Live Link Face For Unreal Engine - UE公式の...

Unreal Engine向けにiPhoneを使用したフェイシャルキャプチャを可能にするアプリ『Live Link Face For Unreal Engine』がAppStoreに登場!

  • 0
  • 0
  • 0
続きを読む

UE4 VFX Art Dive Video and Slides - UE4エ...

2020/7/5(日) にオンライン開催されたUE4エフェクトアート勉強会『UE4 VFX Art Dive Online』の映像とスライドが一挙公開されました。

  • 54
  • 2
  • 0
続きを読む

3DF Zephyr 5.0 - 定番フォトグラメトリ用ソフトウェア!処理速度が...

3Dflowの写真から3Dモデルの生成などが行える写真計測・フォトグラメトリ用ソフト「3DF Zephyr(3DFゼファー)」のバージョン5.0が公開されました。

  • 51
  • 10
  • 2
続きを読む

Kodon v0.99 - 完成間近!?期待のVR用3Dスカルプトツール!最新ア...

現在Steamにて早期アクセス中のVRスカルプトツール『Kodon』のv0.99がリリースされました。

  • 64
  • 1
  • 0
続きを読む

Rain v2.0 - Blender Animation Studioによる無...

Blender Studioによるリグ付きキャラクターモデル「Rain」のバージョン2.0がリリース!

  • 69
  • 2
  • 1
続きを読む

読解 Element 3D - ハイクオリティ3DCGをAfter Effects上で表現するプラグインの日本人による日本人のための解説本!

Element 3D Book big

読解 Element 3D

ハイクオリティ3DCGをAfter Effects上で表現するプラグイン「Element 3D(by Video Copilot)」の解説本!
読解 Element 3D


PR

Start@Maya〜Maya で 3DCG をはじめよう〜


読解 Element 3D とは

映像クリエイターの Silve 氏と、多くの販促映像やゲームOPを手がけるりゅーか氏、
そしてAdobe After Effectsを用いた曲芸を披露するサイト「バカ・アフター」でお馴染みBaKaAfter氏による、
Video Copilot 社開発、After Effects でハイクオリティ3DCGを生成するプラグイン「Element 3D」の解説本!

Element 3D Book

読解 Element 3D

  • 主催:Silve
  • 発行:ギンイロオオカミ
  • 頁数:84ページ
  • 寸法:B5サイズ
  • 価格:¥1,980 (税込)

正に日本人による日本人のためのElement 3D解説本!
購入はシーバレーのサイトから可能です。
3DCG作成プラグインElement 3Dを習得するための書籍:読解 Element 3D | クリエイティブショップ シーバレー

Screenshot of www.cvalley.co.jp

Element 3Dの詳細に関しましては
フラッシュバックさんのページ、またはVideo Copilotのプロダクトページからどうぞ

After Effectsで超リアルな3DCGを作成するプラグイン:Element 3D(エレメント 3D) | フラッシュバック

Screenshot of www.flashbackj.com

※フラッシュバックさんのページから抜粋

これがAE ────!?
3DCGソフトかと見間違うハイクオリティーな3DCGを After Effectsで作成する!
そんな理想を実現させたのが、この Video Copilot社のAfter Effects プラグイン、Element 3D です。

Element 3D は、After Effectsで超リアルな 3Dモデルの生成とアニメートを可能にします。
3Dモデルは、OBJとCinema 4Dファイルをサポート。3DCGオブジェクトを複製して自在に配置、アニメートするパーティクルコントロールに対応。3Dオブジェクトを使ったパーティクル アニメーションが作成できます。
複数の3Dパーツがグルーピングされたオブジェクトをパーツごとにコントロール可能。また事前に分割したオブジェクトを破壊するアニメーションも行えます。

更に注目すべきは、After Effectsのテキストを使った3Dテキストの作成です。
表面の質感、縁部分のベベルの調整を一挙実現し、日本語テキストの3D化も対応。ディテール、スピード、全ての3Dテキストコントロールは、After Effects CS6のレイトレースを凌駕します。
またワイヤーフレーム、イルミネーション、ノーマル スペキュラーなどマルチパス チャンネルの合成に対応。リアルな3Dを追求するべく、映り込みをシミュレートする環境マップをサポートすると共に、シームレスなバックグラウンドの作成が可能です。
加えて20の基本シェーダーのほか、メタル、氷、ガラスなどの質感を収録した別売のマテリアル集や、3Dモデル集も充実。 しかも驚くべきはその高速なプレビューです。Video Copilot社独自のOpen GL レンダラーによりGPUを有効活用、3DCGにも関わらず圧倒的に軽くてスムーズなプレビューを可能にします。

あらゆる面で、After Effectsの3DCG作成の新境地を切り開いたElement 3D。将にエポックメーキングなプラグインを今すぐにご体感ください!

Element 3D | Video Copilot

Screenshot of www.videocopilot.net

PR


関連記事

  1. FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn The Art of Eorzea - Another Dawn - 「ファイナルファンタジー14 新生エオルゼア」公式アートブック!10月17日発売!

    2014-09-25

  2. The Art of Mystical Beasts - 森田悠揮氏によるZBrushやPhotoshop等を活用した幻獣アート制作技法書が近日発売!

    2017-11-30

  3. ゲームを動かす技術と発想 R - ゲーム開発に関わるすべての人に見てほしい基礎知識本!

    2019-12-25

  4. Mayaベーシックス 3DCG基礎力育成ブック - MAYA動画教材「伊藤脳塾」でお馴染み伊藤克洋氏によるMaya入門本が登場!

    2017-01-11

コメントをお待ちしております

COMMENT

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おすすめ商品Pickup

PR


スポンサー

注目の記事

PR

オンライン相談

Flying Ship Studio





アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事

ページ上部へ戻る