Animating Meis Frosty Highlight Intro - ...

キャラクターアニメーター、David Gibson氏がが、「オーバーウォッチ」のキャラクター「メイ」のハイライトアニメーション制作過程映像「Animating Mei’s Frosty :) Highlight Intro」を公開!

続きを読む

Substance Painter 2.5 - ブラシ透明度・カラーマネジメント...

allegorithmicのテクスチャ・マテリアルペイントソフトウェアがマイナーアップデート!「Substance Painter 2.5」!

続きを読む

Katana - Japanese Sword 3D Models for UE...

Bunno pen(ブンノペン)が開発、公開したUnreal Engine 向け「日本刀」のモデルアセット!歴史資料に基き制作された緻密なディテールに注目!Unity版も3月にリリース予定!

続きを読む

Autodesk Games Customer Reel 2017 - オートデ...

オートデスク製品で制作されたゲーム関連作品のカスタマーリール2017「Autodesk Games Customer Reel 2017」

続きを読む

CRTify - CRT風なレトロディスプレイ表現をお手軽追加!UE4向けプラ...

ユニークなUE4向けアセットを販売している「Gameapp Maker Co.」によるUE4向けプラグイン!「CRTify」。レトロディスプレイ表現をお手軽追加!

続きを読む

Getting to Know Toolbag 3 - リアルタイムビジュアライズソフトウェア「Toolbag 3」のワークフローを垣間見える公式動画5本が公開!

Marmosetのリアルタイムビジュアライズソフトウェア「Toolbag 3」のワークフローをキャラクターアーティスト、Yuri Alexander 氏が解説した公式動画「Getting to Know Toolbag 3」が5本公開されました!


PR
カプコン採用イベント

Getting to Know Toolbag 3 | Ep. 1: Scene Setup

エピソード1、シーンセットアップ
モデル読み込みから、マテリアル・環境設定。基礎部分です。

Getting to Know Toolbag 3 | Ep. 2: Lighting & Presentation

エピソード2、ライティングとプレゼンテーション
基本的なライティングからArtstationへのパブリッシュまで

Getting to Know Toolbag 3 | Ep. 3: Animation

エピソード3、アニメーション
キャラクターアニメーションの適用と、ライト及びカメラのアニメーション設定

Getting to Know Toolbag 3 | Ep. 4: Texture Baking

エピソード4、テクスチャベイキング
ハイポリからのテクスチャ焼きこみ解説。最終的なビジュアルを確認しながらケージの調整、部分的なマスキングが行えるのは素晴らしいですね。
Photoshopでのノーマルマップ調整を行うワークフローからオサラバできそう!

Getting to Know Toolbag 3 | Ep. 5: Global Illumination

エピソード5、グローバルイルミネーション

うーん、素晴らしい!私ももっと活用しよう(作品を作らねば…

最後にMarmoset Toolbag 3のプロモーション映像を

Introducing: Marmoset Toolbag 3

ぜひお試しあれ!

Toolbag 3 の価格

  • フリーランス/アカデミック(フリーランス、学生、教育者向け)
    フルライセンス:$189.00
    アップグレード:$79.00
  • スタジオ(企業向け)
    フルライセンス:$379.00
    アップグレード:$189.00

 

関連リンク

関連記事

  1. David-Revoy-Gmic-Colorize Demo
  2. OctaneRender 2.0 発表!
  3. MXD3D Editor

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2017.01.03ZBrushCentral 2016 Slideshow - 数多くの素晴らしい作品生み出したスカルプトソフト「ZBrush」の2016年スライドショー!

2017.01.05Fractalicious 5 - 吸い込まれそうな幾何学世界!フラクタルアーティストJulius Horsthuis氏の作品集第五弾!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR


採用情報 | 株式会社ヘキサドライブ | HEXADRIVE | ゲーム制作を中心としたコンテンツクリエイト会社


CharacterArpeggio~3ds Max 2017 キャラクター作成術~

スポンサー

おすすめ記事

  1. Physically Based RealTime Rendering for Artists
  2. Mischief Gallery mermaid
  3. SpeedyPainter 3.2.4