AnimationCafe

Marvelous Designer 10 - 自動フィッティング&皺ブラシ&U...

衣服専用モデリング&シミュレーションソフト「Maevelous Designer(マーベラスデザイナー)」も遂に10周年!「Marvelous Designer 10」がリリースされました!

  • 53
  • 1
  • 0
続きを読む

Advent Calendar 2020 - 今年も気になる技術系アドベントカレ...

年末は引きこもってお勉強!毎年恒例ですね。今年も気になるアドベントカレンダーのリンクを集めてみました。ジャンルによっては空きがまだまだあるので、みなさんも是非参加しましょう!

  • 13
  • 5
  • 0
続きを読む

UNIGINE Engine 2.13 - GPUライトマッパーを搭載!リアルタ...

リアルタイムビジュアライゼーションに特化した3Dエンジン「UNIGINE Engine」のバージョン2.13がリリースされました!

  • 29
  • 1
  • 0
続きを読む

Rive 2 Beta - コラボレーションも可能な2Dアニメーション作成ツール...

複数人で1つのファイルを共同制作も可能な2Dアニメーション作成ツール「Rive 2」のベータ版が一般公開されています!

  • 44
  • 4
  • 0
続きを読む

Marmoset Toolbag 4 - すべてのGPUでレイトレーシングを実行...

Marmosetのリアルタイムビジュアライズ&ルックデベロップメントツール「Toolbag」 のメジャーアップデートバージョン「Toolbag 4」が遂に公開されました!

  • 57
  • 2
  • 0
続きを読む

Autodesk® Maya® Indie、Autodesk® 3ds Max® Indie | AREA JAPAN | Autodesk

Flared - BlenderのEeveeビューポートでレンズフレアをリアルタイム描画可能なアドオン

Beniamino Della Torre氏による、BlenderのリアルタイムビューポートEEVEEでレンズフレアを実現可能にしてくれるアドオン『Flared』


プロモーション


Flared

  • Flaredは、Blender 2.81(またはそれ以上)用のシンプルなアドオンです。
  • Eeveeで直接動作しますが、Cyclesでも使用できると役立つトリックがあります(こちらのビデオをご覧ください)。
  • 3D要素とプロシージャルテクスチャに基づいているため、解像度に依存しません。
  • フレアを構成する3D要素がシーンに追加されるため、完全にリアルタイムです。
  • 使い方は非常に簡単です。カメラを選択し、光源(または複数の光源)を選択し、フレアを追加し、そのスライダーで操作します。
  • 画面スペースベースではないため、ソースが画面スペース外にある場合にも機能します。
  • Flaredには物理的な基盤がありません。実際の光やレンズをシミュレートしません。これは、レンダリングやアニメーションにドラマや映画のような効果を加えるための芸術的な手段です。
  • 異なる特性を持つ8つのテンプレートがあります。できるだけ早く新しいテンプレートを追加します。
  • テンプレートごとに異なるスライダーがあります。フレアを構成するさまざまな要素の寸法と放出値、および要素の量も調整できます。
  • 各フレアには、少なくともカメラと光源が必要です(光源はオブジェクトまたはライトの場合があります)。
  • 必要なだけフレアを作成できます。制限はありません(ハードウェアによって異なります)。
  • 各スライダーのキーフレームを使用して、ライトをアニメートできます。
  • オブジェクトの背後のオクルージョンをシミュレートするには、フレアの可視性を徐々に制御する「オクルージョン」値スライダーにキーフレームを手動で追加する必要があります。これには自動化はありません。
  • フレアにボリュームライティングとシャドウを使用すると、既知の問題が発生します。これにより、アーティファクトが生じる可能性があります。現在、これを解決する方法はありません。これは、Eeveeの加算シェーダーに関連する問題のようです。
  • 放出設定が高すぎるか、寸法設定が高すぎるためにグリッチが発生する場合がありますが、スライダーを操作して解決するのは非常に簡単です。
  • 2020年7月1日から、新しいテンプレートと海賊版対策システムの終わりを導入するFlared(1.5)の新しいバージョンをリリースしました。これは、Blendermarketが承認したライセンスポリシーによるものです。したがって、ロイヤリティフリーおよびGNU 3ライセンスに移行しました。3Dモデルはロイヤルティフリーライセンスの下でリリースされ、コードはGNU 3の下でリリースされます(ここで確認してください)。

価格は49ドルと、まぁまぁします。
いい感じのレンズフレアをサクッと導入してみたいという方は是非チェックしてみてください。

リンク


PR


関連記事

  1. Rigger 2.3 - Maya用自動リギングアドオン!

    2019-05-16

  2. MotionFX v1.0 - 超手軽に「おばけブラー」を設定出来るBlenderアドオンが登場!

    2020-10-20

  3. UV Toolkit for Blender 2.8 - あると助かる機能を一通り搭載したUVツールキット!無料

    2019-07-10

  4. EaZyremesh - ZBrushで綺麗なトポロジーを構築可能な工程を簡略化するツール!

    2020-03-30

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!




おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR

オンライン説明会

Flying Ship Studio


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する

アーカイブ

カテゴリ




相互リンク

インディーズゲームを発掘するならここ

おすすめ記事

ページ上部へ戻る