ANIMAX 2.3 - プロシージャルアニメーションを手軽に実装出来るツールセ...

Monaime Zaim氏による多彩なプロシージャルアニメーションを実現出来るBlender向けアドオン『ANIMAX』のv2.3がリリースされました!

続きを読む

gkRig - DreamWorks Animationのキャラクターテクニカル...

DreamWorks Animationのキャラクターテクニカルディレクター稲垣 教範 (Yukinori Inagaki)氏がMayaのBifrost向けリギング用コンパウンドをGithub上に公開しました!

続きを読む

Voxility Pro: Voxel File Format Exchange...

Harry McKenzie氏によるBlender向けボクセル変換アドオン『Voxility Pro』がリリースされました!

続きを読む

Bonex - Bone Physics Driven By Physx - ボ...

oimoyu氏による、ボーンへの物理アニメーションを手軽に追加可能なBlenderアドオン『Bonex』がリリースされています!

続きを読む

Chaos Flesh Meat Cube - 14年前にGDC2008のUE3...

Evelyn Schwab氏が14年前にGDC2008のUE3技術デモとして公開された肉塊キューブをUnreal Engine 5.3のソフトボディ「Chaos Flesh」を使用し再現したサンプルプロジェクトをGithub上で無償配布しています!

続きを読む

Maya 2024 | 製品概要と購入 | Autodesk 公式

Interactive Photo Colorizer - AIパワーで白黒写真をカラーに出来るスタンドアロンツールが公開!GPU不要!オフライン動作!Win&Mac

この記事は約1分26秒で読めます

『Beginning Digital Image Processing: using Free Tools for Photographers』の著者で、コンピューターエンジニアのSebastian Montabone氏による、AIのパワーで白黒写真をカラー化出来るソフト「Interactive Photo Colorizer」がリリースされています。


プロモーション

求人情報検索 | CG・映像の専門情報サイト | CGWORLD.jp


Interactive Photo Colorizer

このカラライザーは、AIを使ってグレースケール画像に最適な色を自動的に選択します
画像をカラー化する方法が複数あることを考えると、カラーシードを使って色を少し調整したくなるかもしれません。画像のどこかをクリックして、その部分の色を選択するだけで、簡単にできます。色が適切でない場合は、もう一度クリックして更新するか、単に削除することができます。好きなだけ色の種を追加して、自分だけのカラフルな傑作を作ることができます

  • オフライン: すべてローカルで行われるため、インターネット接続は不要
  • AIベース: 画像を読み込むと、ソフトウェアがAIを使って画像に最適な色を推定します。気に入ればそこで終了。微調整が必要な場合は、クリックしてカラーシードを選択すると、ソフトウェアが自動的に画像全体をカラー化します。
  • CPU: このソフトウェアはCPU処理に最適化されているので、高価なグラフィックカード(GPU)をコンピュータに搭載する必要はありません。つまり、このソフトウェアは、ほとんどすべてのデバイスで実行できます。
  • フル解像度出力: カラー化された画像を完全なオリジナル解像度でpngファイルとして保存できます。
  • 画像は無制限: 画像ごとにサブスクリプションや追加料金が発生することはありません。お好きなだけ画像を使用できます。
  • 一度お支払いいただくだけで、お持ちのマシンの台数に関係なく、永久にお使いいただけます。

カラー化にはどういったAIモデルが使用されているのか気になりますね。
「Interactive Photo Colorizer」は$37でitch.ioにて販売されています。体験版もあるようですよ。私は動作未確認です。
気になる方はチェックしてみてください。

リンク

Screenshot of samontab.itch.io

プロモーション


関連記事

  1. Neuralangelo: High-Fidelity Neural Surface Reconstruction - 2D映像を複雑なディテールを持つ3D構造物に変える新しいAIモデル!NVIDIA Researchによる技術!CVPR2023技術論文!

    2023-06-07

  2. MDM: Human Motion Diffusion Model - テキストから人物モーションの生成や合成が可能な技術が登場!

    2022-10-05

  3. AI Learns to Park - UnityのML-Agentsを使用し自動車の駐車を学習している様子。

    2020-02-05

  4. Glimnote Early Access - ゲームやエンタメ制作者向けに世界観や設定を制作可能なAIツール!早期アクセス開始!日本語&英語対応!

    2024-04-09

コメントをお待ちしています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されます。-Posts that do not include the Japanese will be ignored-(スパム対策-anti Spam-)

3D人-3dnchu-

2023/4/3 新サーバーへ移行しました!
3D/2D/VR/GAME/AIなどのCGに関連する
気になる情報やツールをほぼ毎日紹介!
TwitterやYoutubeなども是非フォロー
よろしくお願いします!

アーカイブ

カテゴリ

おすすめ商品Pickup

注目の記事

PR


PR


採用 | 3DCGアーティスト&テクニカルアーティスト大募集 | 株式会社Cygames

ネットで学べる3DCG講座 MAYA 3dsMax |デジハリ・オンラインスクール

   
USD
3D人のLINEアカウントを作りました!
友だち追加


follow us in feedly

RSSリーダーで購読する


ほしい物リスト公開中!
3D人運営に援助!
Amazonでリストを見る

Discordチャンネル公開

pixivFUNBOXページ公開!




おすすめ商品Pickup

おすすめ記事

ページ上部へ戻る