Marbling Maker Material v2.0 - Substance...

以前紹介した、”村落”のSubstance Designerマテリアル等でもお馴染み、Emrecan Cubukcu氏が今度はマーブル模様を生成する為のマテリアル「Marbling Maker Material」作成し、販売しております。

  • 0
  • 0
  • 0
続きを読む

Troll - Goodbye Kansas&Deep Forest Films...

Goodbye KansasとDeep Forest Filmsからのリアルタイムショートフィルム「Troll」が公開!Unreal Engine 4.22とリアルタイムレイトレーシング機能を活用しています。

  • 0
  • 0
  • 0
続きを読む

Chaos Tech Demo GDC 2019 - アンリアルエンジン4.23...

「Chaos」というアンリアルエンジン向け新物理/破壊シミュレーションエンジンのテクノロジーデモが先日行われた「State of Unreal」にて公開されました。Unreal Engine 4.23にて早期アクセス状態となるそうです。

  • 1
  • 0
  • 0
続きを読む

Quake II RTX GTC 2019 Demo Walkthrough -...

1997年に発売されたid Softwareの名作FPS「Quake 2(クエイクツー)」をリアルタイムレイトレーシングに対応させた「Quake II RTX」の最新デモ映像です。

  • 4
  • 7
  • 1
続きを読む

Unity 2019 Megacity - Unityで何百万ものオブジェクトを...

以前紹介したUnityのデモ「Megacity」がGDC 2019に合わせてリリースされました!何百万ものオブジェクトを効率的に描画!

  • 22
  • 27
  • 0
続きを読む

ゲームアートと描画の基本:古典技法から最先端テクニックまで - 今までに無かった!ゲームアートに着目した洋書の日本語版がボーンデジタルから登場!

ゲームアートについて解説した
Drawing Basics and Video Game Art:
Classic to Cutting-Edge Art Techniques for Winning Video Game Design

の日本語版 ゲームアートと描画の基本:古典技法から最先端テクニックまでがボーンデジタルから登場します!


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN



※半年前にこの記事をUPしましたが、ようやく発売されたので再投稿しました。
ゲームアートに着目した本は今まで見かけなかったので、とても気になる一冊です。
リアルタイムCG技術の進歩とともに表現の幅が大きく広がっているので、
この手の本は今後もシリーズ化してほしいですねぇ。

ゲームアート -古典に学ぶキャラクターと世界の描き方-
ゲームアート -古典に学ぶキャラクターと世界の描き方-

  • 著者: クリス・ソラリスキー(Chris Solarski)
  • 大型本: 240ページ
  • 出版社: ボーンデジタル
  • 言語: 日本語
  • 編集: 平谷 早苗
  • 翻訳: 株式会社Bスプラウト
  • サイズ: B5変形版(229 × 267 mm)
  • 発売日: 2014年6月13日

Drawing Basics and Video Game Art 1
Drawing Basics and Video Game Art 2

ゲームアートは、アート史における革命ではなく、進化形だ。

紙やカンバスを相手にする、コンピュータスクリーンに映し出す、どちらにしてもアーティストの使命は、フラットな四角形に奥行きを与え、生き生きとした世界を見せることだ。
基本の描画スキル、ライト、陰影、カラーからはじめ、複雑なキャラクターや世界の描き方へと進みます。古典のアート技法を基本として身につければ、プレイヤーにエモーショナルエクスペリエンスを提供できます。

本書は「Game Art: Classic to Cutting-Edge Art Techniques for Winning Video Game Design」(Watson-Guptill刊)の日本語版です。

【目次】
LEVEL 01 / 基礎
LEVEL 02 / 描画のコンセプト
Level 03 / 人体
Level 04 / 生体構造
Level 05 / ELEMENTS OF DESIG
Level 06 / デザイン要素
Level 07 / 環境デザイン
Level 08 / 色彩とデジタルツール
プロらしいポートフォリオと仕事を得る方法

【著者について】
クリス・ソラリスキー(CHRIS SOLARSKI)は、コンピュータアニメーション専攻で大学を卒業後、ロンドンのSony Computer Entertainmentで3Dキャラクターおよび環境を担当するアーティストとしての職を得ました。その後、ワルシャワ芸術アカデミー(Warsaw Academy of Fine Arts)で美術を学びました。そのときに古典芸術とゲームデザインのつながりを発見した彼は、本書を著し、現在はSolarski Studioを立ち上げてゲーム制作をしています。スイスの新進のソーシャルゲーム関連企業Gbangaのクリエイティブディレクターを務め、SAEインスティテュート、チューリッヒ校で講義を行っています。

Drawing Basics and Video Game Art 3
Drawing Basics and Video Game Art 4
Drawing Basics and Video Game Art 5

お求めはこちらから

ゲームアートと描画の基本:古典技法から最先端テクニックまで
ゲームアートと描画の基本:古典技法から最先端テクニックまで | ボーンデジタル


原本紹介

原本である
Drawing Basics and Video Game Art: Classic to Cutting-Edge Art Techniques for Winning Video Game Designはこちらからお求めになれます。
Kindle版もありますよ

関連記事

  1. シャルル・バルグ:ドローイングコース(仮) - フラ...

    2017-03-17

  2. C87 3DCGセル調エヘクト読本ver1.0 収録...

    2015-01-16

  3. The Animator’s Survival Ki...

    2013-04-22

  4. 3Dゲーム制作のためのCryEngine 高性能&多...

    2015-03-26

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

Google Translate

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup

PR

キャリア相談会

Flying Ship Studio







Categories

アーカイブ

スポンサー

おすすめ記事