Ecrett Music - シーン・ムード・ジャンルを選ぶだけ!コンテンツクリ...

少し前からサービス開始している、AIによるBGM用ループ音楽生成サービス「Ecrett Music」のご紹介!ゲーム・映像などのコンテンツクリエイター向けに展開され、サブスクに入れば商用利用も可能です。

  • 17
  • 1
  • 0
続きを読む

GroomBear 1.0 - Houdini向けヘアー&ファー生成ツール!

3DE Visual Effects CompanyのテクニカルディレクターKamil Wacławiak氏によるHoudiniを使ったヘアー&ファー生成ツール「GroomBear 1.0」がリリースされました。

  • 1
  • 17
  • 0
続きを読む

Quixel Megascans - アセット単価の値下げ!1万を超える高品質ア...

Quixelのフォトリアルアセットライブラリー「Megascans」ですが、アセットの価格が値下げされ、同じサブスクリプションでも過去の6倍のアセットを購入する事が可能になったとか。活用事例動画をみると…ちょっと手を出したくなりますね。

  • 23
  • 25
  • 0
続きを読む

Low Poly Vehicles - 30分でローポリのカーモデルを作成するB...

Blenderチュートリアルなどでもお馴染み CG GeekのYoutubeチャンネルより、30分程でローポリのカーモデリングを行うBlender 2.8チュートリアル動画

  • 57
  • 23
  • 1
続きを読む

GameReadySkelton - ワンクリックでUE4やUnity(VRCh...

M'sLab. なぐらい氏による、ワンクリックでUE4やUnity(VRChat)対応のスケルトンテンプレートを呼び出すことができるBlender 2.8向けアドオン「GameReadySkelton」がBOOTHサイトにて販売開始されました。

  • 84
  • 5
  • 2
続きを読む

Blunder v0.2 - Blender 2.8のGUIと操作をアンリアルエンジンぽくするテンプレート!

Spectral Vectorsによる、Blender 2.8をUnreal Engineぽくするテンプレートが公開!「Blunder v0.2」
操作系統や挙動、スケールの問題も解決?!


PR

美大生がMayaで描く背景映像の世界 オンデマンド配信


特徴

  • Shift +右クリックにマッピングでコンテキストメニュー
  • Alt-Left Click でビューを回転させます(選択したオブジェクトをFキーで中央に配置します)Alt-Right Click でビューをパン
  • オブジェクトモードと編集モードで衝突する多くのキーマップを削除しました。
  • スケールはUEへのインポートとエクスポートのために1:1に調整されました。特別なスケーリングは必要ありません、しかしBlender単位は今非常に小さいので、シーンに追加されるときメッシュはほとんど見えないように見えます、これは将来のアップデートで対処予定です
  • BlenderのNode EditorがUE4のように動作するようになりました。右クリックしてドラッグすると画面が移動し、ノードを選択してCを押して枠で囲みます(Unrealのコメントボックスと同様)。
  • Unreal Mannequinは、EEVEEレンダラで設定されたオリジナルのテクスチャ、法線マップ、およびマテリアルを持ちます。
  • UE4カラースキームとウィンドウレイアウト
  • ボックス選択、選択範囲への追加、選択範囲からの削除で、左クリック選択、右クリックナビゲーション(右クリックしたまま、WASDで移動)(UE4と同じコントロールにマッピング)(クリックしてドラッグ、Shift +クリック、Ctrl +クリック)
  • UE4からの3人称テンプレートプロジェクト風シーンをBlenderで再作成(HDRIHaven.comを活用)およびEEVEEレンダラーを使用したLookDevビューモードでは、資産がUE4でどのように表示されるかを正確に確認できます 
  • ウィジェットベースのオブジェクト操作:オブジェクトを選択した後、マウスを使ってオブジェクトを移動、回転、拡大縮小するために変換ウィジェットを使用します。
  • UE4に一致するようにマッピングされたウィジェットコントロール:W – 移動ツール、E – 回転ツール、R – スケールツール
  • その他の便利なショートカット:A – すべて選択/選択解除、F – 選択したオブジェクトにフォーカスを当てる

今後予定されるアップデート内容

  • UE4のように、基本メッシュ、カメラ、ライト、反射キャプチャなどを追加するためのワンクリックアクセスを可能にするために、ビューポートの左側に共通項目パネルを追加します。
  • メッシュの最適化、UVマッピング/リマッピング、基本的な小道具とアイテムのモデリング、新しいFBXエクスポータ、glTFエクスポータ:私が最もよく使うBlenderのタスクを支援するマクロを追加します。

このテンプレートは開発中です。不具合が発生する可能性があります。

インストール手順

Blenderを開いてFile(ファイル)> Install App Template(アプリケーションテンプレートのインストール…)をクリック

そこからダウンロードしたBlunder_0_2.zipをダブルクリックして開きます。
これでインストール完了です。
その後はFile>New>Blunder 0 2をクリックするか、Help > Splash Screen> Blunder 0 2をクリックすることで、カスタムキーマップと新しいデフォルトシーン(UE4マネキンを含む)で新しいファイルを起動します。


今後の発展も楽しみなテンプレートですね!個人的に右クリック+WASDのカメラ操作は好きなので、これだけでも通常Blenderキーで再現したい…

ぜひお試しあれ!

リンク

Blunder by Spectral Vectors


PR


関連記事

  1. AutoModeller Pro - メッシュグルー...

    2015-12-10

  2. Rubberize It! 1.0 - 揺らせ!揺ら...

    2014-12-01

  3. Angle Tool - Blender 2.8用の...

    2019-05-17

  4. PhysXPainter - 配置が捗る!PhysX...

    2016-04-12

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おしらせ

LINEアカウント作りました!
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR


スポンサー

注目の記事

PR

セガイベント

Flying Ship Studio







アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事