Rectitude - ノードベースのプロシージャルピクセルアート(ドット絵)エ...

Lionel Barret氏による、ノードベースのプロシージャルピクセルアート(ドット絵)作成ツール「Rectitude」

  • 0
  • 0
  • 0
続きを読む

Auto Chamfer 2.0 - Substance Painter&Des...

Artyom Sarkisyan氏による、ハイメッシュからのベイクをせずに面取りノーマルを生成可能なSubstance Painter&Designer向けフィルター「Auto Chamfer 2.0」がリリース!

  • 0
  • 0
  • 0
続きを読む

Dilation Tool - テクスチャの空き領域を塗りつぶしてくれるツール!...

Markus Pohl氏による、テクスチャの空き領域を塗りつぶしてくれるスタンドアロンツール「Dilation Tool」

  • 0
  • 0
  • 0
続きを読む

DM 1.5 for Houdini - Houdiniで一般的なアナログモデリ...

Alexey Vanzhula氏による、Houdiniでの手動モデリング部分を大幅に機能改善してくれるアドオン新バージョン「DM 1.5」がリリースされました。

  • 0
  • 0
  • 0
続きを読む

Adobe Fresco - スタイラスやタッチデバイス向けに設計されたアドビの...

スタイラスやタッチデバイス向けに設計されたアドビの新ペイント&ドローイングアプリ、コードネーム「Project Gemini」が「Adobe Fresco(アドビ フレスコ)」という名前で今年後半にリリースされるそうです!

  • 30
  • 0
  • 0
続きを読む

Real Time Car Damage in UE4 - リアルタイムの自動車破壊を様々な技法を使いアンリアルエンジン上で検証した論文!

ゲームプログラマーSmekens Robin氏による、リアルタイムの自動車へのダメージのための、様々な技術の研究と実装を行ったとされる論文「Real Time Car Damage」です。 モーフターゲット、スケルタルメッシュ、プロシージャルメッシュ、マテリアルによる頂点変形などのテクニックを使用し、アンリアルエンジン上で構築。それぞれのテクニックの長所と短所を上げておられます。


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


このプロジェクトはSmekens Robin氏が
DAE(Digital Arts and Entertainment) Howestで7週間かけて制作した卒業作品です。

検証動画

論文リンク

Microsoft Word – DynamicCarDamage_Paper_SmekensRobin.docx

論文でも挙げられたタイトル「WRECKFEST」や「BEAMNG.DRIVE 」はSoftbodyを使用しておりますが、これらはダメージを受けすぎると非現実的な形になる事を懸念されてます。

結論としては、結果が予想出来るのと実装が簡単なモーフターゲットの使用を推奨されています。トータルバランスが良い感じですね。スケルタルメッシュは大量のボーンを必要とし、更に計算が非常に重くなる懸念があり、プロシージャルメッシュは、時間があれば活用出来そうな道だとか。また、マテリアルによる頂点変形は優れた手法、その結果がオーバーヘッドに見合う価値があるかどうかまでは証明できてないとのこと。その他ガラス割れ表現は、複合的な効果が必要です。

また、クリッピングや物理挙動の不具合などは、潜在的に問題が残ります。これらを完璧に解決させるのは難しそうですね。

リンク

SMEKENS Robin


PR


関連記事

  1. High-Quality Capture of Ey...

    2014-12-05

  2. Interactive Sketching of U...

    2016-08-03

  3. Example-Based Synthesis of...

    2017-08-02

  4. Live2D Euclid - 2Dイラストを動かす...

    2014-12-24

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

Google Translate

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup