Random RPG City Map Generator - Substanc...

Marcus Johnston氏による、Substance Designerで作成されたRPG都市の地図ジェネレータ!無料版もあります!

  • 0
  • 0
  • 0
続きを読む

Godot Engine 3.1 - オープンソースの2D/3Dゲームエンジン!...

クロスプラットフォームかつオープンソース(MITライセンス)の2D/3Dゲームエンジンである「Godot Engine」のバージョン3.1がリリースされました。

  • 33
  • 8
  • 1
続きを読む

Speedflow - モデリング作業を大幅に効率化できるアドオン!Blende...

フリーランス3DアーティストPitiwazouことCédric Lepiller氏によるBlenderのモデリング作業を大幅に効率化できるアドオン「Speedflow」がBlender 2.8ベータ版に対応されました!

  • 49
  • 11
  • 1
続きを読む

最新のAI技術で、お絵描きがさらに楽しく!  - CLIP STUDIOのAI活...

イラスト作成ソフトとして断固たる地位を築きつつある「CLIP STUDIO PAINT」のAIを使った機能「自動彩色」「ポーズスキャナー」紹介映像が公開されております。

  • 18
  • 16
  • 0
続きを読む

Cascadeur Beta - 物理挙動をベースとしたキャラクターモーション制...

以前紹介した新たなモーション作成ソフト「Cascadeur」のベータ版が、ベータ申請者の一部に配布されたようです。

  • 109
  • 23
  • 0
続きを読む

Nature of Code -Processingではじめる自然現象のシミュレーション- ビジュアライズしやすい事で人気なプログラム言語の解説本!出版記念セミナーもあるよ!

ビジュアル化しやすい事で人気のオープンソースプログラミング言語
Processingを解説したベストセラー書籍の日本語版
Nature of Code -Processingではじめる自然現象のシミュレーションがボーンデジタルから発売されます!


PR

第1回:シーン制作するための準備 キャラクター・背景編 | MotionBuilderでカットシーン制作 | AREA JAPAN


Processingを使えばこういった物のが作れるみたいです。

題材的に人を選ぶ内容かと思いますが、中々面白そうです。

出版記念セミナーも開催されます!
「プログラミングが広げる表現の世界」
開催日:2014年10月10日(金)
時間:18:30~20:00(開場18:00)
Nature of Code 出版記念セミナー プログラミングが広げる表現の世界|株式会社ボーンデジタル

Nature of Code 出版記念セミナー プログラミングが広げる表現の世界


 

Nature of Code -Processingではじめる自然現象のシミュレーション-

  • 大型本: 440ページ
  • 出版社: ボーンデジタル
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4862462456
  • ISBN-13: 978-4862462459
  • 発売日: 2014/9/16
  • 商品パッケージの寸法: 25.7 x 18.2 x 2 cm

本書の特徴

ダニエル・シフマン著、Processing(プロセシング)の定番教科書

物理や数学の法則・公式といった自然界のルールを再確認し、動くオブジェクトや複雑なシステムをProcessingで記述していきます。プログラミングで<何か>を行いたいときに<どのように>考え、表現していけばよいかが、最小限の労力で分かるようになります。

本書は、Webで公開され、書籍としてもベストセラーになっている『The Nature of Code: Simulating Natural Systems with Processing』の日本語版です。同サイト(英語)を題材にした各種勉強会は日本各地で行われ、Processingの学習を始めるには最適な内容です。

サンプルコードと画像がふんだんに掲載されているうえに、実行結果をWebサイト(英語)で確認する、コード全体をダウンロードする、著者が本書の内容を楽しく解説した動画(英語)を見るなど、Processingを使って自然現象をシミュレートする方法をいくつもの方法で習得することができます。

Processing(プロセシング)は、ケーシー・リース(Casey Reas)とベンジャミン・フライ(Benjamin Fry)によってMITメディアラボで開発されたオープンソースのプログラミング言語であり、統合開発環境です。簡易性、描画機能、インタラクションといった特長があり、メディアアートをはじめ、教育、映像、Web等で用いられます。ビジュアルフィードバックが即座に得られることからプログラミングの学習に適しているほか、プロトタイプ構築に、スケッチブックとしてなど、いろいろな使い方が広がりつつあります。

Processingなら、ほんの数行のコードを入力するだけで画面上に図形を表示し、マウスなどで操作することができます。構文は他のプログラミング言語とほぼ変わりなく、親しみやすいオブジェクト指向言語として、応用の利くプログラミングスキルを身に付けることができます。

日本語制作にあたっては、インタラクティブメディアの研究者であり、シフマン氏の研究仲間でもある尼岡利崇氏の監修のもと、シフマン氏のフレンドリーなスタイルをできるだけ崩さずに日本語化しています。

■□以下の動画では、デザイン、メディア、ゲームなど、多岐にわたる発想を支えるツールとしてProcessingが使えることについて、シフマン氏が語っています。 □■

目次

謝辞

序文
はじめに

Chapter 1 ベクトル
Chapter 2 力
Chapter 3 振動
Chapter 4 粒子系
Chapter 5 物理ライブラリ
Chapter 6 自律エージェント
Chapter 7 セル・オートマトン
Chapter 8 フラクタル
Chapter 9 遺伝と進化
Chapter 10 ニューラルネットワーク

著者について

ダニエル・シフマン(Daniel Shiffman)は、NYU Tisch School of the Arts
Interactive Telecommunications Program(ITP)のAssistant Arts
Professor(准教授)です。
Yale UniversityでArts in Mathematics and Philosophyの学士を、ITPで修士を
取得。Processingのチュートリアル、サンプル、およびライブラリ(Open
Kinect for Processing、Box2D for Processingなど)を数多く作成。著書には
ほかに『Learning Processing: A Beginner’s Guide to Programming Images,
Animation, and Interaction (2008)』があります。ボルチモア出身。

Nature of Code|書籍|株式会社ボーンデジタル


 原本紹介

Kindle版

Processingを使用し作成された作品の動画をペタリ

Processing.org

http://processing.org/

 

関連記事

  1. After Effects HACK! 現場を乗り切...

    2015-06-23

  2. CGWORLD 2017年1月号 vol.221 -...

    2016-12-12

  3. Photoshop レタッチの超時短レシピ 最短ルー...

    2017-03-10

  4. CGプロダクション年鑑 2018 - 日本のCGプロ...

    2018-09-26

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、ツイッターもしくはFacebookのメッセージからどうぞ!

Google Translate

おしらせ

沢山のメッセージありがとうございます!!記事掲載に関しては随時対応していきますので、何卒宜しくお願い致します。
友だち追加
follow us in feedly

 RSSリーダーで購読する

おすすめ商品Pickup