EmberGen First Look - 期待のリアルタイムエフェクト作成ツー...

以前紹介した、 JangaFXによる新たなノードベースのリアルタイム流体シミュレーションツール「EmberGen」のUIとタイムラインエディタのお披露目映像が公開されました!

  • 21
  • 1
  • 1
続きを読む

Blunder v0.5 - Blender 2.8のGUIと操作をアンリアルエ...

少し前に紹介したSpectral Vectorsによる、Blender 2.8をUnreal Engineぽくするテンプレート「Blunder」がバージョン0.5にアップデートされてました。

  • 33
  • 1
  • 1
続きを読む

Raytracer In Excel - エクセル上でレイトレーシング!

プログラマーのs0lly氏がエクセル上でレイトレーシングを行った動画とエクセルファイルを公開しております。

  • 21
  • 3
  • 0
続きを読む

USD for Maya - オートデスクからピクサーのオープンフォーマットを扱...

USD for Maya - オートデスクからピクサーのオープンフォーマットを扱う為のMayaプラグイン!GitHubにて公開

  • 23
  • 35
  • 0
続きを読む

speedCut - Mayaで非破壊ブーリアンワークフローを実現するスクリプト...

Joe Wu氏による、Mayaでここ最近のBlender風な非破壊ブーリアンワークフローを実現するスクリプトがGumroadから無料ダウンロード可能です!

  • 71
  • 6
  • 0
続きを読む

Affinity Designer and Photo v1.7 - Affinityのグラフィックソフト!GPUによる高速化&HDR対応した最新バージョン!Win&Mac&iPad

Affinityのグラフィックソフト「Affinity Designer」と「Affinity Photo」のバージョンv1.7がリリースされています。WindowsとMacOS、そしてiPadで利用可能ですよ。


PR

美大生がMayaで描く背景映像の世界 オンデマンド配信


v1.7アップグレードでは、MacユーザーはMacのディスクリートGPUをフルに活用するために、エンドツーエンドのMetalコンピューティングアクセラレーションを利用できるようになり、すべてのラスターレイヤーとブラシ操作が最大10倍速くなりました。そして現在では、マルチGPUもサポートしています

Windows版のハードウェアアクセラレーションは現在取り組んでいる所らしく、将来のアップデートで提供される予定です。ただ今回のアップデートでは、新しいメモリ管理システムが導入され、Windowsマシンの場合、速度が3倍または4倍向上しているとの事。その他Microsoft Surfaceデバイスのダイヤルとペンのサポートも大幅にアップグレードされています。

また、両ソフトは 最新のHDR / EDRモニタをフルサポートするようになりました。これにより、PhotoはRAWファイルに取り込まれた新しいレベルのディテールを見ることができ、Designerはグラフィックの色の濃さを以前よりもはるかに強くすることができます。もちろんHDRモニターにも対応しています。

iPadのAffinityのユーザーもさらなるパフォーマンスの最適化とリフレッシュされたコンパクトなUIが提供されました。新しい7.9インチスクリーンiPad miniにも最適化されております。

これらのデバイス固有の改善に加えて、たくさんの新機能と改善があります – それらはすべてMac、WindowsとiPadのバージョンで利用可能です。

Affinity Photo v1.7

  • 大幅に高速化されたファイルの読み込み、新しいデモザイク処理アルゴリズム、より効果的なノイズリダクション、ホットピクセル除去、および広い色空間開発を提供する、大幅に改善されたRAW処理エンジン。
  • まったく新しいマルチブラシ、対称モード(最大32方向)、およびショートカットキーによるオンザフライノズル回転を追加する書き換えブラシエンジン。
  • バッチ処理が改善され、一般的に使用される要素をすばやくドラッグアンドドロップするための新しいアセットパネルが利用可能になりました。また、レイヤーパネルには全面的な見直しが行われました。

Affinity Designer v1.7

  • 任意の等角平面上で直接作業することを可能にする新しい等角投影コントロール、またはシングルクリックで既存の要素を平面に合わせることができます。
  • ベクターシェイプは、無制限の数のストロークと塗りつぶしを持つことができ、さまざまな属性をインターリーブしてそれらをどのようにブレンドするかを自由にコントロールできます。ストロークパネルにもカーソルが追加されました。
  • ノードのなげなわ選択、スカルプトモードを追加する鉛筆ツール、新しいポイント変換ツール、ガイド、グリッド、スナップの大幅な改善、すべてのベクトルツールの改善等。

Affinity PhotoとAffinity Designerの新しい1.7バージョンは、サブスクリプション無しで、現在20%の割引価格(デスクトップ¥4,800、iPad ¥1,900)で入手可能です。既存のユーザーは無料で更新版をダウンロードできます。

体験版もあるので是非お試しあれ!

リンク


PR


関連記事

  1. P-XCEL 1.01 - ローポリモデラー必見!ド...

    2014-05-30

  2. Tea Time - Pixar社のレンダラー新バー...

    2018-09-28

  3. Substance Painter Beta 8 -...

    2014-07-01

  4. ANIMVR Beta 1.0 - VR空間上でアニ...

    2017-03-31

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

Google Translate

おしらせ

3D人-3dnchu-をチェックされてる皆様にアンケートのお願い。
ご協力よろしくお願いいたします。※数分でおわります。
※Googleアカウントでログインが必要です。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup