AnimationCafe

Agama Materials v0.6 - PBR対応のノードベースマテリアル...

昨年紹介した「Agama Materials」のバージョン0.6がリリースされていました。無料でダウンロード出来るノードベースのマテリアル構築&テクスチャベイキングソフトです。

  • 0
  • 1
  • 0
続きを読む

UV-Packer for Blender - 3d-ioによるUVパッキングア...

2021年2月22日、3ds Max向けUVパッキングプラグインでお馴染み 3d-ioが予告通りBlender対応版の「UV-Packer for Blender」を公開しました!無料です!

  • 160
  • 3
  • 0
続きを読む

Character Creator 3 Review - 誰でも簡単にリアル3D...

3Dアニメーション作成ソフト「iClone」などでもお馴染み、Reallusion社による3Dキャラクター作成ソリューション「Character Creator 3」(CC3)のご紹介&レビューです。

  • 81
  • 1
  • 1
続きを読む

KenShape v1.0 - 厚み指定した2Dドットシェイプから3Dモデルを生...

Kenneyより、厚み指定した2Dドットシェイプから3Dモデルを生成出来るツール「KenShape v1.0」がリリースされました。

  • 69
  • 1
  • 0
続きを読む

Rife-App 1.5 - AIによるフレーム補間・中割生成ツール「Dain-...

AIによるフレーム補間ツール「Dain-App」でお馴染みGRiskによる、新たなフレーム補間ツール「Rife-App」がリリースされました。

  • 346
  • 8
  • 3
続きを読む

Autodesk® Maya® Indie、Autodesk® 3ds Max® Indie | AREA JAPAN | Autodesk

High-Resolution Neural Face Swapping for Visual Effects - ディズニー・リサーチによるVFX向け高解像度顔面入れ替え技術

ディズニーの研究開発部門「ディズニー・リサーチ(Disney Research)」による「High-Resolution Neural Face Swapping for Visual Effects(ビジュアルエフェクトの為のための高解像度のニューラルフェイススワッピング)」
EGSR(Eurographics Symposium on Rendering)2020 技術論文


プロモーション

ファイナルファンタジーXVI開発スタッフ募集中


この論文では、画像とビデオにおける完全自動神経顔交換のためのアルゴリズムを提案します。私たちの知る限りでは、これはメガピクセルの解像度で写実的で時間的にコヒーレントな結果をレンダリングできる最初の方法です。この目的のために、漸進的に訓練されたマルチウェイコームネットワークと、光とコントラストを維持するブレンド方法を紹介します。また、プログレッシブトレーニングでは高解像度の画像を生成できますが、アーキテクチャとトレーニングデータを2人以上に拡張すると、生成された式の忠実度を高めることができます。生成された表情をターゲットの顔に合成するとき、ブレンド戦略を適用してコントラストと低周波のライティングを維持する方法を示します。最後に、高解像度ビデオでの作業に不可欠な時間的安定性を達成するために、顔のランドマーク安定化アルゴリズムに改良戦略を組み込みます。広範なアブレーション研究を実施して、スワップの品質に対する設計の選択の影響を示し、私たちの作業を一般的な最先端の方法と比較します。

これはもうしれっと映画などで実用化されている可能性が高そうですね。
素晴らしい…

リンク

High-Resolution Neural Face Swapping for Visual Effects | Disney Research Studios

Screenshot of studios.disneyresearch.com

PR


関連記事

  1. Octane Renderで心をぴょんぴょんさせる - TheRinShiki氏によるGPUレンダラー解説!関西AECGオフ2015

    2015-09-14

  2. Sprite Lamp - 2Dドット絵を立体的にライティング!法線マップを使った3Dスプライト作成ツールがKickstarterに登場予定!

    2013-11-11

  3. Unreal Engine 4 Car Visualization 2019-2020 - アンリアルエンジンを使用したここ最近のカービジュアライゼーション映像を集めてみた

    2020-05-07

  4. RLCreature - ドワンゴによる深層強化学習を用いた人工生命のモーション自動生成技術!オープンソースとして公開!

    2018-08-07

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報を
ほぼ毎日紹介します!




おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR

個別相談会

Flying Ship Studio


株式会社 Khepris Japan ( ケプリス ジャパン ) Top・レンダーファームのレンタル、レンダリングサービス


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助していただけると嬉しいです。
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!

LINEアカウント作りました!
友だち追加

follow us in feedly



 RSSリーダーで購読する

アーカイブ

カテゴリ




相互リンク

インディーズゲームを発掘するならここ

おすすめ記事