VectorayGen - エフェクト等で有効活用されるベクターフィールドデータ...

はい、JangaFXの最新ツールを先程紹介しましたが、リリース済みの物でもう一つ紹介すべき物があります!「VectorayGen」です。ゲームのリアルタイムエフェクト等でも有効活用されるベクターフィールドを作成する為のツールです。エフェクトアーティストの中ではお馴染みのツールですよね。下書きに1年以上眠っていましたが、「EmberGen」の紹介と共に掘り起こしました(@ω@)

  • 13
  • 16
  • 0
続きを読む

EmberGen - ノードベースのリアルタイム流体シミュレーションツール!ベー...

JangaFXによる新たなリアルタイム流体シミュレーションツール「EmberGen」のベータ版アクセスの為のサインアップが可能になってますよ!

  • 14
  • 0
  • 0
続きを読む

「Unreal Engine4でゲーム開発!ブループリントを学ぼう」 - 3DC...

デジタルハリウッド東京本校による”3DCG表現のプロ達が3DCG経験者に向けて、ワンランク上のテクニックを伝授する”がコンセプトの短期集中講座!第6回目である『CGヒーローズ パート6』を2019年7月27日(土)より開講!

  • 7
  • 2
  • 0
続きを読む

海外進出したい人必見!「ハリウッドVFX/CGスタジオ体験会 & 実践...

海外の映画・CG・Web業界への進出をサポートするチーム「Teamove」による「ハリウッドVFX/CGスタジオ体験会 & 実践英会話」の仮申し込み受付が開始されています! ※CG専門の通訳が全日程アテンドしますので、英語ができない方でも安心して参加可能です。今回はGlobal College(語学学校)と提携し、プロのネイティブ講師による1週間の実践英会話レッスンも開催されるとの事です。

  • 10
  • 19
  • 0
続きを読む

Simple Procedural Building BP - インテリアマッピ...

Simple Procedural Building BP - インテリアマッピングが効いたUE4ビルアセットが無料ダウンロード可能!

  • 38
  • 33
  • 1
続きを読む

Boundary First Flattening - 新機軸のUV展開ソリューションが公開!オープンソース&無料

Carnegie Mellon UniversityのGeometry Collective、Rohan Sawhney氏、Keenan Crane氏による、無料・オープンソースUVマッピングソリューション「Boundary First Flattening(BFF)」が公開!


PR

美大生がMayaで描く背景映像の世界 オンデマンド配信


Boundary First Flattening — Tutorial Video

Boundary First Flatteningの特徴

Boundary First Flattening(BFF)は、サーフェスパラメータ化のためのフリーでオープンソースのアプリケーションです。 UVマッピングのための他のツールとは異なり、BFFはフラットメッシュの自由形式の編集を可能にし、ユーザーはソフトウェアが提供するものに拘泥するのではなく、フラットドメインの形状を直接制御できます。 初期の平坦化は完全に自動であり、他の共形マッピングツールと比べて数学的に低いまたは低いことが保証されています。 このツールは、領域のひずみを大幅に削減できるコーン特異点や、すべてのカットにわたって同一のテクスチャ解像度を保証してアーチファクトを除去するシームレスなマップなど、標準的なUVマッピングソフトウェアでは利用できない最先端の平坦化技術も提供します。 BFFは高度に最適化されており、何百万もの三角形でメッシュをインタラクティブに編集できます。

  • 最小領域歪み – デフォルトでは、BFFは面積歪みを最小限に抑え、角度歪みをほぼゼロにして平坦化を自動的に生成します。このマップは、一般に、ほとんどのテクスチャ処理やサーフェス処理のタスクに役立ちます。
  • 直接編集 – 初期マップは、境界曲線のサイズと向きのハンドルベースの操作を使用してインタラクティブに編集することができます。これは、UVをテクスチャアトラスにパッキングしたり、テクスチャ領域を多く(例えば)受け取るべき表面の領域を強調するのに便利です。
  • シャープコーナー(Sharp Corners) – ドメインは、矩形のような鋭いコーナーのポリゴンに平坦化することもできます(テクスチャー領域の使用を最大限にするなど)。
  • コーンの特異性 – コーンの特異性を使用して、高い曲率の領域におけるエリアの歪みを低減できます。円錐は手動または自動で配置することができ、対話的に調整することができます。必要に応じて、結果のマップを、円錐の配置によって引き起こされる任意のカットに沿ってグローバルにシームレスにすることができます。
  • Uniformization – サーフェスを円形ディスク(または球)にマップすることができます。これは、クロスパラメータ化(サーフェス間のマッピング)に役立ちます。

Mac OS XおよびWindows版の実行ファイルがダウンロード可能で、ソースプロジェクトはGitHubにて公開中!
3Dツールに統合されると便利そうですねぇ^^

関連リンク

boundary-first-flattening

Screenshot of geometrycollective.github.io

 


PR
ゲームクリエイター向けの当社採用説明会


関連記事

  1. Wrap 3.0.3 - 大手スタジオも採用?!人体...

    2016-09-05

  2. ZBrush to Keyshot Bridge t...

    2014-11-22

  3. Substance Painter 1.7 - 新シ...

    2015-12-18

  4. AutoTileGen - 手軽に2D横スクロールゲ...

    2014-07-10

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

Google Translate

おしらせ

3D人-3dnchu-をチェックされてる皆様にアンケートのお願い。
ご協力よろしくお願いいたします。※数分でおわります。
※Googleアカウントでログインが必要です。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR


スポンサー

注目の記事

PR

カプコンイベント

Flying Ship Studio


デザイナー向け中途採用説明会&選考会

ゲームクリエイター向けの当社採用説明会






アーカイブ

Categories

スポンサー

おすすめ記事