Autodesk製品価格改定!新規マルチユーザーサブスクリプションに対し2020...

Autodesk製品、2020年2月から新規のマルチユーザーサブスクリプションが値上げされます。

  • 34
  • 4
  • 0
続きを読む

Layer Factory - Photoshopでのイラスト制作を便利にするツ...

数多くのPhotoshop向けツールを開発しているSergey Kritskiy氏から『Layer Factory』というツールがリリースされました!レイヤーの作成、変更、および作業に関連するさまざまなタスクを強化および高速化するように設計されています。

  • 22
  • 1
  • 1
続きを読む

Mandelbulber 2.20.0 - 3次元フラクタル形状を生成&レンダリ...

フラクタルな3D形状を生成やレンダリングが可能なオープンソース&無料ソフト『Mandelbulber』!昨年12月に、バージョン2.20がリリースされていました。

  • 39
  • 13
  • 2
続きを読む

Kyoto Alley - 背景アーティスト中村 基典氏による情緒溢れる「京都」...

3D背景アーティスト 中村 基典 氏による「京都」のUnreal Engine 4アセット!UE4 マーケットプレイスにて販売開始!

  • 72
  • 4
  • 1
続きを読む

Bforartists 2 Alpha 0.8.0 - アーティスト向けに使いや...

アーティスト向けに直感的かつ使いやすくカスタムされたとされるBlenderのフォーク「Bforartists」のご紹介!Blender 2.82 Alphaベースとなる「Bforartists 2 Alpha 0.8.0」のMac版がリリースされました。(Windows版はリリース済み。

  • 18
  • 25
  • 0
続きを読む

ZBrush+3ds Max キャラクターメイキング - ZBrushでのハードサーフェス造形からゲーム用モデル作成までのフローを解説した「The SwordMaster in 3ds Max and ZBrush」日本語版がボーンデジタルから登場!

ZBrush+3ds Max キャラクターメイキング
The Swordmaster in 3DS Max and Zbrush: The Ultimate Guide to Creating a Low Poly Game Character (3d Masterclass) の日本語版
ZBrush+3ds Max キャラクターメイキング
がボーンデジタルから登場しますよ!


PR

Mayaで始めるゲーム用ローポリキャラモデル


使用ソフトの中にMarmoset Toolbag 1.1の名がありますね!
これぞ正真正銘ゲームアートとしてのワークフロー解説本!
海外のゲーム業界では3dsMax使いが多いですから、期待しちゃいますよ!

ち・・ちなみに・・このタイトルは仮ですよね?>BDさん
決定のようです。わかりやすさを考えてこういったタイトルになったそうですよー

  • 大型本: 200ページ
  • 出版社: ボーンデジタル (2014/1/28)
  • 言語: 日本語
  • 発売日: 2014/1/28

経験豊富なプロのテクニック、制作ワークフローを知る!
ZBrushでハードサーフェス、高解像度のキャラクターモデルを作成。
ゲーム用ローポリモデルの作成、テクスチャリング、リギング..

ZBrush、3ds Maxユーザ以外も、
本書でプロフェッショナルな制作ワークフロー・テクニックを知ることができます。

【本書の特徴】
『ZBrush+3ds Max キャラクターメイキング』は、モデリング、スカルプティング、UVアンラップ、テクスチャリング、レンダリングの包括的なステップバイステップのガイドです。各章は細かなステップに分かれ、その設定・作業プロセスが説明されており、自分のペースでキャラクター作成プロセスを学べます。本書に書かれているプロフェッショナルなワークフローはゲームデザイン業界で標準的なものですが、キャラクター制作に関わる誰もが、才能あるキャラクターアーティスト Gavin Goulden(ギャヴィン・ゴールデン)の豊富な経験から学ぶことができるでしょう。

【使用ソフトウェア】
ZBrush、3ds Max、Photoshop、Marmoset Toolbag 1.1
※付属データはインターネットからダウンロードできます。

※ 本書は『The SwordMaster in 3ds Max and ZBrush』の日本語版です。

【目次】

Chapter 1 ベースメッシュのモデリング
Chapter 2 ハイポリゴンモデルの作成
Chapter 3 ゲーム用モデルの作成
Chapter 4 UVアンラップ
Chapter 5 テクスチャリング
Chapter 6 プレゼンテーション

