPS等でお馴染みTeamCによる、Blender向けサクサクブーリアンモデリングアドオン新バージョン「Boxcutter 711」がリリースされてます!ちなみにバージョン710からBlender 2.8 専用となってますよ。

  • 127
  • 19
  • 0
続きを読む

exzo-skelton v1.0 - 自由に使えるメカモデル「エグゾスケルトン...

匹夫之 優氏がデザインした架空の工業製品「exzoskelton(エグゾスケルトン)」の3Dモデルデータが無償公開されております。無料・表記不要・改変可・商用利用可とのことですよ!

  • 76
  • 34
  • 0
続きを読む

Scene Fusion for Unreal Early Access - 同...

KinematicSoupによる、ゲームエンジン上での同一レベル上での共同開発を可能にするプラグイン「Scene Fusion」のアンリアルエンジン対応バージ[...]

  • 0
  • 6
  • 0
続きを読む

Kitbull - 今度は2Dアニメ!ピクサーのSparkShortsプログラム...

ピクサー・アニメーション・スタジオによる、個々のアーティストの可能性を発掘すべく、短編作品を作り出す新たな試み「SparkShorts」プログラムのショートフィルム第三弾!「Kitbull」が公開されました。

  • 23
  • 18
  • 0
続きを読む

ZBrushプロテクニック エキスパートたちのZBrushマジック! - Pixologicのリードアプリケーションエンジニア著書の中~上級者向けZBrushテクニック本!日本語版が登場!

ZBrush Professional Tips and Techniques JP

ZBrushプロテクニック エキスパートたちのZBrushマジック!がボーン・デジタルから発売されます。公式ページ
中~上級者向けにZbrushのテクニックを解説した洋書
ZBrush Professional Tips and Techniquesの日本語版です。


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN



  • 大型本: 288ページ
  • 出版社: ボーンデジタル
  • 言語 日本語
  • 発売日: 2013/3/1

著者はPixologicのリードアプリケーションエンジニアPaul Gaboury(ポール・ギャブリー)氏!と
18名のZBプロフェッショナル達が書き下ろしたこの本は
ボーンデジタルさんから以前発売された「ZBrushマスター」からのステップアップに最適なテクニック本となっています。
結構知らない機能が隠れているZBrush、この本が完全習得への近道になるかもしれませんね!

日本語版のZbrush書籍が増えるのは非常に嬉しいですねぇ!
ボーンデジタルさんはコンスタントにZbrush書籍を日本語化してくださるので素敵!

予約・購入はAmazonからどうぞ

少々お安く手に入る海外版の紹介
ZBrush Professional Tips and Techniques
英語で問題ないかたはこちらもお勧めです。


Kindle版もありますよ!

【本書の特徴】
エキスパートたちによるZBrushマジック!
デジタルスカルプティング(彫刻)ソフトZBrushのプロ向けテクニック集

「創造的で時間の節約になる」そんなZBrushのプロフェッショナルたちのテクニックを学びませんか?
Paul Gaboury(ポール・ギャブリー)はPixologicのリード3Dアプリケーションエンジニアであり、
世界中のプロアーティストやPixar、Disney、ILMといった名立たるプロダクションにZBrushの使い方を教えています。
彼の持つ極意、そして、世界に名を知られたZBrushアーティストたちのテクニックを、
このガイドブックに集約しました!

「メッシュやカスタムブラシの簡単な作り方をご存知ですか?」
「ツールにZSphereリグの設定が必要ではありませんか?」
スカルプト、ポージング、レンダリングの基本から応用テクニックまで、本書で実践的に楽しく学習すれば、
さらに創造的でリアルな作品をつくれるようになるでしょう。

※ 本書は「ZBrush Professional Tips + Techniques」の日本語版です

【主な内容】
・ZBrushの基本を確認し、素早くアクセサリーを作成する
・ハードサーフェスツールを使用したスカルプト、シャドウボックスの機能を紐解く
・[Morph Target]サブパレットの[CreateDiffMesh]ボタンを活用する
・スキャンデータの操作して、トポロジメッシュに投影する
・簡単にヘアをスカルプトして時間を節約する
・楽しみながら効率よくキャラクターをポージングする
・ZBrushアーティストの極意をステップバイステップで学習し、作品を仕上げる

【付属DVD-ROMについて】
DVDには、各レッスンで使用するサンプルファイルとモデルや、特別チュートリアル(PDF形式)、そして、ムービーなどが収録されています。
(※音声は英語です。)チュートリアル用ファイルは、ZBrush 4R2b 以降対応です。

【対象読者】
中~上級者向け ZBrushユーザ、3DCGクリエイター、彫塑家、造形師、原型師、芸術系学生など

【対応バージョン】
ZBrush 4R2b 以降

【目次】
Chapter 1 基本を理解する
Chapter 2 胸像を引き立てるアクセサリの作成
Chapter 3 スカルプト – 作品を高度な次のステージへ
Chapter 4 スカルプト – ハードサーフェスのディテールを作成する
Chapter 5 色を効果的に追加する
Chapter 6 スキャンデータを使用する
Chapter 7 ポージング – 作品に動きを追加する
Chapter 8 ホッケー用スケート靴のディテールを作成する
Chapter 9 レンダリング – イメージにリアリティを追加する

関連記事

  1. CGWORLD 2015年11月号 vol.207 ...

    2015-10-06

  2. Unityで作るスマートフォン3Dゲーム開発講座 U...

    2013-02-08

  3. 世界に衝撃を与えたグラフィックデザイン 100のアイ...

    2015-11-02

  4. Photoshopで描くキャラクター 身体構造、構図...

    2015-12-16

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup