PureRef 2.0 - 高速・シンプル・直感的な参考資料専用ビューアソフト!...

参考資料・画像などを集めて閲覧するのに最適な画像ビューアー『PureRef』待望のメジャーアップデート!『PureRef 2.0』がリリースされました!

続きを読む

My first step in Strand-based Foliage Si...

インディーゲーム開発者のGhislain Girardot氏によるストランドをベースとした植物シミュレーションの試行錯誤テクニカルブレイクダウン動画が公開されています!

続きを読む

Autodesk acquires Wonder Dynamics - オートデ...

2024年5月21日オートデスクがAIを使ったCGキャラクター実写合成ソリューションを提供するWinder Dynamicsを買収したことを発表しました!

続きを読む

GaussianObject: Just Taking Four Images ...

4枚の画像からGaussian Splatting技術を活用し高品質な3Dオブジェクトを生成するための技術『GaussianObject: Just Taking Four Images to Get A High-Quality 3D Object with Gaussian Splatting』が公開されています。

続きを読む

ICity 1.0 Beta - 区画設計から道路生成!プロシージャルビル生成!...

テクニカルアーティストのHothifa Smair氏によるBlender用の都市生成アドオン『ICity 1.0』のベータ版がリリースされました!

続きを読む

Maya 2024 | 製品概要と購入 | Autodesk 公式

Real Time Car Damage in UE4 - リアルタイムの自動車破壊を様々な技法を使いアンリアルエンジン上で検証した論文!

この記事は約1分15秒で読めます

ゲームプログラマーSmekens Robin氏による、リアルタイムの自動車へのダメージのための、様々な技術の研究と実装を行ったとされる論文「Real Time Car Damage」です。 モーフターゲット、スケルタルメッシュ、プロシージャルメッシュ、マテリアルによる頂点変形などのテクニックを使用し、アンリアルエンジン上で構築。それぞれのテクニックの長所と短所を上げておられます。


プロモーション

求人情報検索 | CG・映像の専門情報サイト | CGWORLD.jp


このプロジェクトはSmekens Robin氏が
DAE(Digital Arts and Entertainment) Howestで7週間かけて制作した卒業作品です。

検証動画

論文リンク

Microsoft Word – DynamicCarDamage_Paper_SmekensRobin.docx

論文でも挙げられたタイトル「WRECKFEST」や「BEAMNG.DRIVE 」はSoftbodyを使用しておりますが、これらはダメージを受けすぎると非現実的な形になる事を懸念されてます。

結論としては、結果が予想出来るのと実装が簡単なモーフターゲットの使用を推奨されています。トータルバランスが良い感じですね。スケルタルメッシュは大量のボーンを必要とし、更に計算が非常に重くなる懸念があり、プロシージャルメッシュは、時間があれば活用出来そうな道だとか。また、マテリアルによる頂点変形は優れた手法、その結果がオーバーヘッドに見合う価値があるかどうかまでは証明できてないとのこと。その他ガラス割れ表現は、複合的な効果が必要です。

また、クリッピングや物理挙動の不具合などは、潜在的に問題が残ります。これらを完璧に解決させるのは難しそうですね。

リンク

SMEKENS Robin


プロモーション


関連記事

  1. Ready At Dawn SIGGRAPH Slides - PS4の美麗グラフィックゲーム「The Order: 1886」SIGGRAPHスライド資料が公開!

    2015-08-16

  2. Building a Next Gen Open World - アサシンクリード4 ブラックフラッグで表現されるリアルタイム技術を紹介する映像が公開

    2013-09-13

  3. Lighting the City of Glass - 「ミラーズエッジ カタリスト」のビジュアル構築に関するGDC 2016プレゼンテーションスライド!

    2016-04-05

  4. THE GIFT GDC2016 Trailer - リアルタイム映像時代来た!マーザ・アニメーションプラネットによるゲームエンジン「Unity」を使った映像作品!

    2016-03-16

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/VR/GAME/AIなどのCGに関連する個人的に気になる情報をほぼ毎日紹介!XやYoutubeなども是非フォローよろしくお願いします!

※当サイトの一部記事にはアフィリエイトが含まれております。

アーカイブ

カテゴリ

おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR


PR


採用 | 3DCGアーティスト&テクニカルアーティスト大募集 | 株式会社Cygames

   
USD
3D人のLINEアカウントを作りました!
友だち追加


follow us in feedly

RSSリーダーで購読する


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助!
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!




おすすめ商品Pickup

おすすめ記事

ページ上部へ戻る