【著者について】

Gavin Goulden (ギャヴィン・ゴールデン)はCentre for Arts and Technologyを卒業後、西へ移動。ビデオゲーム業界でのキャリアを始めました。Magellan Interactiveでジェネラリスト、Piranha Gamesではファーストパーソンゲームの制作に参加。その後、数年間、Piranhaで働いた後、飛躍を決意。フルタイムのフリーランスアーティストとなりました。このフリーランスの期間に「Dragon Age」「F.E.A.R.2」「Rock Band 2」「Damnation」「Fallen Empire:Legions」(現、Legions: Overdrive)など多数のゲームタイトルや多くの未発表プロジェクトに参加。さまざまなスタイル・ジャンルの作品に触れました。その後、再び、チームに加わる必要性を感じ、Blue Castle Games/Capcom Vancouver(カプコン・ゲーム・スタジオ・バンクーバー)に「The Bigs 2」「デッドライジング2」のキャラクターアーティストとして参加。Capcomでの仕事を終えた後、マサチューセッツ、ボストンのIrrational Gamesへ移籍。「BioShock Infinite」の制作に加わっています。
http://www.gavimage.com

【推奨の言葉】

どんなアーティストにとっても、『ZBrush+3ds Max キャラクターメイキング』より包括的で分かりやすいキャラクターチュートリアルを見つけることは困難でしょう。あなたは、アーティストたちがよく口にするのを聞いていることでしょう。「あなたの脳をダウンロードできたら」「君の全能力が欲しい」などと。そう、それと同じことです。ベースメッシュの作成から最終プレゼンテーションまで、すべてが分かりやすいかたちでまとめられています。初心者からベテランのプロフェッショナルまで、この先何年も参照することになるでしょう。

Jon Troy Nickel (ジョン・トロイ・ニッケル)
Trion Worlds リード キャラクターアーティスト

Gavin Gouldenは、ビデオゲーム業界において最も認められている芸術的才能の1人です。世界で敬愛されているアートコンテストで高い位置を得て注目を集めており、常に、その作品のクオリティは業界の一歩先を行っています。その力強いながらも詳細なアートスタイル、そして、技術的制約に対する深い理解を注ぎ込むことによって、想像力をかき立てる作品をつくり出しています。

Gavinは、そのアーティスティックなプロセスと精密なディテールを伝え、「何がキャラクターを印象的なものにするか、洗練させるか」という洞察を与えています。彼のチュートリアルは業界の多くのアーティストにとって大きな刺激となっています。私は特にハイエンドビデオゲームのキャラクター制作に取り組んでいる皆さんにお薦めします。

Jacque Choi (ジャッキー・チョイ)
Eidos Montreal リード キャラクターアーティスト

ZBrush+3ds Max キャラクターメイキング
ZBrush+3ds Max キャラクターメイキング The SwordMaster in 3ds Max and ZBrush 日本語版 | ボーンデジタル

 


 

原本紹介

原本であるThe Swordmaster in 3DS Max and Zbrush: The Ultimate Guide to Creating a Low Poly Game Character (3d Masterclass)
はこちらからお求めになれます。


PR


関連記事

  1. デジタル作画アニメーション - CGWORLDのデジ...

    2017-06-09

  2. CGWORLD 2016年8月号 vol.216 -...

    2016-07-08

  3. ゲームアートと描画の基本:古典技法から最先端テクニッ...

    2014-06-16

  4. VERTEX 3 - 338ページの大ボリューム!有...

    2015-11-20

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人について

3D/2D/CG関連のネタ・ツール情報をほぼ毎日紹介!掲載してほしい情報、ツール検証依頼などありましたら、メッセージボックス、Twitter、Facebook、LINEからご連絡お願いします!

おすすめ商品Pickup

PR


スポンサー

注目の記事

PR

クリークスタジオ

Flying Ship Studio


Luminous Productions







アーカイブ

カテゴリー

スポンサー

おすすめ記事

ページ上部へ戻る