DXR GPULightmass - Unreal Engine 4.26に搭載...

アンリアルエンジンを使った開発でネックとなるライトビルド…それが大幅改善される日が近い!UE4.26に搭載予定のDXRを使ったGPULightmassのテスト映像がチラホラ公開されております。

  • 20
  • 1
  • 0
続きを読む

Creating a Spider-Man Scene - Blenderで「ス...

Peter France氏による、Blender 2.8を使用し、「スパイダーマン」のウェブ・スイングシーンを作るチュートリアル映像。スパイダーマンのリグ付きモデルデータ&ビルのモデルも無償配布されております。

  • 174
  • 14
  • 1
続きを読む

NVIDIA Texture Tools Exporter 2020.1 - あ...

ゲーム開発などではお馴染みのDDS圧縮、昔はNVIDIAのテクスチャ圧縮ツールを使う事がありましたがPhotoshopプラグインもアップデートされず音沙汰ない状態でしたよね…。そんな中、3月22日に最新版である「NVIDIA Texture Tools Exporter 2020.1」がリリースされました。スタンドアロンアプリケーションとして動作する他、Adobe Photoshopのプラグインとして利用する事も可能です。

  • 63
  • 56
  • 3
続きを読む

Effekseer 1.5 - ノードベースのマテリアルエディタも搭載!オープン...

Effekseer Projectが開発を行っているオープンソースのビジュアルエフェクト作成ソフト「Effekseer」の最新のメジャーリリース版「Effekseer 1.5」がリリース!

  • 25
  • 3
  • 1
続きを読む

Simple Rope Tool - Houdiniで巻き付くロープを作るチュー...

Simon Houdiniによる、Houdiniで巻き付くロープを生成可能なツールを作るチュートリアル映像!

  • 8
  • 16
  • 0
続きを読む

Boundary First Flattening - 新機軸のUV展開ソリューションが公開!オープンソース&無料

Carnegie Mellon UniversityのGeometry Collective、Rohan Sawhney氏、Keenan Crane氏による、無料・オープンソースUVマッピングソリューション「Boundary First Flattening(BFF)」が公開!


PR

Start@Maya〜Maya で 3DCG をはじめよう〜


Boundary First Flattening — Tutorial Video

Boundary First Flatteningの特徴

Boundary First Flattening(BFF)は、サーフェスパラメータ化のためのフリーでオープンソースのアプリケーションです。 UVマッピングのための他のツールとは異なり、BFFはフラットメッシュの自由形式の編集を可能にし、ユーザーはソフトウェアが提供するものに拘泥するのではなく、フラットドメインの形状を直接制御できます。 初期の平坦化は完全に自動であり、他の共形マッピングツールと比べて数学的に低いまたは低いことが保証されています。 このツールは、領域のひずみを大幅に削減できるコーン特異点や、すべてのカットにわたって同一のテクスチャ解像度を保証してアーチファクトを除去するシームレスなマップなど、標準的なUVマッピングソフトウェアでは利用できない最先端の平坦化技術も提供します。 BFFは高度に最適化されており、何百万もの三角形でメッシュをインタラクティブに編集できます。

  • 最小領域歪み – デフォルトでは、BFFは面積歪みを最小限に抑え、角度歪みをほぼゼロにして平坦化を自動的に生成します。このマップは、一般に、ほとんどのテクスチャ処理やサーフェス処理のタスクに役立ちます。
  • 直接編集 – 初期マップは、境界曲線のサイズと向きのハンドルベースの操作を使用してインタラクティブに編集することができます。これは、UVをテクスチャアトラスにパッキングしたり、テクスチャ領域を多く(例えば)受け取るべき表面の領域を強調するのに便利です。
  • シャープコーナー(Sharp Corners) – ドメインは、矩形のような鋭いコーナーのポリゴンに平坦化することもできます(テクスチャー領域の使用を最大限にするなど)。
  • コーンの特異性 – コーンの特異性を使用して、高い曲率の領域におけるエリアの歪みを低減できます。円錐は手動または自動で配置することができ、対話的に調整することができます。必要に応じて、結果のマップを、円錐の配置によって引き起こされる任意のカットに沿ってグローバルにシームレスにすることができます。
  • Uniformization – サーフェスを円形ディスク(または球)にマップすることができます。これは、クロスパラメータ化(サーフェス間のマッピング)に役立ちます。

Mac OS XおよびWindows版の実行ファイルがダウンロード可能で、ソースプロジェクトはGitHubにて公開中!
3Dツールに統合されると便利そうですねぇ^^

関連リンク

boundary-first-flattening

Screenshot of geometrycollective.github.io

 


PR


関連記事

  1. Materialize - 1枚の画像から各種テクス...

    2018-10-17

  2. フラクタル3D形状生成ソフト『SUBSTANCE 3...

    2015-02-03

  3. GTSA Ghosttown Standalone ...

    2018-10-12

  4. A.I.Gigapixel - ディープラーニングを...

    2018-09-06

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おすすめ商品Pickup

PR


スポンサー

注目の記事

PR

アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事