Rectitude - ノードベースのプロシージャルピクセルアート(ドット絵)エ...

Lionel Barret氏による、ノードベースのプロシージャルピクセルアート(ドット絵)作成ツール「Rectitude」

  • 0
  • 0
  • 0
続きを読む

Auto Chamfer 2.0 - Substance Painter&Des...

Artyom Sarkisyan氏による、ハイメッシュからのベイクをせずに面取りノーマルを生成可能なSubstance Painter&Designer向けフィルター「Auto Chamfer 2.0」がリリース!

  • 0
  • 0
  • 0
続きを読む

Dilation Tool - テクスチャの空き領域を塗りつぶしてくれるツール!...

Markus Pohl氏による、テクスチャの空き領域を塗りつぶしてくれるスタンドアロンツール「Dilation Tool」

  • 0
  • 0
  • 0
続きを読む

DM 1.5 for Houdini - Houdiniで一般的なアナログモデリ...

Alexey Vanzhula氏による、Houdiniでの手動モデリング部分を大幅に機能改善してくれるアドオン新バージョン「DM 1.5」がリリースされました。

  • 1
  • 0
  • 0
続きを読む

Adobe Fresco - スタイラスやタッチデバイス向けに設計されたアドビの...

スタイラスやタッチデバイス向けに設計されたアドビの新ペイント&ドローイングアプリ、コードネーム「Project Gemini」が「Adobe Fresco(アドビ フレスコ)」という名前で今年後半にリリースされるそうです!

  • 30
  • 0
  • 0
続きを読む

Car Deformation - HoudiniとSubstance Painterを活用しUE4上でリアルタイム自動車破壊表現!

先程自動車破壊に関するテクニックネタを上げたばかりですが、こちらも注目!テクニカルアーティストAdrian Björkerud氏による、破壊表現パイプライン紹介。


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


Houdini、Maya、Substance Painterを使用し車を作成。HoudiniのRBDシミュレーションにて、各方向からのクラッシュをシミュレートし、ブレンドシェイプ用にベイク。Substance Painterにて曲率マップを生成し、マスクジェネレータの「メタルエッジウェア」を使いペイントのダメージ表現を作成。

UE上では、それぞれのパーツにカプセルコリジョンを与え、衝突すると衝突時の車の速度をチェックし、対応するブレンドシェイプに変形を追加する形でダメージを表現されています。マテリアルのマスクは、頂点カラーを使用してブレンド/マスキングされ、さまざまな量の摩耗を発生させる事が出来るとか。その他レンダーターゲットを活用したタイヤ痕等。

中々いい感じですね。

Adrian Björkerud氏の解説ページも合わせて御覧ください。
Car Deformation — Adrian Björkerud / Technical Artist


PR


関連記事

  1. Charcoal Shader - テキサスA&M大...

    2016-05-09

  2. Robust Hair Capture Using ...

    2014-05-13

  3. Voxel Farm: Unity 5 Plugin...

    2015-04-19

  4. DIY Universal Capture Syst...

    2013-04-23

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

Google Translate

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup