Scene Fusion for Unreal Early Access - 同...

KinematicSoupによる、ゲームエンジン上での同一レベル上での共同開発を可能にするプラグイン「Scene Fusion」のアンリアルエンジン対応バージ[...]

続きを読む

Kitbull - 今度は2Dアニメ!ピクサーのSparkShortsプログラム...

ピクサー・アニメーション・スタジオによる、個々のアーティストの可能性を発掘すべく、短編作品を作り出す新たな試み「SparkShorts」プログラムのショートフィルム第三弾!「Kitbull」が公開されました。

続きを読む

Smash and Grab - ピクサーのアニメーションプログラムSparkS...

ピクサー・アニメーション・スタジオによる、個々のアーティストの可能性を発掘すべく、短編作品を作り出す新たな試み「SparkShorts」プログラムのショートフィルム第二弾!「Smash and Grab」

続きを読む

AIによるアニメ中割生成 - DeNAの「構造的生成学習」を使用したアニメの中割...

DeNAによるAIを活用したアニメの中割生成技術!

続きを読む

Mayaリギング 改訂版 正しいキャラクターリグの作り方 - レビュー高評価なM...

Maya向けリギング解説本の改訂版「Mayaリギング 改訂版 正しいキャラクターリグの作り方」が3月にリリースされますよ!2013年に発売された旧版のAmazonレビューも好評です。

続きを読む

DeepMotion Neuron - AIを使ったキャラクターモーション生成ツール!2018年第4四半期にリリース予定!

AIを使用し物理的な運動を考慮したキャラクターモーション生成するクラウドツール「DeepMotion Neuron」が2018年第4四半期にリリース予定!!


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


DeepDribble: Simulating Basketball with AI

このバスケットボール用モーションの詳しい解説がDeepMotionのブログにて掲載されております。
DeepDribble:AIによるバスケットボールのシミュレーション

DeepMotion Neuron

カリフォルニア州レッドウッド – 2018年8月8日 – Motion IntelligenceのパイオニアであるDeepMotionは、完全に手続き型の物理的キャラクターアニメーションの最初のツールであるDeepMotion Neuronがプレセールのために立ち上げられたことを本日発表しました。画期的なクラウドアプリケーションは、高度なAI、物理学、および深い学習を使用して物理的な知性を開発するために、デジタルキャラクタを訓練します。ガイダンスと練習で、デジタルキャラクターは人間と同じように適応型モーター制御を実現できるため、アニメーターや開発者は従来の方法を使用するよりも生き生きとしたアニメーションを作成することができます。

DeepMotion Neuronは、開発者がオンラインライブラリを介して利用可能な数百のインタラクティブな動きから選択して、自分の3Dキャラクタをアップロードして訓練するための行動様式のプラットフォームです。Neuronは、コンテンツクリエイターがゲームや経験に反応性のあるアクターを追加することで、より没入感のあるストーリーを表現できるようにします。さらに、技術的なアニメーションの大部分を自動的に処理することにより、アーティストが表現力豊かな詳細に集中する時間を解放します。

DeepMotionのCEOであるKevin He氏は、「DeepMotion Neuronは、忠実度の高いインタラクティブなシミュレーションを利用しやすく使いやすくすることで、開発者がリアリティとデジタル表現のギャップを埋めるのを助けるように設計されています。キャラクターに真のモーション・インテリジェンスを与えることで、エンターテインメント業界で50年以上にわたり私たちを悩ませてきた「奇妙な谷」を大幅に削減できると我々は信じています。

DeepMotion Neuronのコア技術は、DeepMotionとCarnegie Mellon Universityの科学者によってSIGGRAPH 2018で発表された研究論文で明らかにされた最先端技術に基づいています。この論文では、実世界の人間の運動知能がピークにあるバスケットボールなど、スポーツシミュレーションの成長分野に強化学習を適用しています。訓練と最適化の後、研究者のキャラクターは、リアルタイムシミュレーションでインタラクティブなボールハンドリングスキルを実行することができました。デジタルアクターにドリブルする方法を教えるのに使用されているのと同じ技術を、ニューロンを使ってあらゆる物理的な動きに適用することができます。

DeepMotion Neuronプリランチでは、開発者は早期アクセスと割引を登録できます。キャンペーンを取り戻す人は、ニューロンのクラウドサービスへの最初のアクセス、パーソナライズされたオンボーディング、さらに専用のデモパッケージと無料のトレーニング時間を受けることができます。デベロッパーとアニメーターはここで詳細を学び、キャンペーンに参加できます。DeepMotion Neuronのクラウドプラットフォームは、2018年第4四半期にリリース予定です。

DeepMotionのSIGGRAPH 2018

DeepMotionのチーフサイエンティスト、Libin Liu博士は、同僚のCMU教授であるJessica Hodgins博士との2018年の会議で、彼の第8回SIGGRAPH論文を発表しました。彼らの論文は、軌道最適化と深部強化学習を用いたバスケットボールのドリブルスキルを学ぶことで、上半身の動きと下半身の動きを実行しながら、リアルタイムシミュレーション中に物理的な物体を扱うことができるキャラクタコントロールシステムの画期的な進展を示しています。

DeepMotionについて

DeepMotion運動知能の新興分野のパイオニアです。物理シミュレーションと人工知能を使ってリアルなグラフィックス用のツールを構築しています。私たちの使命は、インタラクティブなコンテンツを可能にし、リアルタイムの手続き型アニメーションに革命を起こして創造的能力を拡大することです。DeepMotionのクラウドベースのサービスは、誰でも、パルクール、ダンス、陸上競技、武道などのデジタルアクタに対応するモーションスキルを訓練することを可能にします。Blizzard、Pixar、Disney、ROBLOX、Microsoft、Ubisoft、Stanford、CMU、Tsinghuaの各メンバーが率いるこのサイトでは、AR、VR、ゲーム、映画、とロボット工学。

※Google翻訳です。
DeepMotion Reveals Breakthrough ‘Digital Cerebellum’ Animation Tech

こういうのが普通に使えるようになったら…
新時代到来だわぁ

DeepMotion関連の過去動画も幾つか貼り付けておきます。

関連リンク

Neuron

関連記事

  1. Folding and Crumpling Adaptive Sheets
  2. 総合PBRガイド by Allegorithmic 光と物質:物理ベースレンダリングとシェーディングの倫理

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

2018.08.08VRM Viewer - ドワンゴの3Dアバター向け汎用フォーマット「VRM」ファイルをブラウザ上でチェック出来るWebアプリ!

2018.08.12UE4 Shell Based Stroke Material - シェル法を使った水彩表現!サンプルプロジェクトも配布中!

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup